紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのおすすめランキング13選

紫外線が気になる季節。日焼け止めは必須アイテムですよね。日焼け止めといえば、乳液やジェルなど塗るタイプのものが主流でした。しかし最近では、飲む日焼け止めがブームになってきています。やっと日本にも入ってきた、飲む日焼け止めについて解説します!

目次

芸能人も愛用!話題の飲む日焼け止めとは

紫外線を浴びると老化の原因になることは、聞いたことがある方もいると思います。老化の原因の8割は紫外線による、光老化だと言われています。紫外線を浴びると、細胞が傷つけられるので、しみや皮膚がんの原因になります。

紫外線が当たりにくいところは、老化があまり進みませんが、顔や手など紫外線が浴びやすいところは、しわやたるみが出てきます。環境省も紫外線対策についてマニュアルを出しています。参考にしてみてください。

飲む日焼け止めは、紫外線により発生するメラニン色素を抑制する成分や、抗酸化作用のあるニュートロックスサンという物質などが入っています。これらの物質により、日焼けを軽減し、しみ・しわの原因を抑制する効果が期待できるのです。

飲む日焼け止めの効果・効能

飲む日焼け止めは、体内から紫外線による害を防ぎます。日焼けを軽減させ、しみ・しわの原因を抑制する効果に加え、肌のターンオーバーを促す成分が含まれているので、アンチエイジングや美白にも効果が期待されます。

塗る日焼け止めで、肌荒れや乾燥が気になっていた方も飲む日焼け止めではそういったストレスからも解放されます。また、塗りムラや塗り忘れ、汗や水で落ちてしまって塗り直し…なんてこともなくなります!

また、家にいるときや雨の日など、日焼け止めを塗ることが躊躇われる日でも、日焼け止め効果以外にも効果があるので飲むだけ!であれば、続けることができると思います。サプリメントは、薬ではなく食品なので副作用もなく、安心して使用できます。

飲む日焼け止めの過剰摂取には要注意

副作用はないと言っても、過剰摂取はやめましょう。日差しが強いからたくさん飲んでおこう、と飲む日焼け止めを過剰摂取すると健康被害が起こる可能性もあるので、用法用量を守って使用するようにしてください。日差しが強いときは、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを一緒に使うこうともオススメです。

サプリメントを選ぶ際は、海外製よりも日本製がいいです。国内産であれば、成分を確認することも可能で、余計な添加物が含まれていないので安全です。飲むタイミングは、ものにもよりますが、体内に吸収されるまでに30分ほどかかるので、出掛ける1時間くらい前に飲むのをオススメします。

紫外線対策!飲む日焼け止めのオススメランキング13選

商品情報

梱包サイズ14.5 x 9 x 1 cm
商品の仕様、用途全身用
対象性別女性用

Amazonより引用

商品説明

  • 商品サイズ (幅×奥行×高さ) :90mmx8mmx145mm
  • 内容量:30粒

Amazonより引用

商品情報

商品重量49.9 g
梱包サイズ7.3 x 5 x 4.8 cm

Amazonより引用

商品説明

  • 商品サイズ (幅×奥行×高さ) :46mm×46mm×71mm
  • 内容量:15.96g(内容量 220mg/総重量 266mg×60粒)
  • 生産国:日本

Amazonより引用

「紫外線. 環境保健マニュアル」