変性コラーゲンと非変性コラーゲンのちがい

コラーゲンは、アミノ酸がらせん状に絡み合ってできた「アミノ酸の集合体」です。アミノ酸は、美容の増進や免疫力の向上など、私たちの身体に多くの良い働きをしてくれます。しかし、コラーゲンサプリメントやドリンクなどの商品に加工する際のコラーゲンの抽出方法によっては、アミノ酸がバラバラになってしまうことがあります。

変性コラーゲンとは

コラーゲンの抽出時にアミノ酸の集合体がバラバラになってしまう原因は、コラーゲンの性質にあります。実は、コラーゲンに熱を加えることで、アミノ酸が分かれます。このようなコラーゲンのことを、「変性コラーゲン」と言います。変性コラーゲンは、構造がバラバラとなっているため、体内ではコラーゲンとして認識されることなく、分解されます。そのため、せっかくのコラーゲンの良い効能は全く作用することなく、体外へと出てしまうということになります。

変性コラーゲンに分類されるコラーゲンには、通常の食事などで摂るコラーゲンが含まれています。そのため、食事から取り入れたコラーゲンの恩恵を受けることは厳しいと言えます。

しかし、分子を小さくしてペプチド化した「コラーゲンペプチド」は、体内でもコラーゲンとみなされるようです。コラーゲンペプチドであれば、きちんと血中に取り込まれ、髪や骨などの細胞まで届くことが最近の研究により分かってきました。コラーゲンペプチドに関する研究はかなり進んできていており、肌状態の改善や皮膚の保湿性改善に関する論文も数多く発表されています。

コラーゲンペプチド経口摂取(2.5g/日)によるヒト肌の改善に関する論文

コラーゲンペプチドによる皮膚のバリア機能及び保湿性改善に関する論文

非変性コラーゲンとは

変性コラーゲンと相反して、アミノ酸の集合体が保たれているものを「非変性コラーゲン」と言います。非変性コラーゲンは、身体の中に取り入れてもアミノ酸が残ったままであるため、身体にとって良い影響を与えることができます。このように、コラーゲンには様々な種類があり、各コラーゲンの役割が異なっています。たとえば、Ⅰ型は骨や皮膚をつくり、弾力を持たせる働きを持っています。Ⅳ型は臓器に含まれるコラーゲンです。

Ⅱ型コラーゲンは、関節・軟骨で軟骨の主成分として存在するもので、非変性Ⅱ型コラーゲンはそれと同じようなコラーゲンと言えます。みなさんは、関節痛を緩和するサプリメントと言えば、何を思い浮かべますか?テレビなどで耳にすることも多い「グルコサミン」や「コンドロイチン」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、関節や軟骨に含まれるコラーゲンの大部分はⅡ型コラーゲンに分類されるため、実は今では関節痛のサプリメントには非変性Ⅱ型コラーゲンが使われているものが多くなっています。

コラーゲンの構造や安全性と機能性については厚労省のページにも詳しく書かれていますので、そちらを見てもらうとよく理解が深まるはずです。

コラーゲンの安全性と機能性

まとめ

コラーゲンには様々な種類があり、変性コラーゲンと非変性コラーゲンでは身体の中に取り入れた際の影響も異なることが分かっていただけたかと思います。これからは積極的に非変性コラーゲンを取り入れるようにしたいですね。食事から摂取することのできるコラーゲンは変性コラーゲンが多いため、食事だけでは美容や健康に必要なコラーゲンの量を確保することが難しいです。そのため、非変性コラーゲンが含まれているコラーゲンサプリメントやドリンクによって、身体にとって必要なコラーゲンを補うようにしましょう。