コラーゲンは高カロリー?コラーゲンはカロリーが高く太る原因になるか

ダイエットをしている人はもちろん、女性であればカロリーを気にされている方が多くいらっしゃるかと思います。美容や美肌に良いことで有名な成分である「コラーゲン」を摂り入れようと考えたときも、やはりカロリーが気になりますよね。時々、「コラーゲンを摂取すると太る」といった記事などを目にすることもありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

コラーゲンのカロリーはそれほど高くない

コラーゲンはたんぱく質の一種であり、アミノ酸で構成されています。そのため、カロリーはさほど高くはなく、コラーゲンで太るという記事などは、ほとんどの場合が誤りだと言うことができます。具体的な数値で表すと、コラーゲンのカロリーは1gあたり4キロカロリー程度と言われています。そのため、それほどカロリーは高くないことがわかります。では、実際のカロリーはそんなに高くないにも関わらず、コラーゲンのカロリーが多いと言われる原因は何なのでしょうか?

「コラーゲン=太る」というイメージは、コラーゲンの抽出元が鶏の皮など、主に脂肪がよく蓄えられた部分から抽出されることが多いことが原因だと考えられます。しかし、コラーゲン自体は脂肪分と全く関係が無いため、強く意識する必要はありません。そのため、コラーゲンを摂ると太る、というのは全くの誤解なのです。

コラーゲンを食事で摂ると高カロリーになることも

コラーゲンの摂取が太ることには繋がらないということは分かっていただけたかと思いますが、注意しなければならないケースもあります。それは、コラーゲンを食事から摂取しようとするケースです。コラーゲンを摂取することのできる身近な食材は、残念ながら脂肪分もたくさん付いている食べ物が多い傾向にあります。

塩分にも要注意

コラーゲンを食事から摂取する場合、カロリー以外にも気を付けなければならないポイントがあります。それは、「塩分」です。たとえば、コラーゲン鍋を作ったとしましょう。鍋の〆としておじやを作るとすると、スープまで残さずに飲む方が多くいらっしゃるかと思います。スープには多くの塩分が含まれているため、鍋にする時点で塩分量を控えておかなければ、塩分過多になってしまいます。

塩分をとりすぎると身体がむくみやすくなり、太ったように感じることがあります。身体がむくむことによって体重が増えることもあるため、カロリーだけではなく、塩分も一緒に気を付けていきましょう。

サプリメントやドリンクの活用も効果的

食事によるコラーゲン摂取のカロリーや塩分が怖いという方には、コラーゲンサプリメントやドリンクをおすすめします。サプリメントやドリンクであれば、気軽にコラーゲンを摂取することができる上に、食事で問題とされていたカロリーや塩分に関する心配事も解消されます。日常生活にプラスするだけで良いので、簡単に始められること間違いありません。

まとめ

コラーゲンは、コラーゲンが含まれている食材からも太るのではないかと連想される方が多いです。実際にはそれほどカロリーは高くはありませんが、食材からのコラーゲン摂取には様々な注意点があり、気にしながら摂取することはストレスの原因となってしまう可能性があります。そのため、ストレスなく、気軽にコラーゲンを摂取したい方には、コラーゲンサプリメントやドリンクの摂取をおすすめします。

サプリメントやドリンクの中には、1日に必要なコラーゲンを簡単に摂取できるものや、コラーゲンと一緒にほかの美容成分を摂取することのできる商品も発売されています。生活スタイルに応じて、自分に合ったコラーゲンサプリメント、ドリンクを探してみてはいかがでしょうか?