紫外線の影響で出てしまう、老人性色素斑とは

「老人性色素斑」は日光によく当たるとできてしまうシミの一種です。名前に老人性とついていますが、20代の女性でも発生する可能性があり、女性を悩ませる主要なシミの一つです。

紫外線などの影響が蓄積されてできる

老人性色素斑は「紫外線」の影響でできるシミで、40歳前後で出やすくなるといわれています。ただし、屋外での仕事など紫外線を受けやすい環境では「20代でも」できてしまうことがあるのです。そのため、年齢を問わずに発生するシミの一つであり、女性を悩ませる美白の敵になっています。

紫外線は非常に強いエネルギーを持っているため、肌は紫外線を浴びると「メラニン」を分泌して身体を守ります。しかし、このメラニンが過剰に分泌されるとメラニン色素が皮膚に沈着してしまい、老人性色素斑の原因になってしまうのです。日光が当たる部分にできてしまうため、非常に目立ちやすく、いびつな円形の場合がほとんどで形が一定していないのも特徴です。

夏以外の紫外線対策も重要に

老人性色素斑を防ぐためには「紫外線対策」が必要です。特に気を付けたいのが夏以外の紫外線対策です。夏は暑さと日差しが気になるものですが、紫外線は夏以外でも降り注いでいます。また、紫外線は雲だけでは吸収できず、くもりであっても60%程度は地表に届くといわれています。うすぐもりであれば「快晴時の90%」もの紫外線が降り注ぐこともあるのです。

日常的に使う化粧品にも紫外線防止のものをとり入れることや、「日焼け止め」のクリームを使うことも大切です。見た目のまぶしさや暑さに惑わされずに、常に紫外線対策をとることが老人性色素斑予防につながるのです。

生活の乱れやストレスが影響を与えることも

紫外線以外で気を付けたいのが、生活パターンの乱れやストレスです。老人性色素斑はメラニン色素が皮膚に沈着することによって発生します。しかし、「新陳代謝」が活発に行われていれば色素が沈着することはなく、ただの「日焼け」として消えてしまうのです。

そのため、生活パターンの乱れやストレスが原因で、肌のターンオーバーが乱れてしまうと、それだけ老人性色素斑も発生しやすくなってしまいます。健康な生活を心がけ、適度に息抜きをしていくことも美白には重要なことなのです。

また、老人性色素斑は肌の生まれ変わりによって「消える」可能性があります。美白サプリの摂取や、規則正しい生活で減らしていくことも可能なのです。

まとめ

老人性色素斑は年齢に関係なく、紫外線の影響でできてしまうシミです。日々の紫外線予防が大切なだけでなく、肌のターンオーバーを活発にし、メラニンを沈着させないことが重要です。万が一発生しても、「肌を生まれ変わらせる」ことで消すことも可能で、美白サプリを活用するなど、しっかりとしたケアで対処することが大切です。