意外な事実!クラゲはコラーゲンたっぷりな食べ物?

水族館でたくさんの種類が展示されており、見ているだけで癒されるということで注目されている「クラゲ」。そのクラゲの体のうち、95~97%ほどが水分であることをみなさんはご存知ですか?そのように大量な水分から作り上げられているクラゲの体を維持するために重要な役割を果たしているのが、実はコラーゲンなのです。近年、コラーゲンは美容に良いと注目されているため、クラゲのコラーゲンを活かした食品やサプリメントも開発され、発売されてきています。

クラゲの水分はコラーゲンで保たれている

前述のとおり、クラゲの体のほとんどは水分からできています。では、残りは何でできているのでしょうか。残りの1~2%は、コラーゲンが占めています。クラゲと言えば、綺麗に透き通った姿が有名で、その姿に魅了される方も多くいらっしゃると思いますが、その体を維持するためにコラーゲンが重要な役割を果たしているのです。

クラゲの体にはコラーゲンが含まれているため、クラゲを食べることでコラーゲンを摂取することができます。また、クラゲの体はほとんど水分ということで、カロリーも低くなっています。そのため、ダイエット中の方など、カロリーを気にする方にとっては朗報ではないでしょうか。クラゲは、低カロリーで良質なコラーゲンを摂取できるということから、食材としてのみならず、コラーゲンサプリメントの材料としても注目されています。

しかし、クラゲであれば何でも食べられるということではなく、毒を持っているクラゲなども存在しているため、食用として食べることのできるクラゲは一部の種類に限ります。さらに、外国に比べて、日本ではまだあまりクラゲを食べる習慣がない上に、コラーゲンサプリの原料として安定して利用する方法が少ないことから、コスト面での課題も残っています。

中華クラゲでもコラーゲンが摂れる

クラゲの成分を元にして使ったコラーゲンサプリメントはまだまだ知名度が低く、研究や改善が重ねられている段階です。そのため、私たちにとってより身近なクラゲとしては、中華食材としてのクラゲであると言えるでしょう。中華クラゲは、中華料理屋はもちろん、スーパーのお惣菜としても売られているため、気軽に食べることができます。

クラゲのあの独特なコリコリとした食感の秘密は、実はコラーゲンにあります。コリコリとしたクラゲを食べるたびに、コラーゲンを摂取しているんだな、と感じてみてはいかがでしょうか。また、主な成分が水分であることからも分かる通り、クラゲを食べるときはあまりカロリーを気にしなくて良いという点も魅力だと言えますね。

しかし、コラーゲンを毎日摂取するためとはいえ、毎日クラゲばかりを食べていては飽きが来てしまいます。そのため、毎日必要なコラーゲンを身体に摂りいれるためには、コラーゲンサプリメントの摂取がおすすめです。そして、ときどきクラゲからもコラーゲンを摂取して、常にコラーゲン不足にならないような環境作りに努めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

水族館で人気のクラゲは、たくさんの水分と、その水分を保つためのコラーゲンから成り立っているため、コラーゲンを摂るための材料として注目され始めています。しかし、クラゲのコラーゲンを使ったサプリメントはまだ知名度が低く、活用も始まったばかりです。食材としても、日本では中華クラゲなどとしてしか食べられるものが無いため、安定してコラーゲンを摂取するためには、安全性が確認されているコラーゲンサプリの方が毎日続けるのには向いていると言えます。ぜひ、コラーゲンを摂取したい方は、中華クラゲはもちろん、コラーゲンサプリの積極的な摂取に努めてみてください。