運動後にむくむはウソ?むくみの原因と効果的なむくみケア方法

むくみ解消方法として代表的なのが着圧ソックスや適度な運動。最近ではむくみ解消成分を配合したサプリメントが手軽に続けられると大人気です。» むくみ解消にお悩みの方にオススメのサプリメントはこちら

むくまない体を手に入れるためには、適度に体を動かす習慣をつけることが重要です。むくみは血液やリンパの流れが滞ると起こるもの。体を動かすことで血流が良くなり代謝が上がると、自然とむくみまない、むくんでもすぐに解消される体へと変化していきます。

しかし、きちんと運動してもその後に「むくんでいる」と感じることもあります。むくみを解消するために運動しているのに、運動で足がむくむなんて…とガッカリする必要はありません。効果的に運動し、運動後のケアをきちんとすれば、次第にむくまない体を手に入れることができるんです。運動によるむくみへの効果と、上手なケア方法をご紹介します。

むくまない体=代謝の良い体

人間の体は必要なものを取り入れ、不要なもの・古くなったものを排出することで健康を保っています。これがよく聞く「代謝」ですが、この代謝が出来ている体は、余分なものを貯め込まないので、結果としてむくまない、むくみにくい体と言えます。

代謝を上げるためには、体の筋肉を適度に動かし血行を良くする必要があります。体の中でも特に「ふくらはぎ」は血液循環のカギを握る大切なポイントです。ふくらはぎは、血液の流れを促す「ポンプ」の役割を果たしているため、長時間の座り仕事などでふくらはぎの血行が悪くなると、全身のむくみを招く場合もあります。

ウォーキングなど、足を積極的に動かす運動が効果的です。また、ストレッチや足首を回すだけでも血行促進に繋がりますので、すき間時間で取り入れてみましょう。

下着や靴下などのしめつけがむくみを招く場合もあるので、血行を妨げない服装をすることも大切です。日中パンプスなどで足を酷使している場合は、足の血行を促進するために温めたり、マッサージをして代謝を手伝うとより効果的です。

運動後にむくみを感じるときは

運動をした後に足が張り、むくみかな?と感じることがあります。しかしこれは、「パンプアップ」という足を動かしたあとに起きる症状で、短時間で元に戻る場合がほとんどです。激しい運動のあとによく見られる症状ですが、運動による疲労物質がたまり、疲労物質を押し流すために一時的に水分が増えることが原因です。

老廃物が排出され、筋肉に栄養が行き届けば自然とおさまるので、無理に動かさないようにしましょう。マッサージや水分補給で排出を促すと、より早く解消することが出来ます。

排出を促す成分である「カリウム」などのミネラルを積極的に摂取しましょう。カリウムは食品からも摂ることが出来ますが、水に弱くデリケートな成分のため、効率よく摂取したいならむくみ解消サプリメントを活用しましょう。必要量を毎日補うことが出来れば、日々不要なものを体外に排出するサポートをしてくれますよ。

まとめ

むくみは血流やリンパなど、体内の流れが悪くなることが原因で起こります。そのため、適度に体を動かして代謝を上げることがむくみの早期解消、予防に繋がります。

また、運動後に感じるむくみは一時的なものである場合がほとんどです。しっかり休む、マッサージなどで足の疲れを癒す、排出を促すため水やむくみ解消サプリメントを積極的に摂取する、様々な方向からアプローチすれば、運動後のむくみと同時に日頃のむくみも解消されやすくなるので、さっそく今日からはじめてみましょう。