更年期障害が始まる年齢と更年期障害の原因

女性であれば避けて通れない更年期。更年期には月経異常やのぼせ、イライラといった様々な不快症状の伴う更年期障害が起こりますが、その症状の種類や強さには個人差があります。

これと同様に、更年期障害が現れやすい年齢の目安はあるものの、実際に更年期障害を感じる年齢にも個人差があります。ここでは更年期障害が現れやすい年齢について、その症状が現れる原因と合わせて解説していきます。

閉経前後の女性を悩ませる… 更年期障害とは

更年期障害とは、年齢による卵巣機能の低下による女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量の減少によって引き起こされる様々な不快な症状の総称です。

更年期障害の症状は多岐にわたりますが、代表的な症状には以下のようなものがあります。

  • のぼせ、ほてり、発汗、手足の冷えなどの血管運動神経系症状
  • 頭痛、めまい、抑うつ、物忘れなどの精神神経系症状
  • 肩こり、腰痛、関節痛などの運動器官症状
  • 月経異常、頻尿、腹部膨満感などの消化器・生殖器系症状

のぼせの症状が出るときもあれば手足の冷えが気になるときもあるなど、不快な症状が定まらないのも更年期障害の特徴です。

また、腰痛や頭痛など、一見すると更年期障害とは感じにくい症状に加えて、不眠や不安などを感じやすくなることもあり、更年期障害は症状以上につらいと感じる方が多いといえます。

更年期障害の原因はエストロゲンの低下

更年期障害の主たる原因は、女性ホルモンの一種であるエストロゲン量が減少することによります。

女性の体の中では、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが卵巣から分泌されていますが、その分泌量は卵巣機能の変化に伴い30代をピークに徐々に減少していきます。40代半ばにはその減少量が急激になり、50歳前後の閉経へ向かっていくのです。

閉経に向けた卵巣機能が低下に伴うエストロゲン量の変化に対し、体がうまく対応できないことによって起こるのが更年期障害だと考えられています。

このため、更年期障害の多くは閉経前後の女性が感じやすくなります。初潮の年齢に違いがあるように閉経の年齢にも個人差はありますが、日本人の場合、50歳前後で閉経する女性が多いといわれています。

これにより、閉経前後の10年程度(45~55歳前後)を更年期と呼び、この年齢に生じやすい様々な不快症状を更年期障害と呼んでいるのです。

更年期障害が起きやすい年齢は40代から

日本人女性の多くは50歳前後に閉経を迎えることが多いため、更年期障害が起こるのは40代から50代半ばが中心であることが通常です。

ただし、ここに書いた年齢はひとつの目安。初潮の年齢に違いがあるように卵巣機能の変化や閉経の年齢には個人差があります。また、更年期障害だと自覚する症状の程度も人によって異なるため、明確に「この症状が出たら更年期障害だ」と定義づけるのが難しいのも事実です。

妊娠中のつわりに個人差があるように、更年期障害も同じ年代のすべての人に同じように現われるものではないことに注意しましょう。

エストロゲン低下の原因は閉経だけではない

卵巣機能の変化に伴うエストロゲン量の低下は、閉経に付与する年齢条件だけで起こるわけではありません。以下のような要因によって卵巣機能は影響を受け、エストロゲン量が変化する場合があります。

  • 無理なダイエット
  • 強いストレスや過労による脳下垂体の機能低下
  • 不規則な生活による自律神経の乱れ

エストロゲン量が低下すると、年齢にかかわらずに更年期障害と同じような症状に悩まされる可能性があります。

若いからって油断は禁物!若年性更年期障害

先にみたように、更年期障害は卵巣機能の低下によるエストロゲン量の減少によって引き起こされます。年齢以外の原因によってエストロゲン量に変化が生じている場合、若い方であっても更年期症状を強く感じる場合があります。

更年期ではなく、20代~30代の女性に現れる更年期同様の症状を「若年性更年期障害」と呼び、「プレ更年期」や「プチ更年期」といわれることもあります。

とはいえ、本格的な更年期障害とは根本的な原因がことなるのも特徴。卵巣機能そのものが低下しているわけではないため、生活習慣の見直しやストレスを溜めこまないよう意識することで、若年性更年期障害の症状を緩和することができます。

まとめ

更年期障害は卵巣機能の低下によりエストロゲン量が減少することによって生じるため、個人差はあるものの、40代から症状が現れる方が多いです。

40代から50代という年齢は、家庭生活でも子どもの独立や親の介護といった大きな変化が起こりやすい時期。このような家庭環境や社会的な要因が、更年期のつらさや不安をより強いものにしてしまうこともあります。

女性であれば、更年期は誰しも通過する避けては通れないもの。医師に相談することはもちろん、例えば女性の知人友人と話してみたり、家族に率直にそのつらさを伝えたりすることで、気持ちが楽になる場合もあります。また、ストレスを解消するために趣味などの楽しみを見つけることも大切なことです。

一方、更年期生涯になりやすい年齢であっても、すべてが更年期のせいで起きている症状とは言い切れません。「どうせ更年期だから・・・」と甘く考えずに、気になる症状がある場合は他の病気の可能性を考え、医療機関を受診することも重要です。

長い期間にわたり悩まされがちな更年期障害と上手に付き合うことで、楽しみを感じられる時間を増やすことができますよ。

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

参考資料:「第2期中期計画暫定評価シート 説明用資料」7ページ