服装がむくみに影響する?むくみやすい人にオススメの服装とは

むくみの対策には、食生活を気にするのも大事なことなのですが、洋服を気にすることも同じくらい大事なことなのです。身に着けるものによってむくみやすくなったり、逆にむくみにくくなったりすることもありますので、食事に気をつけているのにむくみがなかなか治らない。という方は身に着けるものを見直してみると良いでしょう。

改めて確認しておきたいむくみの原因

むくみの主な原因は締め付けの強い衣服や、身体の冷えやコリが血行不良の原因で、血行不良がむくみの原因となる場合があります。ですので、食事に気をつけていてもむくみがなかなか改善してこない。という場合は、衣服によって血行が悪くなっており、身体がむくんでしまっている可能性があります。

締め付けの強い衣服はむくんでしまう?

締め付けの強い衣服を身に着けていると、血行が悪くなってむくみの原因となってしまうとすると、むくみを強制してくれるスパッツや着圧ソックスは大丈夫なのでしょうか?むくみを強制してくれるスパッツやソックスはギュっと締め付けられている感覚が強いものですが、あの締め付けはむくみを強制してくれているのではなく、むしろむくみの原因となっているのではないか?と疑問に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

締め付ける衣服はむくみの原因になってしまっているのでしょうか?それともむくみを強制してくれているのでしょうか?

締め付けと筋ポンプ作用とむくみの関係

私を含め多くの女性を悩ませている足のむくみですが、足はとてもむくみやすい場所なのです。というのも、血液が足から心臓に戻っていくときに重力に逆らわなくてならないので、心臓が血液を押し出す力だけでは足りないので、ふくらはぎの筋ポンプ作用で血液を戻しているのです。

むくみを強制するスパッツや着圧ソックスは、足の部分によって圧力を変えて適度に圧迫することで、この筋ポンプ作用の手助けを行うことで血行が悪くなるのを防ぎ、むくみを解消してくれるのです。

つまり、適切な箇所に適切な圧力がかかることは、むくみの解消につながるけれども、全体的に同じような力で圧力がかかるのはむくみの原因になってしまう。という訳なのです。ブーツにハイヒール、通常の靴下やストッキング、それに細身のジーンズなどは、全体的に同じ圧力で締め付けられてしまうので、むくみやすい服装と言えるでしょう。

まとめ

身体を締め付けるものが全てむくみの原因になってしまう。というわけではありません。むしろ適切な圧迫はむくみを解消してくれるものなのです。ですが、むくみ対策と名前がついていればどれでも良いわけではありません。

本人にあったものでなければ、かえってむくみが悪化してしまう原因になりますので、着用してみて身体に合わないなと感じたら他のものを試してみることをお勧めします。いろいろ試しているうちに、ぴったりのものがきっと見つかるはずですよ。