加齢が原因で起こる脂漏性角化症とは

「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」は年寄りイボとも呼ばれ、加齢とともに発生しやすくなります。皮膚の老化現象のひとつですが、若い人にもできることがあります。
紫外線の影響が蓄積してできる良性の腫瘍で、進行すると大きく盛り上がってきてしまうため非常に目立ってしまいます。

原因は老人性色素斑と一緒

脂漏性角化症は「老人性色素斑」と同じく、「紫外線」の影響でおこるものです。紫外線の影響で皮膚に色素が沈着することで発生し、ホクロのように盛り上がってきてしまうこともあります。ホクロとの違いは、表面が硬く、こすっていると表面がぽろぽろと落ちてくる場合があることです。

脂漏性角化症は顔、頭や全身どこにでもできます。特に、日光が当たる事の多い顔、前胸部、手背や摩擦が起こりやすい首に多く見られます。
初期の見た目は老人性色素斑と同じく、ただのシミと同じで、区別がつかないことがほとんどです。早ければ20歳ころから発生することも同じで、最初は1、2ミリ程度ですが少しずつ大きくなっていきます。また、放置した場合、自然に消える事はありません。
色は、普通の皮膚の色~淡褐色~黒色まで色々です。形も平らなものから、盛り上がるものまでいろいろですが、触れると硬くザラザラしているのが特徴です。人によってはかゆみを伴うこともあります。

「メラニン色素」が皮膚に沈着することによって、皮膚の組織が変化したもののため、まず紫外線を予防することと、色素が沈着しないように肌のターンオーバーをしっかりと機能させることが予防になります。

大きくなった場合は切除するケースもある

脂漏性角化症は皮膚の表面で起こっている変化のため、病院では切除による手術や、炭酸ガスを使ったレーザー治療、液体窒素を使った「除去手術」が行われています。手術方法によっては「保険適用」されることもあり、皮膚科で治す人も比較的多いのが特徴です。
ただ、1回の施術では完全にとれないことがあり、何度か繰り返しの治療が必要になることも多いです。

脂漏性角化症もサイズが大きくなってしまったり、範囲が広くなってしまうと皮膚移植を含めた大掛かりな手術になってしまうこともあります。そのため、できてしまったら早めに対処する必要があります。また、美容目的であれば保険適用外となり、金銭的な負担も大きくなります。
いずれも治療後の傷あとはほとんど目立たなくなるのが一般的ですが、色素沈着を生じることもあるので、手術で治せるものだからと放置せずに、予防のための「紫外線防止」や、美白サプリを使った肌のターンオーバーの促進でケアをすることも重要です。

初期段階から予防していくことが最も効果的

脂漏性角化症の初期症状は「シミ」であり、シミから防止していくことがもっとも効果的です。シミは紫外線の影響だけでなく、肌の生まれ変わりが順調に起きないことも原因になります。日常的に紫外線防止の化粧品を利用することや、規則正しい生活、バランスのとれた食事で肌の生まれ変わりを応援することが重要です。

特に夜22時から午前2時までがもっとも肌が生まれ変わりやすい時間帯といわれているため、就寝時間を意識的に早めるのも効果的です。
また、ほとんどのお肌トラブルの原因には肌の乾燥があげられます。つまり、お肌の乾燥を避け、保湿をしっかりとすること、これが脂漏性角化症の予防にも確実につながります。
肌周期が正常化されれば、シミ・シワといった加齢に伴うトラブルも随分改善されます。
「タバコ」や「ストレス」も悪影響を与えるため、なるべく避けるのもポイントです。寝る前に美白サプリを飲んで、効果的に皮膚を生まれ変わらせるのも一つの方法といえます。

まとめ

脂漏性角化症は紫外線のダメージが皮膚に蓄積してできる「イボ」です。初期症状はシミとしてできて、徐々に大きくなってきます。手術でも除去できますが、紫外線を遮断して初期症状から防ぐことが重要で、睡眠不足やストレスを避けて、美白サプリを活用するなどして肌の生まれ変わりを促進させることが大切なのです。