中性脂肪を下げるだけじゃない!DHAとEPAの効果と違い、使い分けまで徹底解説

DHAの効果効能と注意点を分かりやすく解説

DHAはドコサヘキサエン酸の略称です。人間の脳や目、心臓に含まれていることが知られています。DHAは身要不可欠な必須脂肪酸の一つで、生活習慣病の予防に効果があると言われています。

DHAは中性脂肪値低下や脳に影響

DHAには余分な中性脂肪を取り除くことにより、コレステロール値を安定させる働きや、動脈硬化を予防する効果に期待できます。また、血管にかかる負担が軽減されることから、血圧の改善効果にも期待ができます。

DHAは思考能力や記憶力にも影響を与えると考えられています。DHAは脳に入り込むことができる数少ない栄養素の一つです。また、血流の改善や血管を柔軟にする効果に期待できることから、脳に栄養が行きわたりやすくなります。DHAは細胞を柔らかくし血管の弾力性を高めることから、脳だけでなく運動能力の向上にも期待ができます。

医学的な研究が進んでおり、論文や実験例が豊富なことも特徴となっています。DHAは青魚を中心とした魚や、亜麻仁油やエゴマ油に豊富に含まれています。熱を通すと失われやすくなってしまうのも特徴で、効率的に摂りたい場合は刺身などの生食を中心にするのがおすすめです。植物油はドレッシングに使うのも方法で、サラダなどにかけると効率よく摂取できます。

酸化対策のされたDHAサプリがオススメ!

DHAは脂質の一種なので、非常に酸化しやすいものです。酸化したDHAは身体に悪影響を及ぼします。サプリメントなどでDHAを摂取することもできますが、その場合には酸化対策がきちんとされているかを確認しましょう。

代表的な酸化対策としては抗酸化作用のあるビタミンEやアスタキサンチンなどの成分を含んでいるか。特にアスタキサンチンの抗酸化作用は強いためオススメです。また、アルミパックなどで個別包装してあるサプリメントもオススメです。

EPAの効果・効能と注意点を分かりやすく解説

EPAはエイコサペンタエン酸の略称で、主に青魚に含まれる不飽和脂肪酸の一種です。不飽和脂肪酸とは常温でも固まり辛い性質を持った油で、血液の流れを良くする成分の一つとして知られています。

EPAの効果効能まとめ

EPAの特徴は、医学分野での研究が進んでいる点です。EPAを利用した医薬品が製造販売されており、高脂血症対策だけでなく、動脈硬化や脳梗塞の薬として利用されています。成人病予防に活用されることが多く、肥満防止などにも役立てやすくなっています。

また、EPAにはアレルギー物質の発生を抑制する効果が確認されており、花粉症やアトピーなどのアレルギー改善に役立つと言われています。抗炎症効果にも期待が出来ます。また、人間の認知機能に影響を与える可能性も指摘されており、アルツハイマー治療の応用研究が進んでいます。

EPAは人間に不足しがちな栄養素の一つとして知られています。EPAを摂取するには魚を食べるか、主に植物に含まれるリノール酸を摂取して身体の中で合成する必要があります。しかし、リノール酸から作られるEPAは微量であるため、直接食事でとる方が合理的です。EPAは魚の脂の中に多く含まれる成分で、加熱をすれば外に逃げやすくなります。可能であれば魚は生で食べた方がよく、効率よく摂取するポイントになっています。

DHAとEPAのちがい

DHAは脳や神経の内部に存在する栄養素です。特に脳神経の働きや目の働きを良くするのに活躍する栄養素とされていて、様々な研究がなされています。DHAといえば目が良くなる、頭が良くなるというイメージを持っている方も多いです。

EPAの発見は1960年代で、長い間研究されてきた栄養素です。中性脂肪や血圧に対して非常に高い効果を発揮するため、医薬品としても活用されています。またEPAの血液サラサラ効果は実証されているため、お酒が好きな中年男性などにはオススメです。

DHAとEPAは魚の油には両方の成分が含まれているため、「DHA・EPA」などと一緒に表記されることも多く、どちらかを摂取するともう一方も同時に摂取できることが多いです。血液サラサラ効果だけを考えればEPAを多く摂取する方が良いと言えますが、両方を同時摂取することで相乗効果がありますので、どちらもバランスよく摂取しましょう。

ちがいをもっと詳しく知りたい場合は、以下を読んでみてください。

子供にはDHA、大人にはEPAが大切

子供にはDHAが、大人にはEPAが大切と言われています。これは子供の成長過程でDHAをとった方が脳に良い絵強を与える可能性があるからで、成長し終わった大人にはEPAの血液サラサラ効果に期待した方がプラスになるからです。

妊娠時や子供の成長に

DHAは脳や神経の内部に存在する栄養素で、魚の油からとることができます。DHAは目や神経の発達や健康維持に役立つと言われており、特に成長が著しい子供には大切な栄養素になってくる
胎児の脳の発達のためにDHAをとる人もいて、活用範囲が非常に幅広いのも特徴です。脳を構成する重要な栄養素であるため、不足が無いように食生活に気を配ることや、サプリメントで補うことが大切になってきます。
また、DHAはEPAを摂取することで体内で作ることができるため、EPAとDHAの両方をとっていくのも方法なのです。

大人はEPAの血液改善効果に期待

EPAは血圧を下げる効果や、中性脂肪を下げる効果が知られており、医学的な活用も進んでいます。日常的に効果を実感できるほどEPAを摂取することは難しいものの、糖尿病予防などの面でも注目を浴びています。

EPAは魚の油でとるのが基本で、ナッツ類や、エゴマ油など一部のオイル類に豊富に含まれています。食生活に積極的に取り入れたい一方で、量をとることが難しいことや、維持費などの価格面での問題も出てきます。

そのため活用したいのがサプリメントです。魚の油を原材料にしているものが多いことから、DHAとEPAを同時に摂取することができます。特に成人すると食習慣が乱れがちでもあるため、積極的なサプリの活用を検討するのも賢い方法なのです。

DHAとEPAの違いと使い分けのポイント

血圧低下や中性脂肪の低下に効果的と言われているDHA・EPAですが、それぞれに長所が異なっています。状況によって使い分けるのも賢い方法ですが、相乗効果も期待できるためできるだけ一緒にとった方が効果を実感しやすくなります。

DHAは脳や目の働きに重要

DHAが発見されたのは日本の子供の知能の発達と、魚の消費量を関連付けた研究がきっかけです。そのため、頭が良くなる栄養素として注目を浴び、特に脳神経の働きや目の働きを良くするのに活躍する栄養素とされていて、様々な研究がなされています。これは脳や神経の内部にDHAが存在しているからです。

魚の油に含まれているため比較的摂取しやすい半面、量をとるのが難しい栄養素でもあります。食事だけで十分な量がとれない場合はサプリメントを活用するのがポイントで、EPAと合わせてとりたい栄養素の一つとなっています。

EPAは血液サラサラ効果が実証されている

EPAの発見は1960年代で、長い間研究されてきた栄養素の一つです。中性脂肪や血圧に対して非常に高い効果を発揮することから、医薬品としても活用されているのが特徴です。

薬に使われているものは非常に純度が高いものや特殊な加工をされているものが基本になります。普段口にできるものでは魚の他にくるみなどのナッツ類や、エゴマ油などの一部の油にも含まれています。DHA・EPAはそれぞれ別ものですが、DHAをとろうとすると少なからずEPAが入っているのもポイントです。これは魚の油には両方の栄養素が含まれていることが多いためです。

血液サラサラ効果に期待したいなら、EPAを中心に考えるのもおすすめです。それぞれに違いがあるだけでなく、相乗効果に期待できるのもポイントで、積極的な摂取がプラスになるのです。

DHA・EPAは中性脂肪以外にも効果あり!

中性脂肪値を下げる効果があることで広く知られているのがDHAとEPAと呼ばれる2大栄養素です。中性脂肪が体内に溜まりすぎると、心筋梗塞、狭心症、糖尿病など様々な病気を引き起こす要因となり大変危険です。DHAとEPAは体内に溜まった不必要な中性脂肪を分解・排出する働きがあることは多くの研究で証明されています。

このように中性脂肪値の改善に大きな効果があるDHAとEPAですが、実はそれ以外にも様々な効能をもつ優良成分なのです。今回はこのDHAとEPAの知られざる効能を詳しくご紹介します。

DHAとEPAはともに脂質の一種で、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の大きく2種類に分けら
「飽和脂肪酸」はバターや肉類の脂に、「不飽和脂肪酸」はマグロ、サンマ、イワシ、サバなど青魚の脂に多く含まれています。

DHAとEPAは青魚の脂と同じ「不飽和脂肪酸」の一種でその代表格でもあります。中性脂肪の増加など「生活習慣病」と呼ばれる多くはバターや肉の脂などの「飽和脂肪酸」を摂りすぎてしまうことに原因があります。

反対に不飽和脂肪酸は不足しがちなため積極的に摂取する必要があるのです。
これら不飽和脂肪酸のDHAとEPAを摂取することは、中性脂肪値の改善以外にも多くの嬉しい効能があるのです。

DHA・EPA2つに共通の効能として、炎症やアレルギーの原因であるプロスタグランジンやロイトコリエンなどの物質を抑制する作用があります。また、DHA・EPAは血管の柔軟性を保つことで、高血圧や動脈硬化を予防します。皮膚の角質層をつないで燥や肌荒れを防ぐため、「美肌効果」も期待できます。

また、DHAだけが持つ特徴としてよく知られているのが、脳を構成している栄養素であるため、DHAは脳に必要な栄養素であるということです。そのため、DHAを摂取することで記憶力の低下を防止し、学習能力を高めてくれるのです。また、脳の血管の詰まりから発症する「認知症」の予防にもなります。それに加え、DHAは「眼」にも大きな効果があります。DHAは網膜や視神経の情報伝達を円滑にしてくれるため視力が回復すると言われています。

一方、EPAだけがもつ効能は善玉(HDL)コレステロールを増加させ、悪玉(LDL)コレステロールを減らす働きが強いという特徴があります。また、血液を固まりにくくする作用があるため、血栓症の予防にも効果があるとされています。

このように、もしあなたが中性脂肪の改善とは別に「美肌」のために「視力回復」のために「アレルギー改善」のために時間と労力を費やしているのであればDHA・EPAを摂取することで一気に解決することができるのです。

ただ、これらDHAとEPAは体内で合成できない「必須脂肪酸」です。そのため、食物から摂り入れてあげる必要があります。厚生労働省が摂取基準量として推奨しているDHAとEPAは1日1,000mgです。この1,000mgはクロマグロのお刺身8人前に匹敵します。外食中心の食生活の人はもちろん、自炊をしている方でも、毎日1,000mgを摂取することはかなり困難です。

そこで有効なのがDHAとEPAのサプリメント。サプリメントであれば簡単に摂取基準量をクリアすることができるのです。但し、EPAには血液を固まりにくくする作用があるため、出血しやすい人や抜歯を含む手術を予定している人は服用に注意が必要です。事前にご自身のかかりつけ医に相談することをお勧めします。

脂質