馬プラセンタと豚プラセンタのちがい

哺乳類の胎盤を原料として作られるプラセンタ。人間、豚、馬、羊など様々な種類がありますが、サプリメントや化粧品などの美容用のプラセンタには、一般に豚もしくは馬の胎盤が使用されています。豚プラセンタと馬プラセンタにはどのような違いがあるのでしょうか。

豚プラセンタは手頃な価格

いくら美容によいと言っても、やはり気軽に購入できる価格か、継続して購入できる価格かは気になるもの。豚プラセンタと馬プラセンタの価格を比較すると、手が届きやすいのは断然豚プラセンタです。豚は年に2回平均10頭もの子供を生み、しかも集団飼育することが多いため大きな胎盤が手に入りやすく市場にもたくさん出回るからです。

一方の馬は、年に1回1頭しか出産しないため、市場に流通する胎盤の量は豚よりもずっと少なく、また後述しますが馬プラセンタの方が有効成分が多く含まれているのでその分価格も高くなります。価格面に関しては、豚プラセンタに軍配が上がります。

馬プラセンタは有効成分が多い

豚プラセンタと馬プラセンタの成分を比べた場合、結論から言ってしまうと馬プラセンタの方が上です。プラセンタにはたんぱく質、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、そして最大の特徴である成長因子など多種多様な栄養が豊富に含まれています。特にたんぱく質とアミノ酸は人間の体のあらゆる部分の材料となる非常に重要な栄養素です。

しかし、原料となる動物によってその成分の詳細は必ずしも同じではありません。豚プラセンタと馬プラセンタを比べると、馬プラセンタは豚プラセンタよりも全体的にアミノ酸含有量が多く、さらに豚プラセンタにはない成分も含まれています。ですから、より高い美容効果を求めるならば豚プラセンタよりも馬プラセンタの方がおすすめです。

安全性はどちらが上か

豚プラセンタと馬プラセンタの安全性を比較した場合、基本的には馬プラセンタの方が上です。その理由は豚と馬の体の仕組みや飼育環境の違いにあります。

まず、豚は集団で飼育されることがほとんどです。また、家畜の中では比較的病気にかかりやすいため、子豚のうちから予防接種などで何度もワクチンを投与する必要があります。つまり、豚の臓器には複数の薬剤が残っている可能性があるのです。もちろん、プラセンタを製造する過程でこうした不純物は取り除かれていますが、何事にも100%というものはないため、万が一のことを考えると不安を感じる人もいることでしょう。

一方の馬はどうでしょう。日本では馬プラセンタの原料となる胎盤はサラブレッドのものが多いです。競走馬として使われるサラブレッドはみな血統がはっきりしていて、いわば身元が保証されています。また馬は豚に比べると病気にかかりにくいのでワクチンの投与回数も少なく、飼育空間も豚よりも余裕があり清潔に保たれていることが多く、豚プラセンタより高い安全性が見込めます。

しかし、最初に「基本的に」と書いたように例外もあります。それが豚の中でも特に高品質な「SPF豚」と呼ばれる豚です。SPF豚とは、特定の病原菌を持たずに生まれてくるため普通の豚よりもワクチンの投与回数が少なく、日本SPF豚協会が定める厳しい基準をクリアした設備で飼育されているため非常にクリーンで安全性が高いのです。馬プラセンタよりも安全性で劣るとされる豚プラセンタでも、SPF豚の胎盤を原料としたものを選べば安心して摂取することが出来ます。ただし、その分通常の豚プラセンタより価格は高くなります。

まとめ

効果の高さでも安全性でも、総合的には豚プラセンタよりも馬プラセンタの方が優れています。しかし、品質が高い分価格も上がります。効果はほどほどでもよいから気軽に続けたいという場合は豚プラセンタ、高価でも品質には変えられないという場合は馬プラセンタがおすすめです。また、豚プラセンタの中でもSPF豚の胎盤を使用したものは普通の豚プラセンタよりもやや高価になりますが、安全性が高く安心です。

清水整形外科医院「関節内注射時の留意点」(外部サイト)

医薬食品局血液対策課「ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤使用者の献血制限について」(外部サイト)