コラーゲンの働きを邪魔するNG習慣は

コラーゲンを摂取することは、私たちの身体に良い影響をたくさん与えてくれます。数多くの恩恵の中には、美肌効果も含まれています。女性であれば、美肌を目指したいものですよね。しかし、コラーゲンを十分に摂取していても、生活習慣の悪影響が原因で、美肌を目指すことが難しくなる場合があります。コラーゲンが与えてくれる美肌効果を得るためには、食生活などの習慣からNG要素を抜き出していくことも大切になってきます。

糖分や塩分の摂り過ぎは避ける

コラーゲンの働きを邪魔する原因として、「体内の栄養バランスの偏り」が挙げられます。野菜を食べずにお肉ばかり食べるといった偏食や、濃い味付けや脂っこい食べ物が好きといった塩分・糖分の摂り過ぎにより、私たちの身体の中では栄養バランスがどんどん偏っていきます。栄養バランスが偏ると、体内でコラーゲンを生み出す力が弱ってしまう場合があり、コラーゲンからの恩恵を受けることができなくなります。そのため、コラーゲンを十分に摂っていたとしても、食生活の乱れが原因で、コラーゲン本来の効果を十分に発揮できなくなります。

同様に、「アルコールの過剰な摂取」もコラーゲンの効果を下げる恐れがあります。アルコールをたくさん飲むと肝臓に負担がかかることはご存知かと思いますが、睡眠の質も悪化させることがあります。すると、コラーゲンを生み出す力も弱まってしまい、せっかくのコラーゲンの効果を少なくしてしまいます。

女性のみなさんは、ダイエットをしている方も少なくないと思います。しかし、ダイエットによる栄養不足も美肌の敵となるため、注意が必要です。

積極的な運動や睡眠時間の確保も重要

飲食に関連すること以外にも心がけてほしいことがあります。それは、「新陳代謝の活性化」です。コラーゲンによる美肌効果を上げるためには、新陳代謝を活発にし、肌の生まれ変わりを促進する必要があります。新陳代謝を上げるおすすめの行動は、やはり「運動」です。運動不足は、美肌づくりの大敵です。もし、運動する時間を確保することが難しければ、寝る前のマッサージやストレッチなどでも構いませんので、身体を動かして、血流を良くするように意識してくださいね。

また、良い質の睡眠を心がけることも大切です。身体が冷えていては良い睡眠はできないので、入浴もシャワーだけではなく、少しぬるめの半身浴で時間をかけて汗を流し、入念に身体や髪を乾かすことで、冷えを防止しましょう。そして、早めに寝る習慣をつけ、十分な睡眠が確保できるように心がけ、コラーゲンの力を十分に引き出しましょうね。

まとめ

コラーゲンは、ただ摂取すれば効果が出るというものではありません。コラーゲンの摂取と共に、その働きを邪魔しないような生活習慣にしていくことも大切なポイントになってきます。食生活のNG行動や、新陳代謝に悪影響を与えるような生活は改善するようにしましょう。生活改善は大変ですが、美肌を目指してがんばりましょうね。