むくみ解消には睡眠の質が重要になることも

睡眠不足や、睡眠の質の低さがむくみの原因となっていることがあります。これは疲労やストレスの解消に睡眠が重要な役割を果たしているからです。そのため、睡眠の質を上げることでむくみを予防することができるのです。

睡眠の質が悪いとむくみもひどくなりやすい

寝起きにむくみがひどくなる人は、睡眠不足が原因になっていると考えられます。これはストレスや疲労には血管を拡張する効果があり、血管の隙間から水が漏れて細胞の隙間にたまりやすくなるからです。

睡眠時は細胞の生まれ変わりが活発に行われますが、睡眠が浅ければ代謝による回復よりも疲労やストレスの影響が上回ってしまいます。その結果、寝起きに顔や足がむくむ原因になります。

逆に睡眠の質を良くすることで、むくみの改善を促すことができます。ただ、良い睡眠のとり方は分からないですよね。今回はその方法を伝えさせていただきます。

睡眠の質を改善し、むくみを解消する方法

睡眠の質の改善に重要なのが、寝る前に光の刺激を避けることです。これは目から入る光の刺激が交感神経を刺激するからで、身体が興奮してしまい、眠りが浅くなる原因になるからです。

生活の中に入り込んだブルーライトは睡眠の妨害になる

特に寝る一時間前に、ブルーライトは控えてください。このブルーライトというのは、スマホもですが、パソコン、TVなどの電子機器の液晶画面を指します。これらは自律神経、内分泌系、免疫系にも作用します。健康の朝夜のリズムを調整するためにも、ブルーライトを控えてください。ブルーライトを浴びることで、あなたの体内時計は夜だとしても、その時間を朝だと認識てしまうことに繋がってしまいます。

マッサージやストレッチで代謝を良くする

マッサージやストレッチは代謝を良くする効果があります。その上、寝る直前にこれらをすることで、睡眠の質を良くするどころか、むくみの防止にもつながるのです。また、体を柔らかくすることは太りにくい体にも繋がります。さらにリラックス効果もあるので、副交感神経の働きを高めることもむくみ解消に効果的です。

カフェインを避ける

カフェインを取ると、眠くならないことはよく知られています。その為、カフェインを五時間から、七時間、寝る前に控えてください。また、このカフェインはコーヒーも含みますが、紅茶、緑茶、コーラ、ウーロン茶、栄養剤などにも含まれているので、注意しましょう。ただ、寝る前に水分補給をすることは必要です。そこでオススメしたいのは白湯です。体を温めることにも繋がりますし、余分なものが入っていない飲料です。

絶対に忘れられないミネラルバランス

忘れてはいけないのはミネラルバランスです。代謝や睡眠の質を高める工夫をしても、栄養が足りていなければ、ストレスは緩和されにくくなります。ストレスがあることは不眠にも繋がりやすくなります。むくみサプリで栄養を補助するなど、ちょっとした習慣がむくみ予防に大切なのです。

まとめ

むくみ防止や解消のためには睡眠の質が重要で、睡眠不足によってむくみが発生してしまう場合があります。これは睡眠の質が低下すると、ストレスや疲労物質を十分に取り除くことができないためです。

寝る前は光の刺激を避けてリラックスする時間を作り、副交感神経の働きを活性化すると寝つきが良くなります。また、ストレス対策にむくみサプリでミネラルを補充し、回復力を高めることもポイントなのです。