老人性色素斑の原因とシミを消す方法を徹底解説!

加齢とともに気になりだすシミ。原因や種類によっていくつかの種類に分類されますが、最も代表的ものが「老人性色素斑」です。“老人性”と呼ばれてはいますが、実際は若くして「シミ」が目立ってしまう人も…。

表情や印象をぐっと老けさせてしまうため、しっかりと適切な予防や対策を取ることが重要です。この記事では、そんな女性なら知っておきたいシミの原因と予防対策、一度できてしまったシミをうすくする方法をまとめて解説していきます。

老人性色素斑の原因と特徴

老人性色素斑の一番の原因は、

  • 蓄積されたメラニン色素
  • 紫外線ダメージによる肌の光老化

にあります。

紫外線によるダメージを受けると、肌を守るためにメラニンと呼ばれる色素が生成されます。肌代謝とメラニンの生成量のバランスが整っていれば自然と体外へ排出されますが、メラニンが過剰に生成されるなどでバランスが崩れてしまった場合は、そのまま体内に蓄積してしまうことも(色素沈着)。

また、長年にわたって紫外線による刺激を受け続けると、肌ダメージが蓄積し、皮膚細胞自体の再生能力が徐々に低下してしまいます。皮膚下層に蓄積されたメラニン色素が肌代謝の衰えによって表面化し、結果として「シミができた」と感じやすくなるわけです。

老人性色素斑は通常、40代以降にできやすくなるといわれていますが、屋外での活動やスポーツなどで紫外線を長時間にわたって浴びる場合、20代後半~30代でもシミが目立ってきてしまう人も。

シミができる一番大きな原因は『紫外線』。太陽の光が当たりやすい顔や手、腕などはシミができやすいため、しっかりと紫外線対策を取るようにしましょう。

シミ予防は『紫外線対策』が命!夏だけじゃ不十分?

くり返しになりますが、老人性色素斑を予防するためには十分な紫外線対策がカギを握ります。シミができやすい40代以降はもちろん、若いうちからしっかりと予防しておくことで、メラニン色素の蓄積を最小限にとどめることができますよ。

紫外線対策というと日差しの強い夏をイメージしがちですが、実は夏だけでは十分な紫外線対策とはいえません。季節に関わらず、紫外線は一年中降り注いでおり、雨や曇りの日でも晴天時の30~60パーセント程度の紫外線量があるといわれています。

いつでも油断は禁物。外出前の紫外線対策を習慣化し、紫外線ダメージからしっかりと肌を守るよう心がけるようにしましょう。日焼け止めを塗ったり、帽子やカバーで肌を覆うなど体の外側から紫外線を防ぐ方法はもちろん、最近では体の中から紫外線のダメージに対抗する「飲む日焼け止め」サプリメントなども注目されています。

自分にあった方法を見つけることで、負担なく年間を通じたUV対策に取り組みやすくなりますよ。

シミ予防には生活習慣の見直しを

肌内側のメラニン色素沈着の予防だけでなく、肌代謝機能を正常に保つことも重要なシミ対策のひとつです。肌のターンオーバーが滞る原因として考えられるのが、

  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 栄養不足・偏り

シミのない健康な肌を作るためには、バランスのよい食事や良質な睡眠、適度な息抜きによるストレスの解消など、健康的な生活を送ることが大前提。いくら日焼け止めを念入りに塗っていても、生活習慣が乱れた状態では十分な肌のターンオーバーは期待できないですよね。

シミだけでなくシワ、肌のくすみ、くま、たるみなど、女性の美容の敵となるさまざまな肌トラブルを引き起こす原因となるため、まずはしっかりと自分の生活スタイルを見直すことからはじめてみましょう。

肌のターンオーバーを促すビタミンCの力

特に積極的に摂取したい栄養素が「ビタミンC」です。ビタミンCにはメラニンの生成を防ぎ、すでに蓄積されたメラニンを薄くする効果があります。

さらに、肌のハリを生みだすコラーゲンの合成を助ける作用もあり、美容には欠かせない重要な栄養素。上手に食事に摂りいれることで、シミ予防・美容効果を高めることができますよ。

ただしビタミンCは吸収率が悪く、体外に排出されやすいという特徴があります。効率的に摂取するためにも、一度に大量に摂取するのではなくこまめに分けて摂りいれるようにしましょう。

美白成分配合のスキンケア

すでにできてしまったシミを薄くする方法としておすすめなのが、美白美容成分を含んだスキンケア用品を選ぶこと。肌代謝を促進し、メラニン色素の生成を抑えてくれます。

また、すでにできてしまった老人性色素斑もターンオーバーによって薄くできる場合もあり、アンチエイジングとしても積極的に取りいれたいケア用品のひとつ。

生活習慣の見直しとともに、スキンケア用品や化粧品を選ぶ際もシミ対策をしっかりと意識してみましょう。

厚労省「紫外線環境保健マニュアル」(外部サイト)

江崎グリコ株式会社生物化学研究所「ハイドロキノン-α-グルコサイドによるメラニン生成抑制効果」(外部サイト)