コラーゲンとヒアルロン酸はどちらが肌に良い?

女性であれば誰しも目指す「美しい肌」。そんな美肌を作る上で有名な成分はたくさんありますが、中でも有名なものは「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」ではないでしょうか。コラーゲンはサプリメントやドリンクなどをよく目にし、ヒアルロン酸は美容注射などに使われているものを目にするのではないでしょうか。ここでは、美肌に重要なこれらの成分について考えてみたいと思います。

コラーゲンもヒアルロン酸も重要

まずは、コラーゲンとヒアルロン酸の肌での役割からご説明します。コラーゲンは、皮膚の中でも真皮と呼ばれる層に多く、網目状の構造を作ってハリを保つ役割を果たしています。一方でヒアルロン酸は、コラーゲンの網目の中を埋めて、皮膚のうるおいを守る役割を担っているのです。そのため、どちらか一方が不足してしまうと肌のバランスが乱れてしまい、女性の大敵である乾燥肌やシワといった肌トラブルに繋がってしまいます。したがって、みなさんが理想とするであろう「ハリのある、もちもちとした肌」を作り出すには、コラーゲンとヒアルロン酸がお互いの機能で支え合うことが大切なのです。

ヒアルロン酸は軟骨成分にも含まれている

肌にとって重要な役割を持つヒアルロン酸ですが、実はヒアルロン酸は軟骨成分にも含まれています。私たちの身体にはたくさんの関節や骨がありますが、それらが何不自由なく柔軟な動きをするためには、このヒアルロン酸が非常に大切なのです。肌のためだけではなく、私たちの身体の至る所でヒアルロン酸は大活躍しています。

ヒアルロン酸よりもコラーゲンの方が摂りづらい

コラーゲンとヒアルロン酸はどちらも皮膚のうるおいを守るために重要だという共通の役割を持っていますが、違いもあります。それは、ヒアルロン酸に比べて、コラーゲンは外部から補給することが難しいという点が挙げられます。この理由は、ヒアルロン酸よりもコラーゲンの分子構造が大きく、皮膚に浸透しないことです。現在では、低分子化されて浸透力を上げたコラーゲンもありますが、その効果は限定的です。そのため、コラーゲンは高分子のまま使われており、肌表面の保湿効果を高めるために使われることが多くなっています。

ヒアルロン酸を外部から摂取するマイナスポイント

一方で、美容注射でよく用いられていることからも分かる通り、ヒアルロン酸には外部からも摂取できるメリットがあります。ただし、ヒアルロン酸の美容注射は非常に高額なため、美しい肌を手に入れるにはかなり多くのお金がかかってしまいます。コラーゲンと同様、ヒアルロン酸を外部から補給することにもマイナスポイントがあることは心に留めておいてくださいね。

コラーゲンに関しては、美容注射が用意されていないことから、積極的に食材から摂取する必要があります。しかし、食材からだけではなかなか必要量のコラーゲンに達することが難しく、不足状態が続いてしまうため、身体に吸収しやすいコラーゲンサプリメントやドリンクの活用も検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

コラーゲンとヒアルロン酸は、どちらも肌のうるおいやハリのために非常に重要な成分です。そのため、どちらも不足が許されない状態となっており、積極的な摂取が必要となります。

ヒアルロン酸は美容注射など外から補給することが出来ますが、コラーゲンの補給は困難です。食事による摂取や、サプリメント・ドリンクを日常生活に取り入れることにより、よりよい肌になるように努めてみてはいかがでしょうか。