非常に強い抗酸化作用を持つビタミンE(トコフェロール)

「ビタミンE(トコフェロール)」は非常に強い抗酸化作用を持つビタミンで、アンチエイジングや美肌のために欠かせない成分です。血行の改善や新陳代謝にも深い関わりがあり、生活習慣病予防効果にも期待できます。

抗酸化作用のあるビタミンE

ビタミンEは「抗酸化作用」を持っており、身体を酸化から守ってくれます。身体の酸化は「老化」や病気の引き金になるため、アンチエイジングにも効果があるといわれているのです。また、コレステロールを調整し、動脈硬化を予防する効果にも期待が持てます。生活習慣病予防のためにも重要な栄養素です。

また、血流が改善されることにより、細胞の隅々まで栄養がいきわたり、「新陳代謝」が活発化されます。肌のターンオーバーは美白には欠かせない要素のため、美白のための栄養素としても注目されているのです。肌荒れを防ぐ効果にも期待でき、健康に欠かせないことから若返りビタミンとも呼ばれており、美容化粧品やサプリメントの材料として目にする機会も増えています。

ビタミンEはダイエットにも効果的

ビタミンEは毛細血管を広げる働きを持っています。この働きは抗酸化作用とは別の仕組みで行なわれており、血管の収縮を促す、神経伝達物質の生成を抑えることで、血管が細くなることを防いでいます。これは冷え性や便秘などの改善にも繋がる、大きなダイエット要素です。冷え性や便秘によって血流が低下すると、エネルギー消費が少ない体質になります。ダイエットを行なう際には、エネルギーをいかに多く消費するかがポイントとなります。

さらに、ビタミンEには血中の過酸化脂質が活性酸素と結びつかないようにする役割も担っています。血中の過酸化脂質が酸化すると、粘度が高くなります。ドロドロになった血液はさらなる血流悪化を招き、結果としてダイエットに大きな支障をきたしてしまうことになります。

ビタミンEは肩こりや腰痛、頭痛の改善にも効果があります。頭痛の改善はダイエットにも関わる重要な効果です。脳は多くの糖質を消費するため、もっとも糖質が消費されやすい脳にしっかりと栄養を届けることでカロリー消費に繋がります。脳に栄養素を運ぶのは血管です。ビタミンEを摂って健康な血管を作り、血流をよくすることが頭痛改善とダイエットの双方に役立つのです。

食品などの酸化防止剤として使われている

ビタミンEの抗酸化作用は人間の肌だけにとどまらないため、食品の酸化を防止するための「酸化防止剤」としても使われています。酸化した食品は風味や品質が変化し、身体に悪影響を与えてしまいます。また、薬品や化粧品にも使われることが多く、「安全性が高い」ことでも知られています。

ビタミンEだけをサプリメントで大量摂取するなど、無理な取り方をしない限り、過剰摂取の心配はないのです。逆にビタミンEが不足してしまうと、「シミ」ができやすくなり、肌もあれやすくなってしまいます。生殖機能にも深くかかわっているビタミンであるため、妊娠時などはより積極的に取り入れていく必要があります。

ナッツやゴマ、マヨネーズに含まれる

ビタミンEは油に溶けやすい性質があり、脂分が豊富な食品に含まれる傾向があります。アーモンドなどの「ナッツ類」が代表的な食べ物で、ゴマやマヨネーズにも含まれています。森のバターと呼ばれる「アボカド」にも豊富に含まれていて、手軽にとることができます。

また「ビタミンA」と摂取すると相乗効果が期待できることから、油を使った炒め物などで摂取すると吸収が良くなります。ビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれており、カボチャやホウレンソウはビタミンEとビタミンAの両方が含まれている食材です。一方で、過熱をしてしまうと美白によいビタミンCが失われやすくなってしまうため、美白サプリなどを上手に使って補うことが大切になってきます。

まとめ

ビタミンE(トコフェロール)は非常に強い抗酸化作用を持つビタミンで、「若返りビタミン」ともいわれています。食品や化粧品などの分野を問わず、酸化防止剤としても使われています。食事で積極的にとっていくのが理想ですが、他のビタミンもバランスよくとることは難しいため、美白サプリなどで上手に補っていくのがおすすめです。