虫歯の原因と予防方法は?人気の電動歯ブラシおすすめランキング10選

虫歯は口の中で細菌が増殖し、主に糖分を原料に酸を生み出すことで進行します。歯が丈夫であれば細菌の生み出す酸にも耐えられるため、虫歯ができにくくなります。細菌の数や食事の習慣、歯の質によって虫歯が発生しやすくなるのです。

目次

虫歯は細菌の生み出す酸で歯に穴があいた状態

虫歯は複数の要素が重なりあって発生します。どれか一つの原因では虫歯は進行しないため、歯磨きなどで虫歯予防が可能です。ただし、条件が重なってしまうと一気に進行してしまうこともあるため注意が必要です。

虫歯は口の中にいる細菌が酸を発生し、歯を溶かすことで進行していきます。細菌自体は普段は無害なものが多く、誰の口にでも住んでいます。虫歯の主な原因になるミュータンス菌もいつも口の中で悪さをしているわけではないのです。

しかし、ミュータンス菌が糖を取り込むと、増殖を始めると同時に酸を発生させます。菌が生み出す酸が歯を溶かすと虫歯が進行しますが、まず、歯を保護するエナメル質の層が酸の侵入を食い止めます。初期状態でミュータンス菌を除去すれば、虫歯は自然治癒します。

ポイントになるのが歯の丈夫さです。歯が丈夫であれば簡単には虫歯にならず、虫歯の進行を遅らせることができます。しかし、歯垢がたまり、雑菌が増殖しやすい状態になると虫歯になりやすくなってしまうのです。

歯の再生が追いつかないほど酸のダメージを受けると、表面が変質します。自然に治ることが望めなくなった状態が虫歯です。進行することで歯の奥にある神経を刺激するなど、痛みの原因になります。

歯磨きで虫歯を防げる理由とは

歯磨きで虫歯が防げるのは、ミュータンス菌や口の中に残った糖分を除去できるからです。ミュータンス菌を完全に除去することはできないものの、増殖を抑えることはできます。口の中を清潔に保つことが虫歯の予防に役立ちます。

ポイントになるのが再石灰化です。歯はカルシウムなどのミネラルを集めて自分を再生する能力があります。これが再石灰化で、少しの酸の侵食であれば自然に治すことが可能です。

しかし、再石灰化が行われないほど構内環境が悪化すると虫歯が発生しやすくなります。極端なカルシウム不足など、栄養失調が影響を与えることもあります。丈夫な歯を保つためには健康的な食習慣が大切です。

甘いものを食べる習慣は、菌が増殖しやすい環境を作ることにつながります。ただし、歯磨きをすれば口の中の糖分を除去し、細菌の繁殖をおさえられます。早めに歯を磨く習慣は、歯を守るために大切なのです。

歯垢や歯石を防ぐのが基本になる

虫歯を防ぐためには、歯垢や歯石を防ぎ、早めに除去することが大切です。歯垢は菌が歯を酸で分解する過程でできるもので、細菌が繁殖しやすい状態を作ります。さらに状況が悪化すると歯石となって歯磨きではとれなくなってしまいます。

歯垢を放置すれば、それだけ歯が侵食されやすくなり大きなトラブルの元となります。まずは歯垢ができないように歯を磨き、歯垢ができる場合は歯磨きの方法や、歯ブラシの質を見直す必要があります。

歯石は歯垢が石灰化したものです。歯ブラシではとることができないことが特徴で、舌で触れるとざらついた感触があります。歯石は表面がざらついていて、食べ物のカスなどが残りやすく、細菌が繁殖しやすい環境を作ります。

歯石ができてしまった場合は歯医者でとってもらうのが基本です。自分で見えないところや、普段磨き残しているところにできることが多く、虫歯が進みやすくなってしまいます。早めに除去し、歯の再石灰化をうながすのが大切になります。

虫歯はある程度進行すると自力で治すことができなくなるのもポイントです。定期的に歯医者で見てもらうなど、予防を心がけるのがおすすめです。

食後すぐの歯磨きが効果的

虫歯の予防方法の基本は歯磨きです。実は虫歯の進行は非常に早く、食後30分にはもう始まってしまうといわれています。食事のあとにすぐ歯磨きをするだけでも違いが出てきます。間食の習慣がある場合はなるべく減らすのもポイントです。虫歯の原因になる細菌は糖分を栄養に増殖し、酸を発生させます。常に何かものを食べているような状態であれば、それだけ虫歯が進みやすくなるため注意が必要です。

歯磨きをする際はフッ素を含んだ歯磨き粉を積極的に使うのがおすすめです。フッ素は酸で傷ついた歯を補修し、再石灰化を促してくれます。虫歯の進行を食い止めるために、自然の治癒力を引き出すことも大切です。歯ブラシなど、歯磨きのアイテムを見直すのも大切です。歯ブラシには寿命があるため、毛先が曲がってきたら買い換えます。また、歯の隙間を磨くデンタルフロスを行うことも大切です。

デンタルフロスは糸を使って歯の間を磨く方法で、歯の汚れの2割程度は歯の隙間にあります。歯のかぶせ物の不具合などもわかりやすくなるため、習慣として取り入れるのがおすすめです。

歯を磨く時間がない場合はガムなどを利用

仕事をしている際など、食後すぐに歯を磨くことが難しい場合は良くあります。この場合も口を念入りにすすぎ、食べもののカスを外に出すだけでも違いが出ます。可能であればお湯などで脂分なども流せれば更にプラスです。口の中は一定の酸度、アルカリ度に保たれていますが、食事をすると酸度が高くなります。酸度が高くなると歯が溶けやすくなり、虫歯が進行しやすくなります。口の中に食べものが入る時間が長いほど、虫歯が進行しやすくなるのです。

口をすすいで取れない汚れは、キシリトールのガムなどで除去する方法があります。歯の隙間などの汚れは取れないものの、歯の表面の汚れをとることができるのが魅力です。しっかり噛むことも大切で、ある程度時間をかけるのがおすすめです。噛むことで唾液の分泌が促されるため、口の中の酸度の中和にも役立ちます。

歯科医院での定期チェックも必要

念入りな歯磨きやデンタルフロスを行っても、汚れを落とせるのは8割程度といわれています。これは歯のかぶせもの隙間や、歯肉の周りに歯垢などが残ることがあるためです。歯周病を防ぐ歯間ブラシを使っても100%落とすのは難しいのです。

デンタルリンスなどを利用して、なるべく細菌が増殖しない環境を作ることもできます。ただし、それでも実際効果があるかは人によって差があります。最終的には歯科医師に見てもらわないとわからないことがあるのがポイントです。

定期的に歯科医師で検診を受けるのは非常に重要です。歯の汚れをとってもらえるだけでなく、歯の磨き方のコツなども教えてもらえます。歯磨きは自己流に偏ってしまいがちなので、正しい方法を教えてもらうのがおすすめです。

また、子どもの頃に虫歯につめた詰めものなどが原因で虫歯が発生する場合もあります。年月でゆるみが生じ、雑菌が入り込みやすくなる場合もあります。かぶせものや詰めものをしても、ずっと安心なわけではないのです。

入り組んだ歯に使える専用はブラシなどが買える場合もあります。歯並びが悪い場合はどうしても磨くのにも苦労するため、問い合わせる方法もあります。市販品よりも高品質のものが買える場合もあるからです。定期健診以外にも歯の汚れの除去や、口臭防止のために気軽に歯医者に行くのもオススメです。

人気の電動歯ブラシおすすめランキング10選

商品説明

  • 【大人と子供用の音波電動歯ブラシ素材・材質】機体が食品グレードのABS材質で、ブラシが食品グレードのPP材質です(インポートされたデュポンブリストル)、CE、ROHS、FCC&FDA証明書を取得。本体は丸洗い可能な防水設計でシャワーを浴びる時も使用ですます。
  • 【初心者に優しくパワー調整可能】無接点充電式、6時間の充電で、4週間使用できます(1日2回、各2分間使用した場合)。低騒音設計、振動音を抑え、周りを気にせず使用できます。2つモード:1.スローモード;2.高速モード。各モードにはスピードが異なり、初心者により簡単で使いやすくなっています。
  • 【高周波音波の振動技術】32,000~38,000回/分の超高速振動ブラシ、「マイクロチャッター波」、直接振動ブラシチップ、歯磨き粉を静かに、迅速に溶解するので、歯の隙間の歯石や食べ物の破片を除去、ダイヤモンドのように輝くだけでなく、あなたの美しい笑顔。
  • 【スマートタイマー】米国の歯科専門家が2分間自動停止機能をお勧めします、あなたの口腔を4つのエリアに分割し、30秒毎に一時停止すると、あなたのブラシ時間を科学的に、かつ効果的に確保するため、清潔エリアを変更するように求めます。
  • 【サポーター】保証期間: 購入日から3ヶ月以内。付属品: 1×電動歯ブラシ本体、5×替えブラシ、1×取扱説明書、1×USBデータケーブル、1×収納ケース。本体重量:約120g、小型軽量、携帯便利。旅行歯ブラシ:自宅でもビジネス・旅行などがおすすめです。

Amazonより引用

日本健康科学学会「子供の生活習慣と虫歯の関連」(外部サイト)

e-ヘルスネット「フッ化物配合歯磨剤」(外部サイト)

なかよし小児歯科「フッ素で虫歯予防」(外部サイト)