正しい姿勢でバストアップ効果!猫背が胸が大きくならない原因だった?

ウェストがキュッと引き締まって、全体的にスリムなのに胸が大きいメリハリのある身体は、男性だけでなく女性の目から見ても憧れますよね。

「胸が大きいだけでなく、形もキレイでないと」「体重はそのままで、バストアップしたい」など、女性の悩みは尽きませんが、普段の生活の中で、正しい姿勢を意識するだけで、バストアップやダイエットが期待できます。

胸が大きくならない原因は猫背?

悪い姿勢といえば「猫背」を思い浮かべる人も多いと思います。猫のように丸まった猫背を続けていくうちに、癖になってしまうと、骨盤が歪み、背筋だけでなく、胸を支える大事な役割を担う大胸筋の筋力まで徐々に衰えていってしまいます。

猫背にもう一つの悪い姿勢である「反り腰」が加わってしまうと、腰が前に反りお尻が後ろに突き出てしまい、実際の体形より太って見えてしまいます。

悪い姿勢でいるとバストに流れるはずのリンパや血液のめぐりが悪くなり、胸が冷たく小さくなってしまう可能性があります。

姿勢が悪いとバストアップしづらいというのはあながち間違いではないと言えます。バストアップの第一歩として、悪い姿勢を正しくすることを意識してみましょう。

立つときも座るときも正しい姿勢を意識!

電車の中で立っている時、片足に体重をかけてしまう。座っていても足を組んでしまうなど、つい習慣になっていることはありませんか。

バストアップに効果的な正しく美しい姿勢は、立った時横から見て、耳・肩・骨盤・踝が一直線上に並んでいる状態です。頭のてっぺんを空中に一本のワイヤーでピンっと引っ張られているように意識して、おへその下の丹田(たんでん)と呼ばれる部分にグッと力を入れて立ってみてください。背中がぐっと伸びている感じになるはずです。

座っている時の正しい姿勢は、椅子の上で骨盤をグイっと立てて、横から見て、耳・肩・腿の付け根が一直線に並んでいる状態です。

そうは言っても、いきなり常時美しい姿勢をキープするのって大変ですよね。ですが、できる範囲で毎日続けていくうちに、いつの間にか自然と正しい姿勢が身に付いているはずです。明日の美胸を目指して、今日も正しい姿勢を意識して過ごしてみましょう。

デスクワーク勢におすすめ!ストレッチで悪い姿勢をリセット

長時間のデスクワークでついつい背中が丸まって、知らず知らず頭、肩、腰がコチコチになってしまうという女性は多いはずです。血行が悪くなり筋肉も衰え、胸まで下垂してしまわないためにも、仕事の合間のストレッチしましょう。

「あ、今猫背になってるかも」と気付いたときに、椅子に座ったままで出来るストレッチを紹介します。

  1. 骨盤を意識して立たせ、背筋を伸ばす。
  2. 両手を背中の後ろに回して、指先は上に向けたまま、手の平を合わせる。

これだけで、肩甲骨が開いて、縮こまった肩や胸の筋肉がほぐれ、血液の流れがよくなり、バストアップにつながります。

他にも「首を右にゆっくり倒して5~10秒キープしたら、次は左に倒して同様に」というストレッチも、簡単で、首のコリをほぐしてくれるのに効果的です。

仕事中、仕事終わりに1回ずつ行うのに加え、疲れたな、リフレッシュしたいなと感じた時にやるようにするとストレスの軽減にもなります。

まとめ

正しい姿勢で立つだけで、胸は悪い姿勢の時よりも張りが出て、上向きに見えるようになります。それだけでも猫背の時より胸が大きく見えるはずです。

美しい姿勢で立っているだけで、体は猫背の状態よりもカロリーを多く消費しています。バストアップのために続けていくうちに、美姿勢でいることが当たり前になり、気づいたら基礎代謝がアップしていて、ダイエットにもつながったという嬉しい効果も報告されているようです。

Eカップ、Fカップとまではいかなくても、今よりほんの少しでもバストアップ出来たら、スタイルに自信がつくのにな、と悩んでいる人がいたとしたら、正しい姿勢を意識してみましょう。

張りがあって柔らかく、マシュマロのような理想のバストに近づくために、毎日の正しい姿勢をキープする、と意識して過ごすことが重要なのです。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

国民生活センター「 美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品-若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう-」(外部サイト)