むくみ解消グッズで1日のむくみを解消!

むくみ解消方法として代表的なのが着圧ソックスや適度な運動。最近ではむくみ解消成分を配合したサプリメントが手軽に続けられると大人気です。» むくみ解消にお悩みの方にオススメのサプリメントはこちら

むくみに関しての関心は日々、高まってきています。その効果で、むくみ解消グッズは日々増え続け、サプリメントなど体の中から、着圧ソックスなど体の外から、様々な形でアプローチ出来る商品が続々発売されています。

ただ、色々な種類のむくみグッズがありすぎて、どれが良いものかわからなくなってしまいますよね。そこで、今回はむくみグッズの効果的な使い方について教えます。ぜひ、むくみ解消グッズを上手に使って、その日のむくみはその日うちに解消しましょう!また、グッズを使った上で、さらにむくみを減らす方法に関しても、紹介していきます。

むくみを長引かせるとどんどん足が太くなり、血行も悪くなります。美脚を目指すならすぐに解消することが大切です。そのためにはグッズだけでなく、日々の習慣を心掛ける必要があります。

重要視したい「足」のむくみ

むくみ解消グッズは足用のものがほとんどですが、どうしてでしょうか?その理由は「ふくらはぎ」がむくみの重要なカギを握っているからです。

まず、はじめにむくみを取りたい方に知っていただきたいこととして、ふくらはぎの筋肉がきちんと働けば、体は余計な水分や老廃物を貯め込まないことです。なぜなら、ふくらはぎは体内の循環を促すポンプの役割を担っているからです。しかし、同じ態勢を続けたり、足を酷使することによりふくらはぎの筋肉の働きが鈍くなり、水分、血液、老廃物などを上手く排出させることが出来なくなります。これが、基本的なむくみの原因です。

そのため、ふくらはぎを効果的にケアすれば体内の流れが整い、むくみにくい体を手に入れることができます。そのために、ストレッチなどの適度な運動、各種グッズを使いふくらはぎを「貯め込まない」環境にすることが大切です。

まず、ふくらはぎのケアとして日常的に取り入れたいのは「着圧ソックス」です。むくみを貯め込みやすいふくらはぎに適切な圧力をかけることで、血液やリンパの流れを促進し、貯め込まない環境を作ることができます。このソックスには日中用、就寝時用など様々な種類があり、デザインも豊富に揃っています。自分のお気に入りを見つけて、習慣的に取り入れると良いでしょう。

むくみ解消には「栄養」と「水分」も大切

むくみをより効果的に解消するためには、代謝の良い体を手に入れる必要があります。そのため、バランスの良い栄養とたっぷりの水分は欠かせません。代謝の良い体は、それだけで「貯め込みにくい」環境にあるので、むくみにくく、またむくんでもすぐに解消される理想的な体と言えます。その為に必要なものは運動もですが、内側からも体を作っていきましょう。

まず、日常の中で、気を付けていきたいのは食事です。むくみの原因となる余計な水分の排出を促す栄養素として「カリウム」があげられます。カリウムはアボカド、パセリやほうれん草などの野菜、もしくはバナナ、メロンなどの果物に多く含まれていますので、毎日のメニューに取り入れていきましょう。貯め込まない、代謝の良い体を目指すためには必要不可欠です。カリウムを含む「むくみ解消サプリメント」を習慣的に摂取するのもオススメです。

水分の取り方がむくみを取る鍵

また、むくみたくないからと水分を摂らないのも、逆に体の流れを滞らせてむくみの原因になってしまいます。1日1.5〜2リットルの水(又はお茶)をしっかりと飲むように気をつけましょう。この時、水やお茶にするのは、カロリーが少ないという点があげられます。また、特に水の場合は体に悪い影響を与えることが全くありません。どんな体調の時でも、水だけは体に負担をかかえることがありません。そして、水を飲まないことは、体内に毒素を残していくことに繋がります。水ばかりでは飽きてしまうという方には、無糖の炭酸水もオススメです。

しっかりと水分を摂り、バランスの良い食事をすることで、むくまない体を作ることができます。また、塩分は体に水分を貯め込む性質があるので、なるべく薄味を心がけましょう。むくみ以外にも、習慣病の防止にもなります。塩分は体に必要ですが、必要以上にため込まれてしまうと、悪い影響を他にも与えます。

まとめ

むくみを解消するなら、むくみ解消グッズを効果的に取り入れながら、水分と栄養をたっぷり摂る食生活を習慣にしましょう。今、ひどいむくみに悩んでいる人も、効果的にむくみを解消しながら代謝の良い体に改善していくことが出来ます。

まずは、着圧ソックスやむくみ解消サプリメントを使い、その日のむくみをその日のうちに解消すること。そして、代謝の良い体を作ることを目標に、食生活の改善を心がけましょう。きっと1か月、2か月後には体の変化を感じることが出来ます。