コラーゲン豊富な食べ物と調理法

私たちの美容や健康にとって重要な役割を果たしているコラーゲンは、私たちが日々口にしている食事から摂り入れることが可能です。コラーゲンは、年齢を重ねるにつれて段々と不足していってしまうため、自ら積極的にコラーゲンを体内に摂り入れようと心がける必要のある成分なのです。

鶏の手羽先や軟骨はコラーゲン豊富

積極的にコラーゲンを摂り入れるためには、日々の食事にコラーゲンの含まれている食べ物を献立に入れていきたいですよね。そんなコラーゲンが豊富に含まれている食べ物としては、鶏の手羽先や、鶏の皮の部分が挙げられます。なぜなら、鶏の皮膚や軟骨にはコラーゲンが含まれているからです。これらの鶏の部位を食べるには、焼き鳥などで食べたり、野菜も一緒に食べられる水炊きをおすすめします。もし水炊きであれば、水炊きの中に手羽先を入れることによって、軟骨や骨からスープに出ていくコラーゲンも一緒に摂取することができるため、一度でたくさんのコラーゲンが摂取できますね。

コラーゲンの塊であるゼラチンの食べ方には注意

鶏の手羽先や皮のほかにも、コラーゲンが豊富な食材はたくさんあります。たとえば、沖縄に行くとよく目にする豚足や豚の耳です。豚足や豚の耳には、コラーゲンの塊である「ゼラチン」が含まれているため、コラーゲン摂取には持って来いの食材と言えます。しかし、ゼラチンにはお腹を緩くする作用があるため、食べ方には注意が必要です。ゼラチンのみを食べるのではなく、他の食材とのバランスを考えて食べることが大切です。

魚の皮や骨にも豊富に含まれている

コラーゲンが豊富に含まれている食材として、鶏や豚といった肉類をご紹介しましたが、魚の骨や皮にもコラーゲンは含まれています。なかなか魚の骨をそのまま食べるという機会は無い方が多いとは思いますが、サバの水煮などの缶詰類であれば簡単に骨まで食べることができるため、コラーゲンが摂取しやすい魚料理として挙げることができます。骨髄にはコラーゲンがたっぷり含まれているので、ぜひ魚の骨も積極的に食べてみてくださいね。

コラーゲンが豊富な魚はたくさんある

また、シラスのように、丸ごと食べることのできる魚もおすすめです。さらに、普段食べずに捨てられてしまうことの多いシャケの皮などにもコラーゲンが多く含まれている上に、魚の頭や骨を使ったアラ煮もコラーゲンの摂取におすすめの料理として挙げられます。

カレイやヒラメの縁側にもコラーゲンが豊富に含まれており、有名な煮つけのみならず、煮こごりとして食べる地方もあります。冷やしてゼリー状に固まることがコラーゲンが豊富に含まれている証拠と言えます。アンコウやフグもコラーゲン豊富な魚としては有名ではありますが、なかなか手に入らない上に高級なため、頻繁に食べることは難しいと言えます。

スッポンやフカヒレのコラーゲンは効果が高い?

コラーゲンが含まれている食材と聞くと、スッポンやフカヒレを思い浮かべる方が大勢いらっしゃるのではないかと思います。スッポンやフカヒレは。コラーゲンが豊富に含まれていることはもちろん、コラーゲンの材料として必要なアミノ酸もたくさん含まれていること、コラーゲンの質が他の食材よりも高いことが特徴であり、コラーゲンを摂取するのに非常に適している食材です。しかし、スッポンとコラーゲンは価格が高いものが多く、調理法があまり多くないことから、日々の食事に摂り入れることは容易ではありません。

スッポンやフカヒレはサプリメントから摂取する

直接食べることが難しいスッポンやフカヒレも、サプリメントや美容飲料などの素材として使われる場合は、コストも抑えて摂取することが可能になります。さらに、食材として摂取した場合よりも、サプリメントや美容飲料として摂取した方が身体に吸収されやすい加工がなされていることが多いため、身体の中によりコラーゲンが摂取されやすくなるというメリットがあります。

まとめ

コラーゲンは、鶏や豚といった肉類、魚の骨や皮など、私たちが日々口にしている食材からも摂取することができます。しかし、食材から摂取できるコラーゲン量では十分なコラーゲン摂取ができているとは言えないため、積極的なコラーゲン摂取のためにはコラーゲンサプリメントやドリンクといったものを日常生活にプラスすることもおすすめです。自分に合った無理のないコラーゲン摂取に努めていきましょう。