胸が大きくならない原因は?胸が成長する理由とバスト構造を徹底解説

本気でバストアップを目指すなら、バストの構造や胸が大きくなる仕組みを知っておくことをオススメします。

バストアップの仕組みを理解できれば、マッサージや食生活などの効果的な対処法や、サイズダウンにつながる見直すべき生活習慣を把握することができますよ。

胸が大きくなるポイントは乳腺の発達にあり

女性の胸はほとんどが乳腺と脂肪組織で構造されています。この胸のふくらみを支える土台として、大胸筋などの筋肉やクーパー靭帯と呼ばれる繊維が位置しています。

人によって個人差はありますが、一般的にバストの構造は乳腺10%・脂肪90%の割合を維持するといわれています。脂肪が増えればそれだけ胸が大きくなるといえますが、胸にどれだけ脂肪があつまるかは体質などにより異なります。胸ではなくお腹周りにばかり脂肪がつくのは避けたいですよね。

そこでポイントになるのが乳腺の発達です。乳腺が発達すると、乳腺10%・脂肪90%の割合をキープするように胸の脂肪も増えるといわれています。乳腺は母乳を生成するための組織であり、乳腺を守るために脂肪が増えるという神秘的な説もあるほど。

乳腺の発達によってバスト周囲の脂肪を増やすことで、ダイレクトに胸のサイズアップを期待することができますよ。

乳腺の発達に欠かせない女性ホルモンとは

乳腺の発達に重要な役割を果たすのが女性ホルモンです。乳腺は女性ホルモンの変化に敏感で、生理前後で胸のサイズが1カップ以上変わる人もいるほど。

もっともわかりやすいのは妊娠・出産時で、赤ちゃんに母乳を与えるために急激に乳腺が発達します。妊娠中のバストアップによって痛みを感じる人も多く、場合によっては皮膚割れを起こすことも。

それほど、女性ホルモンは乳腺の発達に大きく影響する重要な働きがあるといえます。生活習慣や食事内容、ストレスなどの要因は女性ホルモンの分泌量に強く影響しているといわれています。本気でバストアップを目指すためにも、日ごろの生活を見つめ直してみましょう。

女性ホルモンに似た成分を積極的に摂りいれよう

胸を大きくするためには、普段の生活を見直して女性ホルモンの分泌量をコントロールする必要があります。ストレスを溜めこまないよう意識したり、睡眠時間を十分確保するよう意識してみましょう。

しかし忙しい毎日ではなかなか難しい時もありますよね。そんな時は体内の女性ホルモン量を増やすだけでなく、女性ホルモンと似た働きを持つ成分を積極的に摂取するのが有効です。

プエラリア・大豆イソフラボンの上手な摂取方法

女性ホルモンの中でもエストロゲンと呼ばれる成分が乳腺の発達に作用するといわれており、植物の中にはこのエストロゲンに似た働きをする成分を含むものがあります。

代表的な成分がプエラリアで、大豆イソフラボンなども有名です。プエラリアはサプリメントでの摂取が基本で、プエラリアを多く配合したバストアップサプリも数多く売られています。

大豆イソフラボンは食事からの摂取が簡単にできるので、バストアップ効果を高めたい方は大豆製品(豆乳、納豆、みそなど)を意識的に摂取してみましょう。

女性ホルモンを増やしても、胸に栄養がいかなければ効果が感じられない場合があります。適切なバストアップマッサージは胸の血行を良くし、乳腺に必要な栄養を届きやすくするため、食事と並行して取り組んでみることをオススメします。

また、適度な運動をすることで成長ホルモンの分泌を促し、相乗効果を目指す女性も多いです。バスト周囲の筋肉をきたえるエクササイズでは、上向きの美しいバストラインを手に入れる効果も期待できますよ。

胸を小さくする生活習慣とは

バストアップを考える時は、同時にサイズダウンさせてしまうような生活習慣がないか見直すことも重要です。

バストは筋肉とクーパー靭帯で支えられているため、筋肉が衰えるとバストラインが崩れて実際より小さく見えてしまうことがあります。クーパー靭帯が切れれば胸が垂れ下がり、魅力が半減してしまう可能性も。

適度に運動を行い、胸の筋肉を増やすことはバストアップのために重要です。つまり、運動不足がバストのサイズダウンに影響するともいえます。

ブラジャーの使い分けでバストアップ効果を高めよう

運動する場合は胸をしっかりと保護することも大切です。クーパー靭帯は一度傷つくと再生されないため、過剰な負荷がかからないよう意識するようにしましょう。スポーツ時はスポーツブラ、寝る時はナイトブラをつけるなど、場面によって使い分けることが重要です。

補正下着をつけっぱなしにするのも良くありません。スタイルを良く見せるためにはプラスになりますが、体を締め付けるため血流が悪くなってしまうことがあるからです。補正下着に依存することで胸の筋肉が衰え、胸の形が悪くなることもあります。

バストアップを目指すなら、栄養バランスの良い食生活を送ることや適度な運動をすることが基本です。そのうえでバストアップマッサージやサプリメントを上手に併用することで、より効果を高めることができますよ。

女性ホルモンはバストだけでなく、美容全般において女性の強い味方になる成分です。バストのサイズダウンにつながる生活習慣を見直し、女性ホルモンを活性化させて美しいバストを手に入れましょう。

厚労省「第1表 全世帯及び各種世帯別にみた世帯の状況」(外部サイト)

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)