コラーゲンが美容や健康に欠かせない理由とは

私たちが健康を維持するためや肌など美容面を良い状態に保つために欠かすことのできない成分に「コラーゲン」を挙げることができます。それでは、なぜコラーゲンを欠かさないように努めなければならないのでしょうか。その理由のひとつには、コラーゲンが年を重ねるにつれて減少してしまうということが挙げられます。コラーゲンは健康・美容の両面で必要になってくるため、きちんと身体に摂り入れ続ける必要があるのです。

コラーゲンは細胞の壁となって、潤いを閉じ込める

冒頭で述べた通り、コラーゲンは私たち人間にとって欠かすことのできない成分のひとつです。コラーゲンの働きのひとつに、細胞と細胞を区切る壁の材料となり、肌の潤いを閉じ込め、肌の弾力やハリを保つという働きがあります。その他にも、手足の筋や軟骨もコラーゲンから成り立っているため、人間のたんぱく質の約3割はコラーゲンからできているということが分かっているのです。

コラーゲンを体内に摂り入れるためには、コラーゲンを含む食材を食事に取り入れるという手段が挙げられます。しかし、コラーゲンは細胞の生まれ変わりが行われる度にどんどんと使われてしまうため、一時的な摂取では足りず、定期的に摂り入れ続ける必要があります。もし、体内においてコラーゲンが足りなくなってしまうと、肌からハリが失われることはもちろん、関節の痛みなどといった健康面への影響も現れてきます。そのため、コラーゲン不足は美容・健康両面において大敵なのです。

30代をピークにコラーゲンは減少

コラーゲンを積極的に摂らなければならない理由として、年齢と共にコラーゲンが減少するということを述べました。それでは、コラーゲンは何歳頃から減少してくるのでしょうか。コラーゲンは、20代頃をピークとして減少するケースが多いと言われております。また、肌のコラーゲンに関しては、30代を境として減少する傾向にあります。

もちろん個人差はありますが、10代や20代と比べて、30代や40代から肌が変わってしまったと感じる人も多いのではないでしょうか。肌の変化の原因のひとつとして、コラーゲンの減少も挙がってきます。これは、肌の再生や新陳代謝を促す「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」の働きが衰えてしまうことが原因だと考えられています。線維芽細胞は、私たちの身体の中でコラーゲンやヒアルロン酸といった美容に欠かすことのできない成分を数多く生産しています。

子どもとは違い、大人になると身体を成長させる必要が無くなることから、この線維芽細胞の働きも徐々に弱まり、若い頃のようなハリや潤いに溢れた肌が保たれにくくなってしまいます。

食事やサプリメントなどで補っていくことが大切

年齢とともに減少していく体内のコラーゲン量を補うためには、コラーゲンが含まれた食事を積極的に取り入れることが大切になります。コラーゲンは、鶏の手羽先や軟骨に多く含まれるほか、骨から煮出したスープにも含まれていることが分かっています。また、魚の皮にもコラーゲンは豊富に含まれており、頭ごと煮た煮つけもコラーゲンの補給には良いとされています。そのほか、牛スジの煮込みやスネ肉の赤ワイン煮などもコラーゲンが豊富な食材として注目されています。

コラーゲン配合のサプリメントやドリンクも有効的

しかし、不足したコラーゲンをすべて食事から補うということは、正直難しいことです。そのため、もしコラーゲンを日常的に摂取することが困難な場合は、無理せずにコラーゲンやアミノ酸を含むサプリメントやドリンクを日常生活に取り入れることもおすすめです。肌の再生や新陳代謝を促すために必要な「繊維芽細胞」を活性化させるには、一度加熱などの処理を加え、身体に吸収されやすい状態にした「低分子コラーゲン」や「コラーゲンペプチド」が有効とされています。そのため、コラーゲンが加工されたサプリメントやドリンクの摂取が有効な手立てだとされるのです。

まとめ

コラーゲンは、私たちの美容や健康維持のために欠かすことができない成分です。しかし、年齢と共に私たちの体内のコラーゲン量は徐々に減少していき、30代頃を境に減少するケースが多くなります。そのため、積極的なコラーゲン補給が必要となり、食事などからコラーゲンを摂取する必要が出てきます。

コラーゲンの生産には、「繊維芽細胞」が重要な役割を果たしています。この細胞を活性化させるためには、コラーゲンサプリメントやドリンクに多く含まれる低分子コラーゲンやコラーゲンペプチドを摂取することで、更なる美容効果が期待できます。食事だけではなく、こういった補助食品を使うことも視野に入れつつ、コラーゲン不足に悩まされない体づくりに努めていきましょう。