妊娠で胸が大きくなるってホント?妊娠初期に胸の張りがなくなる原因も解説!

妊娠中はからだの様々な部分に今までとは違った変化が生じます。バストアップもそのひとつ。妊娠中は乳腺が発達しやすく、胸の張りを感じやすい時期だといえます。

一方で、すべての人が必ずバストアップするわけではなく、胸の張りを感じるタイミングも人それぞれ。まれに胸が大きくならずに悩む人もいるため、妊娠中のバストケアの方法を知っておくことがオススメです。

流産かも?!と不安になりやすい「妊娠初期の胸の張りがなくなる」原因についても合わせて解説していきます。

胸が張るのは妊娠初期症状のひとつ

妊娠すると、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンの分泌量が急激に増加します。このホルモンにはバスト周囲の血流を増やして乳腺の発達を助ける作用があります。

乳腺は母乳を生成するための組織です。女性のからだは妊娠すると、出産後の授乳に向けてどんどん乳腺を発達させようと変化しています。乳腺が発達することで胸に脂肪が集まりやすくなるため、強い張りを感じたり急激なバストアップを感じる人が多くなります。

このため、胸の張りや乳首がチクチクするような違和感は、妊娠初期症状である可能性があります。

妊娠してもバストが大きくならず悩むケースも

妊娠すると必ずバストが大きくなると思われがちですが、中にはなかなか大きくならない人もいます。バストアップは母乳を出すための準備として起こる現象です。

バストサイズが大きくなり始めるのは、妊娠から2ヵ月程度経ってからが一般的です。妊娠初期は赤ちゃんの成長に栄養を取られるため、胸が成長をはじめるのは少し時間がたってからになります。

妊娠週数が進んでもなかなかバストサイズが大きくならない場合、乳腺の発達が遅れている可能性もあります。母乳を出すためには乳腺の発達が大切になるため、バストの成長が遅れている場合は食事内容や生活習慣の見直しなどが必要な可能性も。

食事のバランスを見直し、赤ちゃんにとってもママのバストにとっても十分な栄養が摂れているかを確認してみましょう。

胸の張りがなくなるのは流産の兆候なのか?

妊娠が発覚後に胸の張りを感じていた場合、急に張りを感じなくなると「流産かも?」と不安になりやすいですよね。しかし、胸の張りがなくなることはよくあるため、過度に心配しすぎる必要はありません。

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化しやすく、ホルモン量によって胸の張りがなくなる時期があることもあります。約10か月という長い妊娠期間をかけて徐々に乳腺が発達していくため、ずっと胸が張り続ける人の方がまれだともいえます。

出血や強い腹痛など、他に流産の疑いがある症状がなければ少し様子をみてみましょう。どうしても不安な場合は主治医に相談してみることをオススメします。

妊娠中は栄養バランスと十分な休養が重要

妊娠中は赤ちゃんの成長のために多くのエネルギーが使われます。妊娠初期に葉酸などの栄養が不足すると、赤ちゃんが障害を持って生まれる確率が高くなることがわかっているため、意識的に摂取するようにしましょう。

母体であるママがバランスの良い栄養をしっかりと摂取することで、赤ちゃんの成長にも乳腺の発達にもいい影響を与えることができます。乳腺がしっかりと発達すれば、いい母乳をお腹いっぱい飲ませてあげることができますよ。

睡眠不足やストレスも乳腺の発達に影響を与えるため、無理をせずに十分な休養を取ることもママの大切な役目になります。

マッサージと栄養補助で母乳育児の準備を

妊娠中期以降は、バストを適切にマッサージすることで乳腺の発達を助けることができます。産院からの許可が出たら、積極的に取り組んでみましょう。

注意したいのは、妊娠初期のバストアップマッサージは逆効果であり、赤ちゃんとっても悪影響を与えやすいということです。バストへの刺激は子宮を収縮させる作用があるため、安定期前のマッサージは流産につながるリスクがあります。

バストアップマッサージをして良いかは必ず医師や助産師の許可を得るようにしましょう。

妊娠中のバストの変化には個人差があります。体調や妊娠週数が落ち着いてから、急激にバストサイズが大きくなる人もいます。妊娠したのにサイズアップしなくとも、焦りは禁物ですよ。

バストサイズに合わせて下着も調整

胸のサイズが大きくなったら下着を調整することも大切です。妊娠中の胸は、サイズだけでなく形が大きくかわることがあります。下着をかえずにいると胸が圧迫され、胸の成長が阻害される可能性があります。

可能であればマタニティブラを利用するのがおすすめです。締めつけ感がなく、バストへの血流を邪魔する心配がありません。デザインがオシャレなものも多く、産後もオシャレ感覚で身につけられるものも増えています。

妊娠中だけでなく出産後の授乳でも便利に使えるタイプのものが多いため、妊娠が発覚したらマタニティブラも忘れずにチェックしてみてください。

産後は胸が大きくなった反動で、垂れやすくなる点にも注意が必要です。出産後、体調が落ち着いたら胸の筋肉を鍛えてバストを引き締めるエクササイズを取りいれてみましょう。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」(外部サイト)