国産コラーゲンサプリが安全な理由とは

コラーゲンには様々な種類があり、原材料や加工方法、国産か外国産かといった違いでも大きく値段が変わってきます。食事からコラーゲンをとることも可能ですが、毎日安定して摂取したいと考えている人にはサプリがおすすめです。しかし、国産以外のコラーゲンサプリに関しては注意が必要なこともあるのです

国産のサプリが安全な理由

国産のサプリが安全な理由は、明確な基準を持って製造されていることが多いからです。また、原材料の品質が効果に結びつく場合も多く、高級路線のサプリもあります。口に入れるものであるからこそ安全であるべきですが、外国産のコラーゲンサプリは健康基準の感覚が違う場合や、製造工程や加工に使う方法が全く変わってくる場合があるのです。
さらに、安全に対する意識が全く違うケースがあるだけでなく、どのようにサプリが管理されているかという面もポイントになるので、忘れずにチェックしてくださいね。

このように、国産のサプリは各種法律やメーカーによる品質管理がしっかりしており、安全性が担保されていることが分かります。一方で、安価な外国産サプリは安全基準や品質管理の基準が日本とは違っているケースもあり、健康へマイナスの影響を与える可能性もあります。コラーゲンサプリの摂取によって良い作用を受けるためにも、安全な国産のサプリを選ぶことを強くおすすめします。

コラーゲンの抽出に塩酸が使われていることも

コラーゲンのサプリの原材料は、大きく分けて2種類があります。それは、動物性コラーゲンと、海洋性のコラーゲンの2種類です。動物性コラーゲンは豚や鳥などから作られており、一方の海洋性コラーゲンは魚の骨や皮、鱗などから作られています。
これら2種類のうち、魚の鱗を使った海洋性コラーゲンには注意が必要です。その理由は、コラーゲンの抽出の際に、塩酸が使われることがあるからなのです。通常は、加熱や加工を行ってコラーゲンを抽出していますが、鱗からの抽出する際にはこの加熱や加工で行うことができません。そのため、塩酸を使った抽出が行われております。もし、適切な管理が行われていないと、サプリ自体にも塩酸が残ってしまう危険性があるのです。

外国産のコラーゲンサプリの中に安価で手に入れやすい価格のものがある背景には、他に使い道のない鱗を使って、コラーゲンを大量に生産することが可能だからです。一方で、塩酸によってコラーゲンの質自体が変わってしまう場合もあります。本当にサプリが安全かどうか、効果があるのだろうかという点を検討する場合には、どのように加工しているか、どうやってコラーゲンを抽出しているかといった方法もしっかりと確認しておきましょう。国産サプリは、加工方法や抽出方法が比較的しっかりしているため、外国産のサプリよりも好まれているのです。

まとめ

コラーゲンサプリの購入にはお金がかかるため、少しでも安く手に入れたいと考えている方が多くいらっしゃるかと思います。だからといって、とにかく安いサプリを購入して摂取すれば良いのかといえば、そういうことではありません。安いものだとコラーゲンの効果があまり得られず、飲んでいる意味がほとんど無い、という可能性があります。さらに、体にとってプラスの効果を求めてコラーゲンサプリを飲んでいたはずなのに、健康面で何らかのマイナスの影響が出てしまい、結局別の部分にお金をかけなければならなくなってしまう場合もあります。
少々値段の高いサプリであっても、しっかりと信頼を築いている国産メーカーから購入することが実は一番安上がりになるのです。