悪玉コレステロール(LDL)が増える原因と改善方法

悪玉コレステロール(LDL)が増える原因と改善方法

悪玉コレステロール(LDL)は血管中の油分を運ぶ役割を持っており、身体に必要不可欠な栄養素の一つです。しかし増えすぎると動脈硬化や脳梗塞と言った深刻な病気を引き起こすリスクが高まります。これは悪玉コレステロールが増えると血管に油分が付着しやすくなり、血液の流れが悪くなるためです。

悪玉コレステロールが増える原因

悪玉コレステロールが増える原因に食習慣の乱れや加齢が挙げられます。糖分の摂りすぎや脂分の摂りすぎは肝臓に負担をかけるため、コレステロール値が上昇しやすくなります。また年齢を重ねると代謝が鈍り、身体のコレステロールの消費量が低下します。消費量が減っても生産量が減らなければ数値は上昇しやすくなるため注意が必要です。

悪玉コレステロール値が高い場合は食生活を改善することでコレステロール値を下げることができます。糖分や脂質の摂り過ぎを避けるだけでなく、肉や野菜をバランスよく食べるのが基本です。また、魚にはDHAやEPAなどの悪玉コレステロール値の上昇を抑える成分が含まれています。

適度な運動を行うことで代謝を高めることも大切です。悪玉コレステロールは運動をすることによってエネルギーとして消費されます。代謝を高めれば身体の老化を遅らせることができ、健康維持の面でも重要になります。

善玉コレステロール(HDL)は悪玉コレステロールを回収する

コレステロールには悪玉コレステロールの他に善玉コレステロール(HDL)と呼ばれるものがあります。悪玉コレステロールは身体に必要なものですが、これが必要量をオーバーすることで動脈硬化を引き起こし、脳梗塞などの重大な病気の原因になります。善玉コレステロールの役割は血液中を流れて悪玉コレステロールを回収します。回収されたコレステロールは肝臓で排出や再利用されることになります。

そのため善玉コレステロールが余分な悪玉コレステロールを回収することで血液中のコレステロール値を下げることができるため、動脈硬化の予防などに役立ちます。善玉コレステロールを増やすにはチョコレートを食べたり、有酸素運動をすることが効果的と言われています。