脚や顔がむくむ原因

女性の悩みで多いのが「脚や顔のむくみ」。「夕方になると足がパンパンになって痛い!」「飲んだ次の日は顔がむくんではずかしい」という女性も多いはず。多くの女性を悩ませるむくみですが、何が原因で足や顔はむくんでしまうのでしょうか。

着圧ソックスやマッサージをしてもなかなかむくみ解消できないという場合は、もしかすると違うところにむくみの原因があるのかもしれません。むくみの原因が分かれば、効果的にむくみ解消を目指すことができます。今回は、むくみの原因を詳しく解説していきます。

むくみの原因は水分

足や顔がむくむ原因は「水分」だと言うことです。人間は体重の60%が水分だと言われています。この水分量は正常な状態であれば、血液の循環などによりバランスの常にコントロールされています。

しかし、何らかの原因により身体の水分が増えすぎると、その部分が「むくみ」として現れます。脚の水分量が増えれば脚がむくむし、顔の水分量が増え過ぎれば顔がむくんだ状態になります。

むくみを解消したいなら「水分」はとても重要なので、もう少し詳しい話をしていきます。

人間の水分は「細胞外液」と「細胞内液」の2つに分けられます。細胞外液は細胞の外に存在し、細胞内液は細胞内部に存在しています。血液は細胞外液に含まれています。人間は身体を構成していると言われる37兆個の細胞は、細胞外液に含まれる間質液(かんしつえき)から酸素や栄養素を受けとることで活動しています。

細胞と細胞の間は間質液(組織液、細胞間液とも呼ばれる)で満たされています。つまり間質液は人間が生きるためにはなくてはならないものです。

正常な状態であれば、間質液は血管を出入りしてコントロールされているため量が増えすぎることはありません。しかし、何らかの原因により、この間質液の量が増えすぎるてしまうことがあります。これが「むくみ」の原因です。生きるためになくてはならない間質液の量が増えすぎることにより「むくみ」は起こってしまいます。

間質液(かんしつえき)とは・・・

細胞外液から血液とリンパ管の中を流れるリンパ液を除いた体液のこと。

血行が悪くなると水分が増える?

入浴やマッサージ、軽い運動というのはむくみ解消方法としては定番です。これは血行を良くすることでむくみを解消することが期待できるからです。では、なぜ血行が良くなると、むくみが解消するのでしょうか?

心臓から送り出された血液は血管(動脈)を通り全身に行き渡ります。実際には血管よりももっと細い毛細血管からしみ出た血しょうが間質液を混ざり合うことで、最終的に細胞に酸素や栄養を届けます。

細胞と細胞の間を満たす間質液には栄養とともに老廃物も混ざっています。この老廃物は間質液とともに静脈の毛細血管へとしみ込みます。つまり間質液の量は動脈からしみ出す水分と、静脈へしみ込む水分の量で調整されているということです。

間質液の量の調整は浸透圧などにより行われますが、ここでは長くなるので割愛します。

ここで「血行」に話を戻します。血行は血液循環のことで「血行が悪い」とは血液循環がスムーズにいっていない状態です。先ほども説明したように、間質液は血管を出たり入ったりすることで量を調整しています。そのため血液循環がスムーズにいかなければ間質液を回収する働きもにぶくなるため、間質液の量が増え、むくみやすくなるということです。

血行が悪くなる原因はたくさんありますが、むくみで悩む女性は「長時間同じ姿勢」が血行不良の原因になりやすいと思います。立ちっぱなしだと、足が疲れてパンパンになるというのはなんとなくイメージできますよね。

座りっぱなしの場合は、ひざ裏などの同じ部位にだけ圧力がかかっているため、足の血行が悪くなります。あとは身体の冷えやストレスなどは血管を収縮してしまうため、血行が悪くなる原因になります。

血漿(けっしょう)とは・・・

血液から赤血球や白血球、血小板などを覗いた液体成分のこと。

塩分の摂り過ぎもむくみの原因?

血行とむくみが深い関わりがあることは知っている人も多いですね。でも、むくみ解消のためにストレッチやマッサージをやっても、ツライむくみが解消できない!という女性の話もよく聞きます。もしかしたら、あなたのむくみの原因は血行不良ではないかもしれません。実は「塩分」もむくみと深い関係があります。

人間の身体は、塩分(ナトリウム)を摂り過ぎると水分を溜め込もうとします。これは濃くなった塩分濃度を薄くしようとするためです。特に外食が多いような食生活をしている場合は塩分過多になっている可能性が高いです。

この場合は普段の食生活で塩分を控えることでむくみが解消することがあります。また外食が多く塩分を控えることが難しい場合には、積極的にむくみ解消成分を摂取することも効果的です。