顔のたるみの原因と解消法は?見た目年齢が気になるなら紫外線対策が必須

顔のたるみの原因は紫外線などの刺激と、表情筋の衰えです。紫外線は皮膚の奥まで届いて細胞を傷つけます。細胞にダメージが残るとコラーゲンの生産能力などが落ち、肌がたるみやすくなります。たるみを改善するには紫外線予防と表情筋を鍛えるように心がけましょう。

顔のたるみの原因になる光老化

年齢と共に皮膚がたるみ、シワができるのは加齢による老化と言われています。しかし、研究が進むにつれ、加齢による影響よりも紫外線の方が肌への影響が大きいことがわかってきています。紫外線が老化の原因となる現象を「光老化」と言います。

紫外線は皮膚の奥まで届き、コラーゲンを破壊する酵素の働きを活性化することがわかっています。また、細胞に傷を付けることで代謝を鈍らせ、肌年齢を実年齢以上にしてしまうことも。無防備に紫外線に当たり続ければ、顔だけ老化が進んでしまうこともありえます。

露出しやすい顔は紫外線が当たりやすいため、日ごろから紫外線対策を意識的に行う必要があります。ただし、紫外線対策だけでは肌の材料となるコラーゲンの生産量が落ちてしまうこともあります。そのため紫外線対策だけでなく、食事やスキンケアにも気をつけましょう。

顔のたるみといえば、フェイスマッサージや顔のエクササイズを思い浮かべる女性も多いです。しかし、紫外線も顔のたるみの原因になるということは知っておかなければいけません。また、過剰なマッサージが顔のたるみの原因になることもあるため注意しましょう。

表情筋の衰えも顔のたるみの原因となる

顔のたるみの原因の一つが表情筋の衰えです。表情筋は表情を動かすだけでなく、様々な皮膚を支える役割があります。表情筋が衰えてしまうと顔の皮膚を引っ張る力が弱くなり、結果としてたるんで見えてしまいます。

また顔のたるみだけではなく、表情筋が弱れば肌の代謝が弱りやすくなります。筋肉を動かすと血液が流れやすくなります。血流が良くなることで肌の代謝が良くなるため、肌年齢も若く保つことができます。表情筋を鍛えるエクササイズは、顔の代謝を高めて若々しい肌を保ち、顔のたるみを防止する効果もあります。

顔以外の筋肉の衰えも顔のたるみの原因に?

顔のたるみは、顔だけでなく周辺の筋肉が衰えることで起こることもあります。頭やクビ周りなど、顔とつながっている筋肉は多く、顔のたるみは表情筋以外の影響も受けています。口の中も筋肉がつながっているため、舌を動かすエクササイズも顔のたるみ改善には有効です。肩こりや首のこりがある場合は、ストレッチなどでほぐすようにしましょう。

肩や首は太い血管が集中しているため、顔や頭に流れる血流にも影響を与えます。肩こりがひどい場合はうつに似た症状が出るなど、精神面にも影響を与えると言われています。少し熱めのシャワーを肩や首周りにかけながら、何回もまわしてみるのがおすすめです。そのあとは湯船につかり、手足を伸ばします。お風呂を上がった後に軽くストレッチを行い、顔のエクササイズを行うようにしましょう。