コラーゲンが減少すると、ほうれい線が深くなる理由

女性の美しい顔を台無しにしてしまう「ほうれい線」。若い頃はほうれい線を気にすることが無かった人も、年齢とともに気になるようになってきたという人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。ほうれい線ができてしまう原因には、肌のハリが失われることが挙げられます。年齢とともに肌のコラーゲンやエラスチンが減少することで、肌からハリが失われてしまいます。将来、ほうれい線で悩むことを防ぐためにも、若いときから始める早めの予防が重要になってくるのです。

コラーゲンの減少がほうれい線の原因の一つ

既にご存知かもしれませんが、コラーゲンは肌の潤いやハリを保つために非常に重要な成分です。そのため、肌にとってのコラーゲン不足は死活問題となります。肌からコラーゲンが失われると、ハリが失われるため、皮膚がたるみます。そして、顔に凹凸ができてしまい、ほうれい線やシワに繋がります。コラーゲン不足にならないような生活リズムを心がけなければなりませんね。

ほうれい線と年齢は無関係

また、ほうれい線は年を取ってから気にすれば良いというものではありません。コラーゲンは、年齢だけではなく、無理なダイエットや紫外線の影響で減少することもあります。そのため、若いからと言って安心していてはいけません。無理なダイエットでは、栄養不足により、通常であれば食事から摂取することのできるコラーゲンの量が減ってしまいます。一方の紫外線では、肌が浴びてしまうと「光老化」という現象が起こり、皮膚のコラーゲン量が減ってしまいます。ほうれい線だけではなく、シワの原因となることもあるため、冬場や天気が悪い日でも紫外線対策は欠かさないようにしましょう。

このように、ほうれい線の原因は年齢だけではないので、年齢問わず気を付けるようにしましょう。

一度出てしまったほうれい線は、治すのに時間がかかります。そのため、ほうれい線が出ないように日頃から注意をしましょう。また、もし出てしまった場合は、早めに対処することが重要ですよ。

ほうれい線を防ぐためのコラーゲン摂取

前述より、ほうれい線を防ぐためにはコラーゲンの摂取が大切であることがお分かりいただけたかと思います。それでは、どのようにコラーゲンを摂取していけば良いのでしょうか。コラーゲンは、日常の食事からも摂取することが可能です。しかし、摂取できる量には限りがあり、年齢が上がるにつれて、食事だけではコラーゲンが不足してしまいます。

そこで、みなさまにおすすめしたい摂取方法が、コラーゲンサプリです。コラーゲンサプリであれば、毎日摂り続けるだけで、簡単にコラーゲン不足を解消してくれます。もし、食事からもコラーゲンが摂取でき、過剰摂取となってしまった場合であっても、余ったコラーゲンは身体の外に排出されるだけなので、特に問題はありません。ぜひ、気軽にコラーゲンサプリの摂取を始めてみてください。

まとめ

ほうれい線は、肌のコラーゲン不足によって肌のハリが失われることが原因で生まれやすくなります。これは、シワの原因とも共通しています。また、ほうれい線はできる年齢が決まっているわけではなく、年齢に関係なく起こることがあるため、若いときからしっかりと予防する必要があります。

ほうれい線が作り出されることを避けたい方は、まずは紫外線を浴びない生活をし、極端な食事制限などをやめることから始めましょう。更に、身体から不足したコラーゲンをサプリで毎日摂り続けることで、ほうれい線の予防・改善が見込まれます。飲み慣れるまでは大変かもしれませんが、コラーゲンサプリを飲むことを習慣として続けることが大切なのです。