毛穴を目立たなくする正しいスキンケア方法をご紹介

毛穴を目立たなくするためには、肌にあわせた正しいスキンケアを行う必要があります。間違ったスキンケアが毛穴の原因になることもあるためです。肌の状態は個人差があるため、自分の肌にあった正しいスキンケアを見つけることが重要です。

毛穴ケアの第一歩は肌のセルフチェック

毛穴を目立たなくするためには、最初に肌の状態をチェックしましょう。肌の状態によって正しいスキンケアは異なります。そのため乾燥肌か、オイリー肌、混合肌などでもスキンケア方法を変えることが重要です。乾燥肌は肌の保水量が少ないため毛穴が開きやすくなりますし、オイリー肌であれば皮脂により角栓が詰まりやすくなります。

角栓が詰まっている場合は角栓を除去してあげましょう。皮脂などが固まって角栓になると、毛穴が詰まって締まりにくくなります。これが毛穴が目立つ原因になります。また、角栓自体が黒ずんで毛穴が目立つこともあります。角栓の除去と予防は毛穴ケアの基本です。保湿を重視するか、クレンジングなどで皮脂を落とすことを重視するか、肌質を見ながら調整すれば、これまでとは違ったスキンケアができるはずです。

毛穴を隠すなら保湿が重要

毛穴ケアでポイントになるのが保湿です。肌の乾燥やたるみなどが原因で毛穴が目立つことも多いため、保湿をメインにしたスキンケアを行うだけで目立っていた毛穴が改善する可能性があります。

オイリー肌で角栓が詰まっている場合も保湿は有効です。角質を落とすためにクレンジングやピーリングを行うと、肌の水分を保つために必要な油分も失われてしまうからです。オイリー肌だからといって洗顔後に保湿をせずに放置すると過剰に皮脂が分泌されます。それが原因でより角栓が詰まりやすくなったり、ニキビの原因になることもあるため注意しましょう。

クレンジングやピーリングで角栓を除去したあとは、しっかりと保湿しましょう。化粧水やジェルでしっかりと保護し、雑菌などが入り込まないようにすることが大切です。肌荒れが起きると色素が沈着しやすくなり、余計に毛穴が目立ってしまうこともあります。頻繁なクレンジングやピーリングも肌に負担をかけるため、逆効果になることもあるため注意しましょう。日ごろの疲れやストレスも肌質に影響を与えることがあるため、しっかり休んで栄養バランスの良い食事をとることも大切です。

色素沈着が毛穴が目立つ原因になることも

しっかりとスキンケアを行っていても、毛穴が目立ってしまう場合は色素沈着を疑っても良いかもしれません。毛穴が開いていない、また角栓を除去しても黒ずみが取れない場合は、毛穴の奥に色素が沈着している可能性があります。色素沈着の原因になるのは、紫外線の影響やクレンジングのしすぎなどです。

肌に刺激が加わると、メラニン色素を増やして肌を守ろうとします。これは本来紫外線から皮膚を守るための自己防衛機能ですが、過剰にメラニン色素が分泌されるとシミやくすみの原因となります。そのため目立つ毛穴をなんとかしようとゴシゴシと洗顔をするのは逆効果になる可能性もあります。自分の肌に合った化粧品を使って保湿をしっかりすることが毛穴ケアの基本になります。