女性はむくみやすい?生理前後に身体がむくむ原因は女性ホルモン

生理の前後にむくみやすくなるのは、女性ホルモンの影響を強く受けるからです。生理前や生理中、生理後では仕組みが違うため、むくみ対策にも差が生まれてくるのが特徴です。

生理前は水分や栄養を蓄えるためにむくみやすくなる

生理とむくみは深いつながりがあり、人によってどのタイミングで症状が出るかが違います。生理前のむくみは身体が水分や栄養を蓄えて出産の準備を整えようとするからで、水分や老廃物の排出が難しくなるのです。

この身体の変化は女性ホルモンの働きで自然に起こりますが、簡単なストレッチや運動でむくみ解消を図ることができます。生理前に体重が増えやすい人は脂肪ではなく水分が原因になっていることが多く、急激なダイエットは体調悪化につながります。

生理前のむくみがひどい場合はふくらはぎなど血管が集中する場所のマッサージや、カリウムの摂取などで余分な水分を排出する手助けをしてあげることが重要になるのです。

生理中や生理後は体温が下がってむくむことも

生理中や生理後は体温が下がり、代謝が弱ることでむくみが起きがちです。生理中は代謝を活発にしようとすると出血がひどくなることもあるため、無理をしないことも大切になります。

ただ、身体の冷えが進んでしまうと生理の症状自体がひどくなることもあるため、適度に身体を温めるのも大切です。特に手足など、身体の端の部分から温めるのがむくみ解消にも効果的です。

生理後も代謝が弱った状況が続きやすいため、早めの回復をはかるためにもカリウムの摂取が効果的で、むくみサプリを活かすことでむくみを抑えて体調の変化も緩やかにする効果に期待できるのです。

まとめ

生理の前後は女性ホルモンの影響でむくみが発生しやすく、それぞれに適切な対処法が異なる場合があります。対策も生理の重さやむくみの度合いに合わせて調整するなど、加減が必要です。

生理後に代謝を回復させることも重要で、大切になるのがカリウムです。余分なものを外に出すことで回復が早まるため、ミネラル豊富なむくみサプリを活用するのも方法なのです。