白髪、抜け毛、薄毛!コラーゲンは髪の毛の悩みを解消するか

女性にとっての髪の毛は、「女性の命」と表現されることもあるほど、非常に重要なものです。髪の毛の綺麗な女性を見ると「素敵だな」と感じる方も多いのではないでしょうか。そんな髪の毛を美しく保つためには、外側からのケアはもちろん、内側からのケアも大切になります。その内側からのケアに必要となるものが、コラーゲンです。実は、コラーゲンは髪の毛を作るのに必要な栄養素の一つです。そのため、コラーゲンが不足すると、髪の毛の代謝にも大きく影響し、抜け毛や薄毛が進行してしまうことがあります。

コラーゲンは不足しがちな栄養素

髪の毛にとって重要な成分であるコラーゲンですが、実は普段から不足しがちな栄養素です。コラーゲン不足に陥ってしまう原因は、コラーゲンが身体中の様々な部分で使われてしまうからです。髪の毛はもちろん、骨や軟骨、血管や内臓に至るまでコラーゲンが存在しています。そのため、身体のタンパク質のうち約30%がコラーゲンとも言われています。

身体中で使われるコラーゲンの効果を髪の毛にまで及ばせるためには、それだけ多くのコラーゲンを摂取する必要があると言えます。髪の毛は優先順位としてはあまり高くないため、積極的なコラーゲン摂取が求められます。私たちはコラーゲンを体内で作ることもできますが、それだけではコラーゲンは全く足りません。また、コラーゲンの生成には、アミノ酸やビタミンといった成分も必要となるため、きちんと体内で作られるようにするためには、栄養バランスの良い食事も必要となります。したがって、ダイエットのために食事制限などを行っている際は、特に注意するようにしましょう。

アミノ酸とビタミンCも同時摂取すること!

コラーゲンを体内で作るために必要なものにアミノ酸やビタミンを挙げましたが、日常の食生活からたくさん得ることはなかなか難しいと思います。そこで、最初からコラーゲンを多く含む食材を積極的に摂取することはいかがでしょうか?コラーゲンに纏わる食材といえば、みなさんもご存知のフカヒレやすっぽんなどが有名ですね。中でも、すっぽんはコラーゲンを摂ることができるだけでなく、アミノ酸なども豊富に含んでいるため、一石二鳥の役割を持っていると言えます。そのため、コラーゲン不足のときには、すっぽん料理がオススメです。

コラーゲンを食べても意味がない?

以前は、食べ物に含まれているコラーゲンを摂取しても意味が無いと言われてきました。なぜなら、コラーゲンを含む食材を体内に摂り入れたとしても、たんぱく質分解酵素の影響でアミノ酸に分解されてしまうとされてきたためです。せっかくコラーゲンを摂取しても、体内でアミノ酸に分解されてしまっては元も子もありません。しかし、最近の研究では「コラーゲンペプチドであれば効果がある」という説が有力なものとなってきたため、コラーゲンに関する考え方が変わって来ました。

コラーゲンペプチドとは、酵素などの働きによって、通常のコラーゲンよりも分子量が小さく、低分子化されたコラーゲンのことです。コラーゲンペプチドであれば、たとえ体内に入ったとしてもアミノ酸に分解されず、骨や関節、皮膚に運ばれることが研究により明らかになってきました。コラーゲンペプチドに関する研究はかなり進んできており、肌状態の改善や皮膚の保湿性が改善するという結果が論文によっても発表されています。

コラーゲンペプチド経口摂取(2.5g/日)によるヒト肌の改善に関する論文

コラーゲンペプチドによる皮膚のバリア機能及び保湿性改善に関する論文

まとめ

髪の毛の代謝を上げるために必要なコラーゲン。綺麗な髪の毛を保つためには、コラーゲンとは切っても切れない関係と言うことができます。そんなコラーゲンの恩恵を髪の毛にまで与えるためには、コラーゲンの中でもコラーゲンペプチドが必要であることが分かっていただけたかと思います。このコラーゲンペプチドは、残念ながら食材からでは摂取することができません。コラーゲンサプリメントやコラーゲンドリンクの摂取により、コラーゲンペプチドを体内に摂り入れるようにしましょう。