シミの原因になるメラニン色素について分かりやすく解説!

シミができる原因と言われている、メラニン色素。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。メラニン色素は、どうして作られるのか、どういった働きがあるのかお伝えします。

メラニン色素とシミの関係とは?

メラニン色素には、皮膚を守る働きがあります。紫外線などによる肌ダメージからメラニン色素が守ってくれているのです。メラニン色素があるおかげで、皮膚の奥に紫外線が入り込み、深刻なダメージを及ぼすのを防いでくれています。皮膚がんなどに重要な働きがあります。

しかし、紫外線から肌を守ってくれる一方で、メラニン色素は紫外線の刺激を受けることで、生成されます。紫外線や外部からの刺激を受けることで、メラニン色素は増えていきますが、このメラニン色素の過剰生成がシミの原因だと言われています。

メラニン色素が増える原因

紫外線からの刺激でメラニン色素が増えることは、お伝えしましたが、紫外線を浴びなくても皮膚への刺激で増えます。化粧品の刺激やニキビを皮膚が紫外線のダメージだと勘違いしてしまうことにより、メラニン色素が増えてしまうのです。肌を強くこすることも、メラニン色素の過剰生成に繋がるので、普段から肌をいたわることが大切です。

シミを防ぐためには、正常な肌のターンオーバーが重要になります。ターンオーバーとは蓄積された細胞、古い角質などが剥がれ落ち、新しい細胞に生まれ変わることを指します。肌のターンオーバーにより、過剰生成されたメラニン色素を排出します。個人差はありますが、正常なターンオーバーはおよそ28日周期だと言われています。ただ、年齢により35日40日とだんだん長くなります。

夏は紫外線も強く、日焼けを避けられない部分もありますよね。肌のターンオーバーが正常周期で起きていれば、日焼けをしても、およそ1ヶ月程度で消えます。

シミ、そばかすを改善する方法

紫外線対策をしっかり行い、メラニン色素の過剰生成を抑えます。また、肌のターンオーバーを促しましょう。正常なターンオーバーを促すためには、栄養や睡眠が大切です。食事面にも気をつかい、栄養バランスの良い食事を心がけ、十分な睡眠を取ります。スキンケアにも気をつかいましょう。美肌にも繋がり、一石二鳥です。

このように、シミに重要な働きがあるターンオーバーを促す成分が、L-システインやアスコルビン酸(ビタミンC)です。キミエホワイトやロスミンローヤルなどの医薬品には、これらの成分が含まれています。シミ・そばかすを改善させるために、医薬品を使用する場合は、成分を確認することをオススメします。