おすすめの敏感肌向け美白化粧品ランキング【気になる口コミや効果は?】

「敏感肌」は肌に合わない化粧品が多いことから、「美白」が難しいとされています。ここでは敏感肌の女性におすすめの美白化粧品をご紹介します。

敏感肌の方におすすめの美白化粧品ランキング!

商品説明

  • 岩手県釜石天然水スキンケアシリーズ敏感肌用薬用美白美容液50ml

Amazonより引用

商品説明

  • ●無香料 ●無着色
  • ●アルコールフリー(エチルアルコール無添加)
  • ●アレルギーテスト済み*
  • ●乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み* [パッチテスト:皮膚に対する刺激性を確認するテストです] *すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。
  • 生産国:Made in Japan

Amazonより引用

商品説明

  • ✅【顔も体もツルツルむきタマゴ肌へ】6つのフリーを実現しました。合成着色料、バラベン、紫外線吸収剤、鉱物油、酸化防止剤、シリコンが不使用。
  • ✅【お肌に優しい使い心地】ピーリングとは古い角質を取り除き肌本来の新しい角質を取り戻す角質ケアの一種です。
  • ✅【繊細なお肌につるん】やわらかいジェルが汚れを包み込み、垢や角質を浮き上がらせます。お肌に負担を与えることなく、古い角質を取り除きなめらかな肌にします。
  • ✅【シミ・ソバカスを予防し美白効果も】水溶性プラセンタエキス×グリチルリチン酸2KのWの成分で潤いを与え、殺菌効果やニキビも予防します。
  • ✅【濡れた肌でも使用可能】濡れた肌でも使用可能ですのであらゆるシーンで使用することができます。

Amazonより引用

商品説明

  • 【乾燥肌・敏感肌の美白クリーム】メラニンの生成を抑制し排出を促す、低刺激にこだわった高保湿・オールインワンクリーム。全32種類の植物由来成分を贅沢配合で肌へのやさしさを追及し、7種の美容成分が潤いをサポート。
  • 【口コミが止まらない魔法のような奇跡】シミやくすみでお悩みの92.7%のセシュレルご愛用者様が、"7日間で"美白と潤いの効果を実感。※臨床試験で、乾燥による小ジワを目立たなくすることが実証されました。敏感肌用アレルギーテスト済みです。【医学誌掲載の実力】医学専門誌をはじめ、美容雑誌やメディアにも多数掲載。既に、累計お申込みは5万件を突破している注目の美白化粧品。
  • 【美白研究から生まれた内側と外側からのW美白ケア】「Wの美白理論」の研究に基づき誕生した、美白クリームと保湿サプリ。内側から「セシュレル」外側から「セシュレルサプリ」併用するとさらに効果的です。
  • 【セシュレルサプリとは】高級美容成分プロテオグリカンとヒアルロン酸を作り出すN-アセチルグルコサミンを主とし、お肌の内側が乾燥しているインナードライ肌を改善する潤い成分たっぷりのインナーケアサプリメントです。※別販売中
  • 【ご使用方法】①お手持ちの洗顔料・クレンジングで化粧を落とします。②セシュレルクリームを10円玉くらいの大きさ手にとり、下から上に引き上げるように顔全体に塗ります。③シミやくすみが特に気になる部分を重点的に重ね塗りします。

Amazonより引用

美白成分は敏感肌には合わない?

美白に効果があるとされる美白化粧品には、肌への刺激が強い成分が含まれる場合があります。

美白の代表的な成分である「ハイドロキノン」は美白に重要なメラニンの除去に効果を発揮しますが、その分肌への刺激も強く敏感肌の女性との相性は良くありません。

同じハイドロキノンでも成分濃度が薄いものなど、肌に優しいものを使っていくのが敏感肌の美白のポイントになります。

もっと一般的な化粧品成分である、「アルコール」などの刺激にも負けてしまうような敏感肌の場合は、保湿成分の「セラミド」が多いものを使うなど、まずは肌に負担をかけないことに気を付けるのが大切です。

肌荒れが原因で色素沈着をおこし、「シミ」の原因ができてしまうこともあるため、まずは肌の健康を保つのが第一歩です。

傷は美白のためにもなるべく避ける

敏感肌は、乾燥肌や「痒み」の原因になりやすく、かいてしまうとその跡が傷となって長く残るなど悪循環に陥りがちです。

肌へのダメージはそれだけ色素細胞を刺激し、メラニンの発生を活発化してしまいます。痒みを抑えるためにも保湿が重要で、セラミドを使った化粧品で足りない場合は、食品やサプリで補っていく方法もあります。

セラミドは保湿のために大切なだけでなく、肌を刺激から守ってくれる「バリア」としての役割も持っています。肌の生まれ変わりを活発にするためにも「ビタミンC」や「コラーゲン」をしっかりと摂取し、セラミドが働きやすい環境を作ることも大切です。

玉ねぎなどを積極的に取り入れて血液をサラサラにし、皮膚まで十分な栄養を届けるのもポイントになってきます。

プラセンタなどのサプリで積極的に補う

美白に効果を期待できる成分に「プラセンタ」があります。プラセンタはシミの原因のメラニンの分泌を抑えるだけでなく、すでに作られたメラニンを除去してくれる「還元効果」も期待できます。

肌の生まれ変わりを活発にし、肌を強くする効果にも期待が持てるため、セラミドとともに積極的に摂取したい成分です。

プラセンタは自然の食品から摂取することができないため、美白サプリや美白ドリンクで補うのが効果的です。

セラミドやビタミンCが一緒に配合されているケースも多いため、バランスよく栄養を補うことができるのです。皮膚の生まれ変わりに重要な「L-システイン」を補って、より強い肌を目指していく方法もあります。

まとめ

敏感肌の女性は、美白成分の入った化粧品も刺激が強すぎて使えないケースがあります。まずは肌に負担をかけるよりも、セラミドなどで保湿を行い、肌を保護することが大切です。

その上で、プラセンタやビタミンCなどが入った美白サプリを摂取することで、「肌質の改善と美白」を身体の内側から目指すことをオススメします。