コラーゲンが多く含まれる食べ物

私たちの身体にとって重要な役割を数多く持っている「コラーゲン」は、どのように摂取すれば良いでしょうか。一番手っ取り早い摂取方法は日々の食事に取り入れることですが、コラーゲンが多く含まれている食品をご存知ですか?コラーゲンは、ゼラチン質の食品に多く含まれているため、手羽先や軟骨、スッポンやフカヒレといった食材にはたくさんのコラーゲンが含まれています。そのため、これらの食材を日々の食事に取り入れることがコラーゲン摂取の近道と言えます。

ゼラチンはコラーゲンを抽出して固めたもの

「ゼラチン」は、私たちに身近なところだとお菓子や化粧品、薬のカプセルに使われています。ゼラチンがどのようにできているかと言うと、鶏や豚の皮や骨を煮込むことで抽出されたコラーゲンを固めて作られています。つまり、ゼラチンは「コラーゲンの塊」ですね。しかし、動物性のゼラチンは脂分が含まれている場合が多いため、カロリーが高くなりやすいという問題もあります。

ゼラチンアレルギーに要注意

動物性のゼラチンを過剰に摂取することは、アレルギーを引き起こす原因となることがあります。そのため、ゼラチンにコラーゲンが豊富に含まれているからといって、ゼラチンを多く摂取することはあまりおすすめできません。一方、日々の食事であればアレルギーにならない人が多いため、コラーゲンを摂取したい場合には、コラーゲンが多く含まれた食事を摂ることが健康にとって良いと言えます。

ゼラチン質の動物に多く含まれている

それでは、どのような食事を摂取すればコラーゲンがたくさん摂れるのでしょうか。コラーゲンは、ゼラチン質の皮膚や軟骨をたくさん持つ生物に多く含まれる傾向にあります。コラーゲン豊富な食材としては鶏の手羽先や軟骨、豚足や豚の耳などがよく知られていますが、あまり知られていないウナギの皮やスッポンの皮膚、フカヒレなどにも多く含まれているため、これらの食材も摂取するようにすると良いですね。

ウナギやスッポンのように、独特のぬめりで皮膚を保護している動物や魚はコラーゲンを豊富に含んでいる場合が多いのです。なぜなら、水分をコラーゲンで閉じ込めることによって自分たちの身体を守っているからです。独特のぬめりは苦手な方も多くいらっしゃるかもしれませんが、食べる際にはプルプルとした食感を楽しむことができるため、苦手意識なく食べることができるのではないでしょうか。

深海魚もコラーゲン豊富

前述した食材のほかにも、アンコウやキンメダイなどの深海魚もコラーゲンが豊富な食材として挙げることができます。これらの深海魚を頭ごと煮込んだ鍋や煮つけはコラーゲンが染み出るため、身体にもやさしく吸収されます。また、カレイやヒラメもコラーゲンが豊富です。コラーゲンが豊富に含まれているかを見極めるには、少し冷めた料理の煮汁がゼリー状になっているかを確認してみてください。ただの脂分であれば、冷えても白く固まるだけなので、この方法で違いを感じ取ることができますよ。

サメの軟骨や甲殻類の殻からもコラーゲンが取れる

コラーゲンの研究が進むにつれ、サメの軟骨やカニやエビなどの甲殻類の殻にも注目が集まり始めてきました。通常であれば、これらのものは不要な部分として捨てられがちでした、ある特殊な加工をすることでこれらの部位からも良質なコラーゲンを取ることができることが分かって来たのです。ただ捨てるだけでは勿体ないため、きちんと利用できて良いですよね。

しかし、サメ軟骨や甲殻類の殻を原料としたゼラチンはなかなか市販されません。なぜなら、動物性のゼラチンの方が圧倒的に安くて生産しやすいからです。そのため、こういったゼラチンは一部のサプリメントなどに含まれるに留まっています。あまりゼラチンほど濃くない状態のものでも良ければ、「マリンコラーゲン」や「コラーゲンボール」といった商品で市販もされています。中には鍋などに入れて食事を楽しむことができるものもあるため、ゼラチンよりも気軽に生活にとり入れることができます。

まとめ

ゼラチンはコラーゲンの塊ですが、多量摂取はアレルギーリスクを高める恐れがあり、直接日々の食事からコラーゲンを摂取する方法をおすすめします。コラーゲンは、ゼラチン質の動物や魚などに特に多く含まれているため、積極的に食べることを心がけてみてください。また、ゼラチンよりも気軽に摂取することのできるコラーゲンボールと呼ばれる食品も販売されているため、鍋などに入れ、気軽にコラーゲンを摂取してみることもおすすめですよ。