シミとそばかすの原因!チロシナーゼとハイドロキノンについて

紫外線を浴びることで、メラニン色素が作られることは有名ですが、そのメラニン色素はどうやってできるのでしょうか?

チロシナーゼって何?

チロシナーゼとは、酸化酵素の一種で、色素細胞(メラノサイト)に情報を伝えメラニン色素の生成を促します。できたてのメラニンは、チロシンというアミノ酸の一種だが、そこに紫外線が当たると酵素が働き、黒いメラニン色素に変化します。これが、しみの原因になります。

ということは、チロシナーゼという酵素の働きを抑制すれば、メラニン色素を防ぐことができます。そのため、最近の美白化粧品にはこのチロシナーゼを抑制する成分が多く使われています。

チロシナーゼを抑制してくれる強力な成分

チロシナーゼの抑制に有効なのが、ハイドロキノンです。非常に強い効果のある美白成分で、肝斑対策としても活用されています。昔から発見はされていたものの、白斑ができる副作用があったため、美容クリニックや皮膚科でしか扱われていませんでした。しかし、2001年に薬事法が改正され2〜3%の濃度で市販の美白化粧品にも配合されるようになりました。

ハイドロキノン以外にも、プラセンタやアルブチン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、リノール酸などがチロシナーゼの抑制に有効だと言われています。それぞれ、チロシナーゼに効果がありますが、アプローチの仕方が違うのでご自分に合ったものを見つけることが大切です。

ビタミンC誘導体とハイドロキノンは似ていますが、ハイドロキノンの方が確実に効果は高いです。しかし、刺激が強いので敏感肌の方は注意が必要だったり、副作用も懸念されます。皮膚科で処方を受けるなどして、ご自分に合ったものの使用をオススメします。

ハイドロキノンは危険?

ハイドロキノンなど、効果が高い成分は副作用が気になりますよね。数年前に美白化粧品を使用したことによる、化粧品の白斑問題がありました。これは、ロドデノールという成分を配合した美白化粧品を使用した人の皮膚が、まだらに白くなる白斑症状が起こりました。美白化粧品の危険性が多くの人に知られることとなりました。

このことからも、美白化粧品には抵抗があるという方もいると思いますが、ロドデノールという成分と、ハイドロキノンは全く異なる美白成分です。

ロドデノールとハイドロキノンの違いは以下のサイトに詳しく掲載されています。

ハイドロキノンとロドデノールは全く違う美白成分です。

50年以上前から使用されているハイドロキノンですが、大きな副作用の報告はまだないため、安全に使用できる美白成分です。