むくみ解消やデトックスにも効果あり?女性が積極的に摂取したいカリウムとは

むくみ解消方法として代表的なのが着圧ソックスや適度な運動。最近ではむくみ解消成分を配合したサプリメントが手軽に続けられると大人気です。» むくみ解消にお悩みの方にオススメのサプリメントはこちら

むくみの解消に「カリウム」が効果的と言われているのをご存知ですか?カリウムは体に貯め込みやすい余計な水分の排出を促す、まさにむくみ解消にもってこいの栄養素です。また、今話題のデトックス効果にも期待が出来るミネラル成分です。

毎日継続して必要量を補えば、むくみができにくい体を作ることができます。そんな女性の頼もしい味方こと、カリウムの上手な摂取方法をご紹介します。

むくみ解消栄養素の王様「カリウム」の摂取方法

体の余分なものをスムーズに排出させる効果があるカリウムは、日常的に摂取することが大切です。ただ、どのような取り方をすればよいのかは難しいですよね。というわけで、ここではまず、食事としてのカリウムの取り方をご紹介します。

主に野菜や果物に含まれますが、摂取しやすいのは「パセリ」「ほうれん草」「アボガド」「バナナ」です。これらはカリウムが多く含まれる食品の代表です。カリウムは水にさらしたり、ゆでたりすると流れ出てしまうデリケートな成分なので、そのまま食べたり、蒸すなど、調理方法を工夫しましょう。食材自体は比較的手に入りやすいので、毎日のメニューに積極的に取り入れてくださいね。

どうせなら、美味しくカリウムを取りましょう

ここで、メニュー作りのポイントです。上記の四つの食材の取り方の提案をしていきます。よろしければ、参考にしてくださいね。

「パセリ」は日常的に使うことがあまり多くない食材ですし、パセリを生で食べるというのは、難しいかもしれません。ただ、感想パセリなどをパスタだとかにかけるだけでも変わるかと思います。

「アボカド」は女性に好きな人が多い食材ですね。ディップとして、エビと混ぜたりするのも美味しいですし、マグロなどと一緒につけ丼にするのも良いかもしれませんね。「アボカド」はそのサイズ自体は小さいかもしれませんが、一個当たりにかなりのカリウムを含んでおり、一日に必要なカリウムを含んでいます。ぜひ、取り入れたい食材ですね。

「バナナ」は朝ごはんに一本取ることから、始めてはいかがでしょうか。忙しい方や低気圧の方は朝ごはんを取ることが難しいと考えるかもしれませんが、朝ごはんはダイエットにも効果的です。ヨーグルトなどに混ぜて、食べるのも良いかもしれませんね。元々、好き嫌いが少ない食材です。上手く、取り入れていきましょう。

ほうれん草はどうしても、加熱が多くなってしまう食材です。そのため、お肉や他の野菜と蒸して食べましょう。シリコンスチーマーなどで、蒸すだけでメインディッシュの完成です。

ほかにも、カリウムを取る方法は?

また、むくみ解消サプリメントにはカリウムをメインとし、他の様々な美容成分も配合されているものが多くあります。野菜などで毎日補うのが大変な方は、是非サプリメントを活用してみましょう。毎日続けて摂取することで、体の働きを改善していきます。

今のむくみの原因は「カリウム不足」かも

体の余計な水分を排出し、利尿作用も高めるカリウムが不足すると、むくみやすい体を作ってしまいます。たくさん水を飲んでいるのにトイレの回数が少ない、その分貯め込んでいる気がするという方は、もしかしたらカリウムが不足しているのかもしれません。

よく聞く「水太り」も、カリウムが不足してうまく水分を排出することが出来ないことが原因の場合もあります。水分を過剰に摂りすぎると、体内のミネラルバランスを崩す恐れがありますので一日に飲む量は多くても2リットルまで、そして水を飲むならカリウムもきちんと摂取出来るよう意識してください。

また、カリウムが不足すると足がつりやすくなり、高血圧や不整脈、脳卒中など他の病気のリスクも上がると言われています。むくみの解消だけでなく、健康のためにも積極的に取り入れましょう。

まとめ

カリウムはむくみの予防・解消のために必要不可欠な栄養素です。体から余計な水分を排出する働きがあるので、貯め込まない体を作ることができます。

カリウムはパセリやほうれん草、アボガドなど日常的に買うことができる食材から手軽に摂取することが出来ますので、さっそく今日から毎日の食事に取り入れてみてくださいね。また、毎日継続して食材から摂取するのが難しい方には、むくみ解消サプリメントをオススメします。こちらはカリウムをはじめとし、不足しがちな他の美容成分も配合されています。商品により配合成分が違うので、自分の求める成分が入っているものを選ぶと良いですね。

むくみは体の内側を整えることで予防・解消できることです。ストレッチなど外からのアプローチもしながら、内側からのアプローチも忘れずに行い、貯め込まない体を作りましょう。