胸を大きくするマッサージは?自宅でもできるオススメの簡単バストアップ方法3選

女性らしい豊満なバスト、それは世の女性の憧れではないでしょうか。バストは女性らしさの象徴でもありますので、ぺたんこな胸よりはそれなりのサイズが欲しいと考える女性も多いはず。

そんな時に気になるのがバストアップ対策ですよね。豊胸手術のような大がかりな手段ではなく、自宅でも簡単に実践できるバストアップ対策でも十分に効果が期待できますよ。今日からすぐにトライできる手軽な方法ばかりなので、女性らしい体を手に入れたい!という人はぜひチェックしてみてください。

バストアップ方法その1 マッサージで乳腺を刺激

バストアップのためには乳腺を刺激することが大切です。

そもそもバストとは、乳腺とその周りにつく脂肪によって形成されています。乳腺は女性ホルモンの影響だけでなく、適度な外部刺激によっても発達が促されることがわかっています。乳腺と脂肪組織のバランスはほぼ一定に保たれるため、乳腺が発達すれば周囲の脂肪も自然と増加する。すなわち、それがそのままバストアップに直結するのです。

乳腺マッサージがバストアップに効果的だといわれるのはこのためです。ただし、乳腺はとても繊細な組織であり、無理やりマッサージをするとかえって傷つけてしまうことも。適切な方法でマッサージを実施することで効果を高めることができますよ。

気になる乳腺のマッサージ方法は?

おすすめのマッサージ方法を2つご紹介していきます。

1つ目は、片手でクロスするようにマッサージする方法です。

まず左手を右の脇の下に当てましょう。そして右のバストの下を通るようにして、谷間まで撫で上げるようにします。最後に左のデコルテ部分まで滑らせてフィニッシュ。逆側も同じように行いましょう。

2つ目の方法は両手でマッサージしていくものです。

まず左手を右の乳房の下に、右手を胸の上に置きます。続いて左手を右の脇の方へ円を描くように、右手は谷間の方に向かって優しく撫でるようにマッサージしていきます。逆側も同様に、優しく円をイメージしながら実施していきましょう。

それぞれのマッサージを毎日左右10回程度行うのがオススメ。決して無理はせず、優しくなでるように実施するのがポイントです。マッサージ後にストレッチを兼ねて伸びをすると、血流が良くなり効果を高めることができます。

バストアップ方法その2 簡単エクササイズで胸筋を鍛える

胸の脂肪を支えている筋肉「大胸筋」を鍛えるエクササイズもバストアップに有効です。

手軽なエクササイズ方法として、「合掌のポーズ」を取りいれてみましょう。まず胸の前で手のひら同士を合わせましょう。その際、肘が地面と水平になるように意識します。ポーズを取ったらお互いの手のひら押し合うようにグッと力を入れます。この時に姿勢が丸く崩れやすいので、背筋を伸ばした状態をキープするのがポイント。

その状態を10秒程度維持します。姿勢を正しく整え、ゆっくりと息を吐きながら行うよう意識してみましょう。

回数の目安は10秒を1回として、まずは毎日10回程度を目指して実施していきます。慣れてきたら、10回を1セットとして、朝晩1セットずつの合計2セット実施してみましょう。

タオルを使ったバストアップ方法もあります。

まずフェイスタオルの端を両手で掴みます。その際に肩幅よりも広くなるよう掴むのがポイント。その状態で、両手をまっすぐ上に伸ばしバンザイのような姿勢を取ります。

次にタオルが頭の後ろを通るように、息を吐きながら肘を下げていきます。ゆっくりと下げていき、今度は息を吸いながらタオルを上に上げて元の姿勢にもどします。肘を下げる際に左右の肩甲骨が近付いてくるようなイメージを持つとストレッチ効果が高まりますよ。

凝り固まりやすい肩甲骨周囲の筋肉がやわらかくなることで血行が良くなり、乳腺への血流が増えてバストアップが期待ができます。

バストアップ方法その3 豆乳を飲んで栄養素を補う

バストアップには効果的な栄養素をしっかりと摂りいれることも大切です。豆乳は大豆イソフラボンを含んでおり、この成分は女性ホルモンのひとつでもあるエストロゲンと近い働きをする特徴を持っています。

エストロゲンには乳腺を発達させる働きがあり、胸の脂肪量の増加を促しやすくなることでバストアップ効果が期待できます。

大豆イソフラボンの1日の摂取量目安は70~75㎎とされています。豆乳の商品によって大豆イソフラボンの含有量が異なりますが、コップ一杯程度を毎日意識して飲むようにしてみましょう。納豆や豆腐などの大豆製品も合わせて食事に取りいれるのもバストアップには有効です。

ただし、大豆イソフラボンは多量に摂取すると逆効果になることもありますので、サプリメントを飲みすぎるような過剰摂取は避けましょう。

まとめ

自宅で手軽に取り組めるバストアップ方法を3つご紹介しました。どれも無理なく続けられる簡単なものばかりですので、ぜひ継続して取り組んでみてくださいね。

ただし、焦りや無理は禁物です。早く胸を大きくしたいからと無理をすると逆効果になってしまうことも。適切な方法で実施することが一番の近道だということを理解しておきましょう。

そしてもう一つ注意したいのが、バストアップには根気が必要だということ。これらの方法を実践したからといってすぐに変化が起こることはありません。継続してこそ変化に期待ができますから、毎日の習慣として気長に続けることが大切です。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」(外部サイト)