コラーゲンには動脈硬化予防のメリットも

美容に良いことで知られているコラーゲンですが、病気の予防効果としても期待できることをご存知ですか?実は、コラーゲンには動脈硬化の予防効果も期待できるのです。なぜコラーゲンが動脈硬化の予防につながるかと言うと、血管の一部がコラーゲンで作られていることが要因として挙げられます。コラーゲンを体内に摂取することによって、私たちの血管は上部なものに変化し、血流を安定させる効果が期待できるのです。

血管はコラーゲンでできている部分がある

私たちの血管は、複数の層で成り立っており、その中の一部がコラーゲンによって作られています。そのため、体内に豊富なコラーゲンが摂取できていれば血管は上部なものになり、血管に纏わる病気である動脈硬化や脳梗塞の予防効果が期待できるのです。

しかし、もし体内でコラーゲンが足りない状態になってしまうと、血管が脆くなったり、血管の太さが補足なってしまうことがあります。血管は、身体中に栄養や酸素を届けるといった私たちの身体にとって非常に重要な役割を持っているため、脆い血管や細い血管はこのような役割を遂行するときに悪影響を与えてしまいます。

私たちの身から血管の病気を防ぐためにも、積極的なコラーゲンの摂取による健康で丈夫な血管作りが重要となってくるのです。

動脈硬化の原因は血管についた傷

血管の病気である動脈硬化の原因の一つに、血管に付いた傷が挙げられます。血管に付いた傷はコラーゲンによって修復されるため、きちんと体内にコラーゲンが摂取できていれば特に問題はありません。しかし、体内のコラーゲン量が十分に足りていないと、血管の傷の修復が遅れてしまう上に、血管の傷の上にコレステロールなどの悪い物質が溜まって塊となってしまう恐れがあります。この塊は血栓と呼ばれ、血栓が大きくなると血流が塞がれてしまい、私たちの身体に大きな影響を及ぼすことがあります。

コラーゲン不足という些細な問題から、血栓によって命に関わる大問題へとつながる可能性があります。そのため、血管に関する病気を考えるときは、よく耳にするコレステロールを意識するだけではなく、どのようにしてコラーゲンを体内に摂り入れていくかという点も重要なポイントです。コラーゲンが美容だけではなく、健康に対しても大きな影響を与えていることを忘れずに、積極的なコラーゲン摂取に努めてください。

まとめ

血管の病気を予防するためには、コレステロールを気にするだけではなく、血管の一部を作っているコラーゲンの摂取も大切になります。コラーゲン不足は、美容面にとってマイナスになるだけではなく、脆い血管や細い血管を作り出してしまう原因になったり、傷ついた血管を修復できないことによる血栓の原因になることもあります。日ごろから健康を気にしている方は、ぜひ積極的にコラーゲンを体内に摂り入れるようにしてください。

コラーゲンは、食事から摂取することもできますが、丈夫で太い健康な血管を維持するためには、食事からのコラーゲンだけではなかなか補うことができません。もし、毎日積極的にコラーゲンを摂取したいという方は、コラーゲンサプリメントやドリンクを日常生活に組み込むことも有効な方法かもしれません。自分にとって無理のないコラーゲン摂取を心がけてくださいね。