色素沈着や黒ずみの原因と対策

色素沈着や黒ずみは肌の代謝が進まないことと、紫外線などの刺激が原因です。肌の代謝が進まなければ、古い細胞の排出が進まず、色素が残りやすくなります。また、紫外線などの刺激で色素が過剰に発生すると色素沈着がおこりやすくなります。美白を目指すのであれば、肌のターンオーバーと紫外線対策に力を入れましょう。

色素沈着や黒ずみは肌のダメージが原因

色素沈着や黒ずみの主な原因が紫外線です。紫外線は皮膚の表面をすり抜け、細胞を傷つけます。皮膚は紫外線のダメージから細胞を守るため、メラニン色素を生み出して紫外線を防ごうとします。しかし、紫外線に過剰に反応して色素を生み出しすぎると色素沈着の原因となります。

メラニン色素は日焼けがおこるのと同じ仕組みで生成されています。肌にダメージがあっても、皮膚の代謝が活発であれば元通りに治ります。しかし、ダメージが勝ってしまったり、皮膚の代謝に問題があると色素沈着や黒ずみが残ってしまいます。皮膚の代謝が乱れる原因は様々です。ストレスや無理なダイエットによる栄養不足でおきる場合もあります。しっかりと睡眠をとり、健康的な生活を送ることがもっともよい予防方法でしょう。日ごろから日焼け止めなど紫外線防止を意識している場合は、生活習慣の乱れをチェックするように心がけましょう。

洗顔時の肌の摩擦が黒ずみの原因に?

肌にあわない化粧品を使い続けていた場合や、洗顔時の顔のこすりすぎ、クレンジングのし過ぎで色素沈着が起きることがあります。肌に合わない化粧品を使ったり、肌をこすりすぎてしまうと、肌が紫外線の刺激を受けたと錯覚しメラニン色素を生成することがあります。過剰なスキンケアは黒ずみや色素沈着の原因になるため注意しましょう。

また、美白化粧品が影響することもあります。美白が進むと色素を薄くなり、紫外線への防御力が弱くなります。刺激が強いほどメラニン色素が生まれやすくなるため、肌に合った化粧品を適量使うこと、使用後の紫外線予防はセットで考えましょう。肌荒れを放置してニキビなどができると、ニキビ後に色素沈着がおきるケースもあります。ニキビ跡は残りやすいため注意が必要です。

色素沈着を消したいならピーリングも視野に入れる

色素沈着や黒ずみを消したいのであれば、紫外線予防に気をつけましょう。冬のスキー場で日焼けするように、夏以外のシーズンでも紫外線は降り注いでいます。冬や天気の悪い日も紫外線対策はしっかりして外出しましょう。美白化粧品を使うのであれば、パッチテストなどを行い肌にあったものを選ぶことをオススメします。肌に合わないと感じたら化粧品を見直し、肌への刺激が少ないものを選択するようにしましょう。

日ごろのスキンケアも見直した上で、ピーリングをおこなうのもオススメです。ピーリングで古い角質を落とせば肌の代謝が早くなり、色素沈着も落ちやすくなります。ただし、ピーリングは肌の負担も大きいため、肌の状態や回数、力加減に気をつけましょう。ピーリング後のアフターケアも重要です。ピーリング後は紫外線の影響を受けやすくなります。しっかりと保湿をおこなって肌を休ませ、十分な睡眠をとって肌の健康を守りましょう。