妊娠中貧血になりやすい原因は?鉄分の効果と吸収率が高い鉄分補給方法

妊娠中は貧血になりやすく、たんぱく質などの栄養素を十分に摂取する必要があります。特に鉄分は不足しやすいことで知られており、鉄剤やサプリメントなどで補うことが重要になります。これはお腹の中の赤ちゃんに栄養を届けるために鉄分が大切だからです。

妊娠中に貧血になる原因

妊娠中は自分の身体の血液だけではなく、赤ちゃんのための血液を作る必要があります。また、赤ちゃんの成長に伴い、血液量は増えていきます。通常時は4リットル前後の血液が、臨月に入ると6リットル程度まで増えると言われています。血液量が増えれば、血液の濃さを維持するための鉄分を多く摂取する必要があります。

妊娠時に貧血になりやすいのは、血液量が増えても食事内容を変えなければ鉄分が不足しがちになるからです。一度に大量にとっても過剰摂取になる可能性があるため、習慣化することが大切です。サプリメントや鉄剤が利用されるのは、食欲に関係なく手軽に鉄分を補えるからです。

赤ちゃんが成長するために必要な栄養は、血液を通して運ばれます。貧血気味になっても栄養は赤ちゃんに優先して運ばれますが、意識的に鉄分をとらなければ低体重児などが生まれる可能性も出てきます。めまいや耳鳴りなど、貧血の症状が出始めたら食習慣を見直すのがおすすめです。

鉄分には体中に必要な栄養素

鉄分が貧血対策になると言われるのは、鉄分が不足すると血液中のヘモグロビンが作られなくなるからです。ヘモグロビンは身体に酸素を運ぶ重要な役割をしており、ヘモグロビンがなくなればいくら空気を吸っても身体の中に酸素が届かなくなるのです。

貧血とはこの酸素不足が影響した状況であり、めまいや耳鳴り、頭痛など症状も共通するものが多いのが特徴で、最悪意識を失ってしまう可能性もあります。

酸素不足と違い、血液の質を改善しなければいけない分、より重要度は高く、日頃食生活や栄養バランスが重要になってくるのです。

爪や髪、皮膚の生まれ変わりにも重要

鉄分は爪や髪、皮膚にも含まれているのが特徴です。そのため、鉄分が不足し始めると正常な細胞が生まれてこなくなり、爪や髪、肌が荒れる原因になることもあるのです。

普段の食生活を見なすポイントは、鉄分とビタミンのバランスがしっかり摂れているかです。また、たんぱく質の不足も爪や肌にとって大敵です。野菜だけに偏るだけでなく、肉や魚を食べるのもポイントで、鉄分の不足を補うためにも重要な食材となっています。

材料が一部だけあっても、他が不足すれば正常な新陳代謝は行われなくなってしまいます。そのため、出来るだけ多くの品目の食事をとることや、栄養バランスの良いサプリメントで補うことも大切になってくるのです。

鉄分は肌や髪にも重要な栄養素で、不足すると肌つやが悪くなり、白髪が混じり始めることもあります。貧血気味の場合は特に注意が必要で、意図的に鉄分を摂取する必要があるのです。

鉄分は肌の生まれ変わりにも重要になる

鉄分は血液を作るための材料になるだけでなく、肌や髪、爪の材料にもなっています。鉄分が足りなければ肌が荒れ、つやがなくなってしまったり、白髪が出てしまったり、爪の形がゆがむと言った症状が出ます。

ダイエットで肌の調子が悪化し、抜け毛が増えた場合は鉄分不足が疑われることもあるのです。鉄分は不足しがちな成分のため、美肌を目指していても何かが足りないと言う場合に摂取するのも方法です。

鉄分は身体のいたるところで必要とされており、不足すればそれだけ影響も大きくなってしまうのです。

貧血気味だと肌が荒れやすい面も

鉄分不足で貧血になると、肌に充分な栄養が行きわたらず、肌も荒れてしまう可能性が高まります。鉄分は身体中に酸素を運び、細胞を活性化させる役割も持っているのです。代謝の面でもマイナスで、太りやすい原因となってしまうこともあります。

貧血気味なら鉄分サプリで補うのが一番効果的です。もし、鉄分サプリで足りないようであれば、たんぱく質が不足している可能性もあります。これは血液の正常な生産のためにたんぱく質が使われているからです。

肌や髪を生み出すためにも、血液を作り出すにも材料となる栄養素が必要になります。鉄分は不足しやすい栄養素ですが、それ以外の成分にも目を向ける必要があるのです。

鉄分を上手に生活に取り入れるには、吸収率を考える必要があります。動物性に多いヘム鉄と植物性に多い非ヘム鉄の違いなど、特徴を考えることも大切なポイントになるのです。

動物性の特徴と植物性の違い

鉄分には大きく分けて「ヘム鉄」と、「非ヘム鉄」の2種類があります。ヘム鉄は肉や魚に含まれていることが多く、植物には非ヘム鉄が多くなっています。

ヘム鉄の長所は吸収効率が良いことで、他の食べ物などの影響を受け辛い点にあります。一方、非ヘム鉄は他の食べ物の影響を受けやすいものの、うまく生かせば吸収率を上げられるのが長所です。

当然ですが、食べ物の種類によっても他にとれる栄養素が変わってきます。鉄分だけを中心に考えても栄養バランスが崩れれば全体に悪影響を及ぼす可能性もあるため、なるべく多くの品目から摂取することを意識した方がプラスになりやすいのです。

ビタミンCや葉酸の相性が良い

非ヘム鉄の吸収率を上げる代表的な栄養素がビタミンCです。ビタミンCは非ヘム鉄の酸化を防ぎ、吸収を助けてくれる特徴があります。ビタミンCはストレスなどで失われる栄養素のため、積極的に摂取する習慣をつけると相乗効果に期待できます。

また、貧血防止を考えるのであれば葉酸も重要な栄養と言えます。血液の生産に大きく関わっている栄養素で、やはり野菜に多く含まれているのが特徴です。鉄分を補っても貧血が改善しない場合は葉酸を一緒にとると効果が出やすくなります。

また、お茶類に含まれるタンニンが鉄分吸収を邪魔することもあるため、食事の後はしばらく時間を置くなど工夫すると吸収が安定しやすくなります。

鉄分の過剰摂取には要注意!

鉄分は身体の中に必須の成分であり、貧血防止だけでなく新陳代謝などにもかかわる重要な栄養素です。不足しないように身体のいたるところに鉄分を貯蔵する機能などもありますが、人体は鉄が急激に増えることを想定していないのです。

鉄分の過剰摂取は、吐き気や下痢などの症状からより重篤な症状に至る可能性があります。鉄は過剰摂取による毒性が確認されていて、鉄による色素の沈着や、腎臓や肝臓の障害などが残る可能性も出てきます。

特に子どもや血液の病気を抱えた人は影響を受けやすいため、過剰摂取にならないように適切に管理する必要があるのです。

普通の食事やサプリメントでは過剰にならない

一方で、鉄は普通の食べ物でとれる量が微量であり、日常の食生活で過剰摂取になる心配はないものの一つです。鉄分サプリもあくまで補助の範囲で収まる量のため、毎日規定量以上を飲むなど無理な摂取を続けなければ問題は無いのです。

そのため、サプリを使用しているときも一日飲み忘れたからまとめて二日分とるなど、跡でまとめてとろうと考えるのは完全にNGです。短期間の多量な摂取でも吐き気などにつながる可能性があります。

毎日適量を続けるのが最も効果を期待できる使い方のため、とにかく量を求めてしまうのは危険な面があります。普段の生活との全体のバランスを含めて良いサプリを選ぶことが大切なのです。