更年期障害で通院!更年期障害の治療費はどれくらい?

更年期障害ってつらいですよね。

  • いつ現われるかわからないホット・フラッシュによる多汗やのぼせ、動悸
  • 疲れているのにうまく眠れない不眠症状
  • 慢性的な肩こりやめまい、頭痛
  • 自分ではどうにもならないイライラや落ち込み、情緒不安定

このような様々な症状に悩まされているにも関わらず、周囲にこのつらさを理解してもらえないという方は非常に多いです。

更年期障害は女性の多くが経験するものであり、だからこそ「わざわざ病院に行くほどでは・・・」と、ひとりで抱え込んでしまいがち。しかし更年期障害は長期間にわたって付き合っていかなければならないものであり、我慢のしすぎは症状の悪化につながる恐れもあります。

症状がツラい場合、我慢するメリットは全くありません。専門機関で適切な治療を受けることで、つらい症状を緩和することができますよ。

この記事では、更年期障害の治療や気になる治療費についてまとめてご紹介していきます。

更年期障害は通院することで緩和できる

更年期障害は人により、症状もその程度もさまざま。人によっては普通にできていた家事や仕事が難しくなってしまい、症状のつらさだけでなく家族や周囲へ迷惑をかけているという罪悪感に悩まされてしまう方もいます。

一方で、周囲から「ただの更年期でしょ?」と軽く流されてしまうケースも。更年期障害は治療によって改善できる症状です。ただの更年期だから、という心ない言葉を鵜呑みにせず、ツラい時は迷わず病院を受診するようにしましょう。

一般的に、更年期障害は婦人科、もしくは産婦人科で治療を受けることができます。病院によっては「更年期外来」という専門外来をかまえているところもあるため、ご自身の地域の病院に問い合わせてみるのもオススメです。

更年期障害への治療方法とは

更年期障害の治療とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

更年期障害は、卵巣機能の低下に伴う女性ホルモン「エストロゲン」の減少が引き起こすさまざまな症状の総称。このため、治療開始前にまずエストロゲン量の検査を実施するケースが多いです。

エストロゲンの減少が更年期障害の原因であると診断された場合、ホルモン補充療法(HRT)とよばれる治療をうけることができます。

  • 注射
  • 服薬
  • パッチ剤などの貼り薬

このような方法から、自分に合った治療法を医師と相談しながら選択していくことになります。ホルモン補充療法(HRT)を受けることで、

  • ホット・フラッシュのよる汗やのぼせ、動悸など自立神経の改善
  • 不眠の改善

といった効果を期待することができます。

気分の落ち込みやうつ傾向などの精神症状がつらい場合は、ホルモン補充療法と合わせて抗うつ剤や抗不安剤の服薬を勧められる場合もあります。また、症状の程度や担当医の方針によっては、ホルモン補充療法ではなく漢方薬で症状の改善をねらう場合も。

いずれにしろ、自分自身が感じているつらい症状に合わせた治療を実施してもらえるため、今まで我慢していた症状を緩和することができますよ。

治療費はどれくらい?保険適応になる?気になるお金事情まとめ

病院へ通院する場合、「いくらくらい必要なの?」という治療費に関する不安が頭に浮かびますよね。ホルモン治療と聞くととても高価なイメージを抱く方もいるのではないでしょうか?

ホルモン補充療法(HRT)を実施する場合、更年期障害の治療であれば保険適用となるため、経済的に大きな負担になることはほぼありません。治療内容や処方される薬などによって差はありますが、目安となる治療費をみていきましょう。

1ヶ月でホルモン補充療法にかかる費用について、約6割の人が5000円未満(うち、最も多いのが「1000~1999円」)というアンケート結果が出ています。診療費と合わせたとしても、自己負担額が10000円を超えるケースはほぼないと考えていいでしょう。

漢方薬での治療の場合、医師の処方箋があれば保険適用となるため、2000~3000円/月程度で治療を受けることができます。この他、精神症状への服薬療法や他の症状に対する処方がある場合は、別途で費用がかかる場合もあります。

薬局などで購入できる市販薬やサプリメントを購入する場合も、これとほぼ同額の費用は必要になりますよね。自己判断で本当に自分に合っているかわからない市販薬を購入するくらいなら、病院を受診した方がお得であるケースは意外と多いですよ。

まとめ

更年期症状は主に40~50代にかけ、長期的に悩まされるケースが多いです。10年余りという長い時間、心身の不調を抱えながら家事・育児・仕事・親の介護と、母親として、社会人として、女性として多忙な生活をしていくのは本当に大変ですね。

更年期障害と思われる症状で毎日が辛くてたまらないという人は、自分ひとりで抱え込まずに専門家の力を借りることをオススメします。つらい症状を医師や看護師に伝えるだけでも、気持ちがスッと軽くなる方は非常に多いですよ。

また、更年期障害ではなく別の病気が原因となっている可能性も。専門機関を受診すれば、あなたが悩まされている症状の原因を特定することにもつながります。

「ただの更年期だから」と甘く考えず、症状がツラい場合は専門機関への受診を検討してみてはいかがでしょうか。

更年期障害

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)