バストアップで失敗する人とは?バストアップ停滞期を乗り越える方法

女性らしい豊かなバストを目指して日々努力している人は多いはずです。しかし、いくらバストアップのためのマッサージをしたり、サプリメントを飲んでも効果が見られないという「停滞期」は誰にでも訪れます。

「バストアップなんて無理かもしれない」と諦める前に、停滞期の原因と乗り越えるための方法を探してみましょう。

停滞期の原因は生活習慣の乱れ?

バストアップが停滞期に入ったら、まず生活習慣を振り返ってみましょう。いくら頑張ってマッサージをしたり効果のある成分を体の中に取り入れても、バストアップを妨げる生活をしていては意味がありません。

睡眠習慣を例に挙げると、毎日のように日付を超えるまで起きていたりしませんか。バストアップに必要な女性ホルモンは、22時~2時の間に最も分泌されると言われています。この時間帯にしっかりと睡眠を取ることで女性ホルモンの恩恵を効率よく受けることができます。

“冷え”習慣はバストアップの大敵!

バストアップに冷えは禁物です。血行が悪い状態ではどんなにマッサージやエクササイズを頑張っても十分な効果は得られません。睡眠時間が短い、冷たい飲み物ばかり飲む、入浴をシャワーだけでさっと済ませるなどは“冷え”習慣の代表例。

いつの間にか“冷え”習慣が定着してしまっている方はこの機会に見直してみましょう。

冷えやすいのは冬場だけではありません。夏はついついクーラーの温度を低くしすぎたり、冷たいものばかりを好んで食べたりしがち。

血行を改善してバストアップ効果を高めるためにも、夏でもブランケットやカーディガンを利用して体の冷え過ぎを予防する、入浴時はなるべく湯船につかるなどの工夫をすることが大切です。

肩甲骨や首をこまめに動かしたり、軽いストレッチを意識的に実施することも冷え予防には効果的です。

バストアップの基本はサイズぴったりな育乳ブラ

あなたは自分に合ったブラのサイズをしっかり把握していますか?自分に合うブラこそバストアップの基本であり、適当なブラ選びはバストの形を崩すことにもなりかねません。

バストサイズより大きなブラや、肩紐の長さ調節が不十分なブラではバストが大きく揺れてしまい、胸を支える皮膚や靭帯が伸びてしまいます。

一度伸びてしまうとなかなか元には戻らず、たとえバストがサイズアップしても垂れやすくなり、美しいバストラインをキープすることができない可能性も。また、バストの肉が背中に流れてしまい、本来のサイズよりも小さく見えてしまいます。

反対に本来のサイズより小さなブラを日常的に着用してしまうと、肝心のバスト周囲への血流が滞ってしまいせっかくのバストアップ対策も効果が発揮されません。バストアップに大切なホルモンや血流を乳腺にしっかりと届けるためにも、自分にぴったり合うブラを選ぶことが重要です。

女性のバストサイズは変化しやすいので、少々面倒ですが、ブラを買いに行く際には毎回お店でサイズを測ってもらうようにしましょう。

新しい刺激も必要?いつものバストアップ習慣を見直そう

生活習慣を見直して、ブラジャーもしっかりサイズを合わせたのに停滞期から抜け出せない!そんな時は、身体が刺激に慣れてしまっている可能性も。

特にバストアップマッサージの場合、まったく同じ手法を長期的に続けると次第に効果が見られなくなっていくことがあります。そんなときは別のマッサージ方法を試してみたり、思い切って少しの間マッサージを止めてみるのも停滞期を抜け出すためには有効です。

マッサージやエクササイズに慣れてきてしまい、丁寧さが薄れてしまうこともよくあります。なんとなくで続けるだけでは効果が得られにくく、停滞したように感じてしまう場合も。マッサージの方法を再確認したり、新しいエクササイズを取りいれることで停滞期を抜け出しやすくなりますよ。

なかなか効果が見られないイライラもホルモンバランスを乱す原因になります。「本当に効果があるのかな?」と不安な気持ちで続けるよりも、まずはいつもの習慣を見直して気持ちをリセットしてみましょう。

月経周期を意識してみよう

どんなにバストアップ対策をしても、女性にはバストアップに向かない時期が必ずあります。それは排卵後から生理中です。この時期はホルモンバランスがとても乱れやすく、ホルモンの分泌量自体も減少してしまいます。

反対に生理の終わりから排卵直前の頃の間は女性ホルモンの分泌が活発になり、バストアップ効果が得られやすい時期といえます。

ストレスなく効率的にバストアップしたい方は、自分の月経周期を意識してみましょう。生理中はバストアップマッサージやエクササイズなどを減らし、バランスのよい食事や十分な睡眠など身体の調子を整える生活を送ることを意識するようにします。

生理が終わり心も体もスッキリしたらマッサージやエクササイズに力を入れるようにすると、メリハリのあるバストアップ対策を実施することができるのでオススメです。

月経周期と同様、停滞期も身体を大切にする時期だと捉えることでストレスを軽減することができます。まずは気持ちを前向きにして停滞期を乗り越えましょう。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

厚労省「第1表 全世帯及び各種世帯別にみた世帯の状況」(外部サイト)