肌のくすみにはタイプ別の対処が重要になる

しっかりとお肌のお手入れをしていても現れることのある肌のくすみですが、その原因は様々です。美白のためにはくすみ対策も重要なポイントになるため、基本的な原因と対策方法を押さえておきましょう。

紫外線が原因となっていることもある

くすみの原因でもメジャーなものの一つが「紫外線」の影響です。これは紫外線の影響でメラニン色素が発生してしまうためで、原因は「シミ」と一緒です。冬や曇りであっても紫外線は地表に届いているため、夏以外もしっかりと紫外線対策をとることが重要になります。

一度できてしまったくすみは肌の「ターンオーバー」によって薄くしていくこともできます。紫外線防止をするだけでなく、生活のリズムを整えることや、美白サプリなどを使って積極的に肌を生まれ変わらせることが大切です。「ビタミンC」の摂取も有効で、積極的な美白成分の摂取で内側からケアすることも重要なポイントです。

血液が十分に届かないことによるくすみも

顔に十分な血液が届いていない場合は、「青っぽい」くすみの原因になります。冷え性の場合に起こりやすく、血液をうまく循環させることが重要になってきます。肌のターンオーバーも滞ってしまうため、身体を冷やさないことと同時に、顔や首のマッサージやリンパの流れを良くするなど、血流全体を良くしていくことが大切です。

栄養が皮膚に十分に届かないと、「乾燥」によるくすみが発生することもあります。乾燥肌の人に起こりやすく、肌の保湿が重要になってきます。保湿力の強い化粧品を使ってもなかなか効果が出ない場合は、「セラミド」を配合したサプリなどで身体の内側から保湿成分を増やしていく方法もあります。皮脂が失われ過ぎても起きる可能性があるため、洗顔のし過ぎにも注意が必要です。

糖質や脂分の過剰摂取もくすみの原因に

「糖分」や「脂分」の取り過ぎもくすみの原因になります。黄色っぽい色のくすみが出ることが特徴で、タバコの影響で発生することもあります。食生活を含めた生活習慣を見直すのが重要で、甘いものの食べ過ぎや脂分の取り過ぎは避けるのが基本になります。

積極的にとった方がいいのは「ビタミンE」やビタミンCをはじめとする抗酸化作用のある成分です。「プラセンタ」エキスが入ったサプリなどを服用し、肌の生まれ変わりを促進することで効果が期待できます。

運動不足であれば、軽い運動を取り入れるなど、身体の中から代謝を高めていくことが重要になってきます。また、稀な症状ですが、劣化した化粧品の「油分」がくすみの原因となる場合もあるため、使用期限を過ぎたものは早目に捨てることも大切です。

まとめ

肌のくすみはいくつかのタイプがあり、それぞれの原因に合わせて対処を行う必要があります。根本的な対策を行った後に共通するのは、肌のターンオーバーで「くすみを落とす」ことです。規則正しい生活や食生活が大切で、より効果を高めたいなら不足しがちな栄養を美白サプリで補うのが効果的です。