薄毛の救世主?コラーゲンには育毛を促す力があるか

コラーゲンが持っている働きとして有名なものは、私たちの肌を美肌にしてくれるというものです。これは、コラーゲンが皮膚の潤いを保つという効果がもとになっていることが理由であり、コラーゲンは肌の生まれ変わりを手伝うために重要な役割を果たしています。

年齢を重ねるとともに、髪の毛に関する悩みをお持ちの方も増えてくるかと思います。男性だけではなく、女性もホルモンバランスなどが原因となり、だんだんと薄毛になってくるものです。しかし、薄毛は必ずしもホルモンバランスだけが影響しているわけではなく、頭皮の環境の悪化で起こることも多いのです。そのため、コラーゲンの持つ肌の生まれ変わり成分が、実は育毛に効果的だと言われているのです。

コラーゲンによる頭皮環境の改善が育毛効果に繋がる

私たちの頭皮や髪の毛は、常に外部と接触しています。そのため、紫外線などの外部からのストレスにも常時晒されている状態であり、頭皮や髪の毛が自分の身を守ろうとするがゆえに、通常よりも過剰に皮脂を分泌したりします。しかし、自分たちの保護のために行った皮脂が原因で、皮膚が炎症しやすくなることもあります。そのため、まずはしっかりとした頭皮ケアを始めてみましょう。皮脂をきちんと除去するだけでも、薄毛予防に繋がります。

薄毛予防ができたところで、次に育毛に取り掛かることにしましょう。薄毛を予防しただけでは、ボリュームの少ない髪の毛のままとなってしまいます。育毛のためには、きちんと栄養を摂ることが重要です。特に、コラーゲンが不足していると、頭皮の新陳代謝が悪くなり、育毛はもちろん、薄毛の進行にも拍車がかかってしまいます。

いつまでも美しい髪の毛を維持するためにも、日常生活にコラーゲンをプラスするという簡単な育毛生活を始めてみると良いのではないでしょうか?

頭皮のコラーゲン減少が育毛を妨げる

「薄毛の原因は、頭皮のコラーゲンが減少していることである」という結果が出た研究結果があります。これは、頭皮でコラーゲンを分解する酵素が働いて、髪の毛の元となる毛包を攻撃してしまうことが原因であると言えます。毛包のコラーゲンが酵素で分解されてしまうと、フケなどの老廃物となって排出され、頭皮から毛根自体が無くなってしまうのです。コラーゲンを分解する酵素は、年齢を重ねるにつれて増えることが分かっています。このことが原因で、歳を取るにつれて髪の毛の太さが補足なり、だんだんと薄くなってしまうのです。

若い頃であればコラーゲンをきちんと体内で作り出すことができるのですが、残念なことに、年齢を経るにつれてその量が減ってきてしまいます。そのため、薄毛が進行しないうちから育毛を強く意識し、コラーゲンを摂取することで薄毛予防効果を狙うのも一つの方法なのです。

まとめ

美肌などの効果で有名なコラーゲンには、薄毛を予防し、育毛を促す効果もあります。コラーゲンが頭皮の環境の良化させてくれて、髪の毛が育ちやすい環境を整えてくれるからです。そのため、いつまでも綺麗な髪の毛を保つためにも、早め早めのコラーゲン摂取をおすすめします。

体内におけるコラーゲン生産量は年齢を重ねるにつれて減っていってしまうため、食事からの摂取はもちろん、コラーゲンサプリメントやドリンクなどを上手く活用して、無理のないコラーゲン摂取と薄毛予防・育毛促進に努めていきましょう。