プラセンタの成長因子(グロースファクター)とは

優秀な美容成分として注目を集めているプラセンタ。プラセンタの原料は、豚や馬、ヒトなど哺乳類の胎盤です。胎盤は妊娠中に子宮に形成される組織で、胎児を劇的なスピードで成長させるため、たんぱく質、アミノ酸、各種ビタミン、核酸など様々な栄養が豊富に含まれています。その中でも特に成長因子(グロースファクター)と呼ばれる成分が、プラセンタと他の美容成分との圧倒的な効果の違いを決定づけています。

成長因子の働き

成長因子の働きは、一言でいうと成長ホルモンの分泌を促し、細胞分裂を活発化させることです。人間の体は毎日細胞分裂して新しい細胞を作り出しています。古い細胞と新しい細胞の入れ替わりがいわゆる新陳代謝です。

しかし、成長ホルモンは年齢とともに減少していき、新陳代謝も衰えていきます。すると、肌にシミやしわがあらわれたり臓器の働きが低下したりします。プラセンタを摂取して成長因子を補えば、こうした老化現象に歯止めをかけることが出来ます。成長因子にはいくつかの種類があります。以下に、その代表的なものをご紹介しましょう。

上皮成長因子(EGF)

上皮成長因子は、上皮増殖因子あるいは上皮細胞成長因子とも呼ばれ、名前の通り上皮(肌の表面)の細胞の成長や増殖に重要な役割を果たします。上皮成長因子よって、上皮の細胞の再生、活発化、機能の正常化、新陳代謝が促進されると、それぞれ傷跡をきれに治す、ハリを与えてしわやたるみを防ぐ、吹き出物などの肌トラブルの改善、シミを薄くするなどの効果が期待できます。

繊維芽細胞増殖因子(FGF)

繊維芽細胞とは、真皮(肌の内側)にあり、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など肌を支え水分を保持する大切な成分を作る細胞です。これらの成分が不足すると、肌は潤いや弾力を失い、カサカサでたるんだ肌になってしまいます。繊維芽細胞増殖因子は繊維芽細胞を活発に増殖させるため、しわやたるみを改善して若々しい肌を取り戻させてくれます。

神経成長因子(NGF)

神経成長因子は、体中に張り巡らされた神経の細胞の増殖を促進したり、脳の老化を防いでくれます。神経細胞が衰えると、人間の体のあらゆる機能をコントロールしている「自律神経」のバランスが乱れ、自律神経のうち激しい活動をしている時やストレスを受けた時に働く交感神経が常に働いている状態になります。

すると心身の緊張状態が続いて不眠や精神不安定といった症状を引き起こしてしまいます。更年期障害の症状としてよく見られるイライラや不定愁訴も、ホルモンの分泌が低下することによる自律神経の乱れから起こるものです。プラセンタによって神経成長因子を増やして自律神経の働きを整えれば、精神を安定させることが出来ます。また、神経成長因子はアルツハイマー型認知症の治療にも効果が期待されています。

肝細胞増殖因子(HGF)

人間の臓器の中で最も大きく、健康に重要なかかわりを持つ肝臓。肝臓には主に代謝(食物をエネルギーに変えて貯蔵し、必要な時に送りだす)、解毒(アルコールなどの有害物質の無毒化)、胆汁の生成と分泌(脂肪を消化する)という働きがあり、いずれも体内環境を正常に保つためには欠かせないものです。

肝臓の機能が低下すると体全体の代謝機能も正常にいかなくなり、倦怠感や食欲の減退、体のむくみといった不調があらわれてしまいます。肝細胞増殖因子には肝細胞を再生、増殖させる働きがあり、肝臓の機能を正常化してくれます。さらに研究によって、肝臓以外の臓器にも有効に作用することが分かっています。

コロニー形成刺激因子(CSF)とインターロイキン(IL)

コロニー形成刺激因子の働きは、白血球の細胞を刺激して数を増やしたり成長を促すことです。白血球は血液の中に存在し、ウィルスなど体に害を及ぼす異物を退治しています。白血球の数が増えればその分免疫力が高まると言えますし、逆に足りないと免疫力が低下して病気にかかりやすくなってしまいます。インターロイキンは白血球から分泌されるたんぱく質で、細胞同士の情報伝達をする役割を担っています。インターロイキンが存在することによって、免疫機能はより強固なものになります。

インスリン様成長因子(IGF)

膵臓から分泌され、糖を分解して体内での糖の濃度を一定に保つ物質をインスリンと呼びます。インスリン様成長因子はこのインスリンと似た構造を持つ物質です。構造は似ていても実際の作用は異なり、インスリン様成長因子はハリのある肌を保つための繊維芽細胞や関節をスムーズに動かすための軟骨細胞などを増殖させます。これによって肌や身体の機能の衰えが回復するアンチエイジング効果が期待されます。また、育毛作用もあるとされ、薄毛治療にも利用されています。

まとめ

プラセンタに含まれる成長因子(グロースファクター)の数々にはいずれも細胞の増殖や成長を促して体の機能や見た目を回復させる働きがあり、まさに若返りの妙薬と言ってもよいでしょう。プラセンタの摂取方法としては、経口(サプリメントなど)、肌への塗布(化粧品、塗り薬)、注射があります。それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分に適した方法を選んで生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

日本胎盤医療研究会「プラセンタ療法の誤った情報に対して、 その誤解を解く」(外部サイト)

皮膚「Placenta liquid含有軟膏による2-3皮膚疾患の治験」(外部サイト)