更年期ではない20代も病院で診断が必要?若年性更年期障害の原因と対策まとめ

更年期障害というと、閉経を迎える50歳前後の女性特有の悩みだと思われている方が多いのではないでしょうか。しかし20代や30代であっても、更年期障害と同じような不快症状に悩まされる方が増えてきています。中には生理不順や無月経の症状が現れる場合も・・・。

実はこれらの症状は「若年性更年期障害」の可能性があります。「プレ更年期」「プチ更年期」と呼ばれることもありますが、放置してしまうと卵巣機能の低下を招く原因になることもあるため注意が必要です。

ここでは、20代・30代に増えている若年性更年期障害の症状や原因について解説していきます。自分でできる対処法についても合わせてご紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

20代・30代で発症!若年性更年期障害とは

女性のからだはとてもデリケート。ストレスやさまざまな要因により生理不順に悩まされる方は少なくありません。ときには排卵せずに生理になる無排卵月経や、生理そのものが止まってしまう無月経症状に悩ませる場合も。

それには様々な原因が考えられますが、生理不順はからだからのサインだと考え、早めに対策を取ることが重要です。

生理不順症状以外に、

  • からだがだるい
  • ほてり・手足の冷え
  • めまい、頭痛
  • 気分の落ち込み・情緒不安定

上記のような更年期障害と似た症状が伴う場合は、「若年性更年期障害」の可能性があります。

若年性更年期障害は、長期間にわたって更年期のような不快症状に悩まされるというだけでなく、本格的な更年期に入った際に、更年期障害の症状がひどくなるリスクがあります。

また、卵巣機能の低下が進行し早期閉経につながる可能性もゼロではありません。「プチ更年期」という可愛らしい呼び名にまどわされず、はやめの対策をしっかりと行うことが大切です。

若年性更年期障害の原因

そもそも更年期障害とは、卵巣が分泌する女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」量の変化によって引き起こされるさまざまな不快症状の総称です。急激なエストロゲン量の減少に身体がうまく適応できず、全身の至るところに影響を及ぼしてしまいます。

エストロゲンの分泌量は通常、30代半ばをピークとして徐々に低下し、更年期にあたる40代半ば以降は急激に減少していきます。この急激な変化の時期に更年期障害が起こりやすくなります。

ところが20代~30代の女性であっても、卵巣機能が一時的に低下し、エストロゲン分泌量がガクッと減ってしまうことがあります。

卵巣機能の低下をまねく原因は多岐にわたり、体だけでなく心への負担が原因となる場合も。

  • 無理なダイエット
  • 不規則な生活・食生活の乱れ
  • 社会環境の変化・強いストレスなどの心的負担

女性の社会進出がすすみ、不規則な生活や睡眠不足、社会的責任に対するプレッシャーなど、女性への負担が増えているからこそ、若年性更年期障害は身近なものになりつつあります。

気になる症状がある場合、はやめに対策を取るようにしましょう。次からは、自分でできるセルフケアについてご紹介していきます。

若年性更年期障害への対策:自分でできる対処法とは?

もしかして若年性更年期障害かも?と感じても、なかなかすぐに病院に行けない場合も多いですよね。そんな時はまず自分自身の生活を見直すことから始めてみましょう。

先の述べたように、若年性更年期障害を引き起こす大きな要因は生活習慣の乱れ。すぐにできる対処法として

  • 睡眠時間を確保する・睡眠の質を高める
  • 栄養バランスのいい食生活を心がける
  • タバコをひかえる
  • 適度な運動をする
  • ストレスを発散する

これらのような、健康につながる基本的な生活習慣を大切にしてみましょう。仕事が原因でどうしても難しいといった場合も、できる範囲で改善する意識をもつことが重要です。

睡眠時間が取りにくいなら、短時間で深い睡眠をとれるよう環境を見直してみる。外食が多く栄養が偏りがちなら栄養ドリンクやサプリメントを併用するなど、工夫次第で今の生活を見直すことはできますよね。

忙しい現代女性だからこそ、自分の健康は自分で守れるよう意識することが大切です。

若年性更年期障害の治療

若年性更年期の程度によっては、生活習慣の見直しだけでは症状が改善されないことがあります。また、月経不順の陰には別の病気が隠れている可能性も。

忙しさを理由に気になる症状から目をそらさず、はやめに医療機関を受診するようにしましょう。若年性更年期障害であると診断された場合には、それぞれの症状に即した治療を行うことになります。

代表的な治療法はホルモン補充療法です。飲み薬や塗り薬等によって不足しているホルモンを補充することで、症状の緩和をはかります。ただし、他の疾患やアレルギーがある場合にはホルモン療法が適応されないことも。

他には漢方薬によって血液の循環を良くする治療方法や、低用量ピルを活用して月経をコントロールする方法があります。

まとめ

ここまで見てきた通り、ダイエットブームや女性の社会進出によるストレスの増加などの要因によって、更年期症状や月経不順に悩まされる若い女性は少なくありません。

生理不順や無月経症状だけでなく体のほてりやだるさ、冷えやめまいなどの症状が起こる場合は、若年性更年期障害が疑われます。

軽く考えずにしっかりと対策をとれば、本格的な更年期になったときに症状を軽減することにもつながります。ストレスをためこんでしまう心理的要因が強く影響しているケースも多いため、一人で抱え込まずにストレスをうまく解消することも大切です。

本格的な更年期障害と大きく異なることは、その先に妊娠・出産の可能性があるということ。

月経不順や無月経症状、ホルモンバランスの乱れによる更年期症状などはすべてからだから発せられる救難信号です。SOSを感じたら、まずは自分の生活習慣を見直すことから始めてみましょう。

独立行政法人国立健康・栄養研究所「エクオールの有意性」(外部サイト)

内閣府食品安全委員会事務局