毛穴が目立つ原因と詰まった角栓を簡単に落とす方法

顔の毛穴が目立ってしまうと、どうしても気になってしまいます。特に毛穴が目立つ原因になりやすいのが、角栓が詰まってしまっている場合です。毛穴が開いて見える場合や、色素が沈着して黒ずんで見える場合など、トラブルになりやすいのです。

毛穴が目立つ原因は毛穴の開きと詰まり

毛穴が目立ちやすくなるのは、毛穴が開いているときと詰まっているときです。毛穴が開く原因は、皮膚のたるみなどが原因です。また、角線が詰まっている場合も毛穴が押し広げられてしまい、目立ちやすくなります。毛穴を引き締めるためには日ごろのスキンケアとアンチエイジングの努力が欠かせません。年齢を重ねると毛穴は開きやすくなるため、睡眠をしっかりとって栄養バランスを整え、肌の老化を防止することが大切です。

肌が乾燥することで毛穴が開いて見える場合もあります。この場合はしっかりと保湿を行い毛穴ケアをしましょう。保湿をしなければ雑菌が肌に進入し、肌荒れの原因となってしまうこともあります。乾燥肌は肌のバリア機能が弱っているサインでもあるため、注意が必要です。

角栓は一度詰まってしまうと厄介です。女性は生理の影響でホルモンバランスがかわりやすいため注意が必要です。皮脂が過剰に分泌されて角栓ができやすくなるなど、肌に影響がでることも多いです。角栓を防ぐためにメイクはしっかり落としてから休む、脂分のとり過ぎは避けるなど、日常生活から予防していくことが重要です。

簡単な角栓のとり方とアフターケア

角栓を簡単にとりたいのであれば、市販の角栓除去シートがオススメです。注意したいのは、角栓を除去する際に必要な皮脂まで奪われることです。また、角栓を除去したあとは毛穴が開いたままになるため、汚れが入り込まないようにしっかりと保湿する必要があります。

角栓除去シートは角栓を吸着して取り除く仕組みになっています。毛穴以外の部分にも負担をかけてしまうため、必要以上に使用すると肌荒れの原因になります。角栓除去をしすぎて毛穴が引き締まらなくなる場合もあるため、加減することが重要です。

角栓除去シート以外では、クレンジングジェルなどで落とすこともできます。保湿性と角栓力の両方を持ったジェルも珍しくなく、アフターケアの手間も省いてくれます。単純なクレンジングで落とそうとすると肌に負担が大きすぎる場合があるため、肌質に合わせて選ぶのがおすすめです。クレンジングでは肌をこすらないように注意しましょう。肌をこすると刺激で色素が生まれやすくなり、色素沈着の原因になるからです。色素が沈着すると毛穴が目立つ原因になる場合があります。

ピーリングで角栓を落とす時の注意点

ピーリング用品を使ってピーリングを行えば、クレンジングよりも確実に角栓を落とすことができます。古い角質や角栓を落とし、若々しい肌の生まれ変わりを促すことができます。ただし、ピーリングは肌に刺激を与えることを理解する必要があります。角質や角栓を落とす際に健康な肌にもダメージを与える可能性もあります。

ピーリングを行う場合は月に1度など、回数を限定しましょう。短期間に繰り返すとメリットよりもデメリットの方が大きくなり、肌荒れの原因となる場合があります。クレンジングと同じようにピーリング後は保湿をしっかり行い、肌を休ませましょう。

ピーリング後は角質が落ち、肌が敏感になっています。紫外線の影響も受けやすいため、ピーリング後にすぐ外出するのは控えた方がいいでしょう。UVカットのスキンケア用品や日焼け止めを使えば、色素沈着予防できるためオススメです。