女性の大敵「まぶた」のむくみ。その対処法お教えします!

女性なら一度は苦労した経験がある「まぶた」のむくみ。目が腫れぼったく見えて、朝から気分が落ちてしまいますよね。目の周りは非常に皮膚が薄いため、ちょっとしたむくみでも目立って見えてしまうのです。

そんな悩みがちなまぶたのむくみも、原因を理解すれば効果的な対処法が見えてきます。しっかり対処して、キレイな目元を取り戻しましょう。

むくみってどんな状態?

むくみとは、皮膚の下に余分な水分が溜まっている状態をいいます。気になるまぶたのむくみも、まぶたの皮膚の下に余分な水分が溜まってしまって起きています。

体の60%は水分でできており、通常はむくんだりせず適切な水分バランスを保っています。しかし、血液やリンパの流れが悪かったり、ミネラルバランスが悪くなると、スムーズに水分を排出出来なかったり、水分を溜め込むようになり、むくみが発生してしまいます。

むくみにとって重要な血液とリンパのながれですが、わたしたちの体の水分をあらゆるところに運んでいるのが血液です。必要な栄養素が溶けた水分を細胞へ運び、不要になった老廃物などが溶けた水分を静脈で受け取り腎臓へと運んでいます。腎臓で老廃物と不要な水分を濾し取り、必要なものはまた血液に戻っていきます。

こうした血液の流れが滞ると、スムーズに水分は回収されず、皮膚の下に溜まるようになります。

また、リンパは、血液が回収しなかった水分や老廃物を運ぶ役割をしています。特に顔にはリンパが密集しているので、ここが詰まってしまうと、まぶただけでなく、顔全体がむくんでしまうことがあります。

まぶたのむくみの具体的な原因とは

まぶたのむくみの具体的な原因としては、睡眠不足や腎臓への負担、アルコールの影響が多いでしょう。

睡眠不足は、体が睡眠時にきちんと代謝できなかったことにより、前日の疲れや老廃物を体内に残してしまっているからです。腎臓の負担は、体内の悪いものを正常に排出できなくなっていることが原因です。また、アルコールは血管を膨張させ、血管内の水分がどんどん外に出されることによりむくみを引き起こします。

まぶただけでなく顔、手足などもむくむのですが、一番目につきやすいまぶたが気になってしまいやすいのですね。

そうは言っても中々全てに良い生活を毎日送れるわけではありません。そのため、むくんでしまったら効果的なケアをして、早めにむくみを解消させましょう。

むくみまぶたの撃退法

一番有名なケアは、まぶたに温めたタオルと冷たいタオルを交互にあて、血行を促す方法です。まぶたの代謝が活発になり、スムーズに流れるようになるので即効性のあるケアとしてよく話題になりますね。

目の周りのマッサージも効果的です。目をとじて、まぶたを目頭から目尻に向けてなぞります。目尻まで指がたどり着いたらツリ目になるように斜め上に引っ張り上げます。そのまま10〜20秒キープします。むくみの様子を見ながら3〜5回試してみてください。

目の周りの血液・リンパの流れが良くなり、むくみが解消します。ちなみに目の周りは強くこすりすぎるとシワやシミの原因になりやすいため、薬指を使って力を抜きながらゆっくり行いましょう。

また、日頃から老廃物などを排出しやすい体作りをしておくことも大切です。体の排出力を高めるためには「カリウム」を習慣的に摂取することがオススメです。カリウムは、体の余分な水分や老廃物などを排出する力をサポートし、体の調子を整える役割を持ちます。

カリウムが不足するとむくみやすい「貯め込み体質」になってしまうので、カリウムを多く含むむくみ解消サプリメントなどを生活に取り入れて、貯め込みにくい体を作りましょう。

まとめ

まぶたは皮膚が薄く、他と同じようにむくんでも目立ちやすく、また目につきやすい場所と言えます。睡眠不足や腎臓への負担、アルコールの影響が原因であることがほとんどです。出来ることから生活を改善してみましょう。

即効性のあるケアとしては、タオルを使って血行を促進する方法や、血液やリンパの流れをよくするマッサージなどがあります。また、日頃からむくみにくい体を作ることも大切です。日常的に「カリウム」を摂取することで、体の排出力をサポートできます。カリウムを多く含むむくみ解消サプリメントなどを生活に取り入れて、スッキリした目を手に入れましょう。