毎日のお風呂タイムを大切に!むくみ解消と美容にはお風呂が効果的

むくみ解消方法として代表的なのが着圧ソックスや適度な運動。最近ではむくみ解消成分を配合したサプリメントが手軽に続けられると大人気です。» むくみ解消にお悩みの方にオススメのサプリメントはこちら

湯船に毎日つかっていますか?お風呂にゆっくりつかるだけで、むくみは解消できるんです!毎日繰り返し入れば、むくみにくい体を作ることもできるかもしれません!

むくみは、体の代謝が弱ることで発生します。お湯で体を温めるだけで、自然と体の代謝が上がり、体内の循環を良くすることが出来ます。これでむくみを解消するだけでなくダイエット効果やストレス解消にも期待が出来るんです。

こんなに美容効果の高いお風呂。忙しいからとシャワーだけで済ませていては、もったいない!お風呂の嬉しい効果と、忘れてはいけないお風呂後のケアをご紹介します。

お風呂の嬉しい効果

お湯にしっかりとつかり、体を温めるだけのお手軽健康法であるお風呂。体を温めることにより血行が良くなり、代謝を上げることができます。

それだけでなく、お湯の「浮力」により、いつも体重のかかっている足や腰をはじめとする関節、筋肉の負担を軽減することもできるのです。これは、特にむくみやすい足のストレス解消にもなり、翌日に疲れやむくみを残さないことができます。また、静水圧効果という、水圧によるマッサージ効果も期待できるのです。

むくみ解消には代謝を上げ、筋肉の疲労を取り除き、マッサージをしてその部分を癒すことが効果的と言われますが、お風呂はこの3つを一度で叶えてくれる、まさにむくみの特効薬とも言えるのです!

時間がないからとついついシャワーだけで済ませることが習慣になっている人もいますが、その場合体が逆に冷えてしまうこともあります。どうしても忙しいのなら5分でもかまいませんので、お湯につかる習慣をつけましょう。翌朝起きたときに、疲れやむくみの残り具合が違うことに気づくはずです。

オススメ入浴法とお風呂後のケア

熱いお湯につかると短時間でものぼせてしまうことがあります。そのため、美容目的でお風呂に入るときは38〜40度程度のぬるめのお湯を用意することをオススメします。また、半身浴もオススメです。全身浴よりも体を温める効果が高い上、心臓への負担も少ないので高齢者や妊娠中、デリケートなときにも安心して入ることができます。長時間入るのであれば、水分補給用の水を用意しておくとより代謝を上げることができます。

入浴後はせっかく温めた体が冷えないよう、体はしっかりとタオルで拭き、髪も早めに乾かしましょう。また、入浴時には自分が思っている以上に汗をかいていますので、汗で奪われてしまった水分とミネラルを補給しましょう。冷たすぎる飲み物やアルコールは、むくみを引き起こしますので、出来るだけ常温に近い水で水分補給をします。ミネラルは、むくみ解消サプリメントなどで手軽に摂取することが出来ますので、日常的にむくみを感じるという場合は積極的に取り入れてみましょう。

体がリラックスし、あたたまっている状態で休むことが、更なるむくみ解消に繋がります。お風呂のあとはダラダラテレビを見たりせず、しっかり髪を乾かしたら早めに布団に入りましょう。

まとめ

お風呂につかって体を温めると、代謝があがりむくみ解消、むくみにくい体を作ることに繋がります。それだけでなく、ダイエット効果やストレス解消効果もありますので、時間がない方は5分で良いので湯船につかる習慣をつけましょう。

お風呂のあとのケアも、少し気を付けるだけで効果を倍増させることができます。せっかく温めた体が冷えないように注意します。常温に近い水での水分補給、むくみ解消サプリメントなどを使ったミネラルを補給もできると良いですね。そして、体が温かいまま眠りにつけば睡眠の質も高くなります。より効果的にむくみを解消することもできますので、さっそく今日から試してみてくださいね。