美肌効果のあるコラーゲンとは

みなさんは「コラーゲン」と聞くとどのような働きを思い浮かべるでしょうか?コラーゲン配合の化粧品などが数多く販売されているため、美容に良い働きを持っているということはご存知な方が多いのではないかと思います。しかし、コラーゲンには美容に良い作用だけではなく、骨や靭帯といった私たちにとって非常に重要な部位にも使われている成分なのです。

人体のたんぱく質の約3割がコラーゲンでできている

そもそも「コラーゲン」とはどのようなものなのでしょうか。コラーゲンはたんぱく質の一種で、細胞と細胞とを区切る壁となって「水分や栄養を保つ」という働きを持っています。また、コラーゲンには非常に高い弾力性があることも有名で、関節の間に入っている軟骨やアキレス腱をはじめとする靭帯を構成する役割もあります。

そんなコラーゲンは、私たちの身体のたんぱく質のうち、約3割を占めていると言われています。そのため、コラーゲンが不足してしまうと「肌の潤いや弾力が失われる」といった美容面におけるマイナス影響だけではなく、関節の痛みや運動能力の低下などといった健康面に関する悪影響も出てしまうのです。このような状況にならないために、私たち人間はコラーゲンを直接摂取することや、体内でコラーゲンを生成するために必要な材料となる食べ物を食事に取り入れることで、コラーゲンを作り出し、コラーゲン不足とならないようにしています。

コラーゲンは、皮膚や骨にも含まれているため、私たちの外見はもちろん、内側からも健康を支えてくれる非常に重要な栄養素の一つと言うことができるのです。

コラーゲンが多く含まれる食べ物とコラーゲンの効果

コラーゲン不足は私たちの身体にマイナスの影響をたくさん与えます。それでは、どのような食材にコラーゲンはたくさん含まれているのでしょうか。

コラーゲンを多く含む食材としては、鶏の皮や豚足などが有名な食材として挙げられます。また、お菓子などで頻繁に使用されるゼラチンは、動物の皮や軟骨を煮込んでコラーゲンを変質させたものなので、まさに「コラーゲンの塊」と言うことができます。これらの食材の他にも、高級食材として知られるフカヒレやスッポンもコラーゲンが豊富で美容に良い食材としてよく知られています。

コラーゲンの摂取が美容に効果が無いという意見もあり

しかし、コラーゲンを研究する方々の中には、コラーゲンを摂取しても美容に良い効果は無いという意見を持っている方も居ます。その理由は、コラーゲンは体内に入るとアミノ酸に分解されてしまい、コラーゲンでは無くなってしまうためです。しかし、コラーゲンが分解されてできるアミノ酸は、コラーゲン生成に必要な栄養素なので、コラーゲンを摂取することは間接的には美容に効果があると言えます。

また、通常のコラーゲンに比べて分子量の小さい「低分子コラーゲン」はアミノ酸に分解されないという研究結果も出て来ています。そのため、美容のためにコラーゲンを摂取するということは大切であるという考えも増えて来ています。

詳しくは「コラーゲンに美肌効果はあるか」へ

年齢と共にコラーゲン生産量は減少していく

コラーゲンに関する研究が進む中で、私たち人間は年齢を重ねるにつれて、体内で生成することのできるコラーゲンの量が減少してしまうということが明らかになって来ました。そのため、赤ちゃんや子供たちのような若い頃の肌の潤いや弾力を保ち続けるためには、積極的なコラーゲンの摂取が重要となって来るのです。

また、前述したとおり、コラーゲンは健康面においても非常に重要な役割を持っています。いつまでも元気で健康的な毎日を過ごすためには、膝などの関節も健康である必要があり、それらの部位を構成するために必要なものがコラーゲンなのです。美容はもちろん、健康のためにも体内がコラーゲン不足の状態とならないよう、コラーゲンの摂取に努めるようにしましょうね。

まとめ

「コラーゲン」は、私たち人間にとってなくてはならない重要な栄養素のひとつです。よく知られている美容面で大きな役割を果たすだけでなく、骨や関節といった健康面にも影響を与えます。そのため、コラーゲン不足は私たちの美容・健康の両面に悪い影響を与えてしまうのです。

コラーゲンは体内で生成することもできますが、年齢と共に体内でのコラーゲン生産量が減少していくことも明らかになって来ています。そのため、コラーゲン不足に陥らないためには、身体に吸収されやすい低分子化コラーゲンやコラーゲンの元になるアミノ酸を含むコラーゲンサプリメントやドリンクなどを日常生活にプラスすることが重要となってきます。